エナガ・・・奮闘の巣作りはふりだしに 2

c0233349_7554619.jpg


c0233349_8115911.jpg


c0233349_8121232.jpg


c0233349_812244.jpg


c0233349_8123594.jpg


c0233349_8151942.jpg



ブログを数日お休み。
お友達は「飽きてしまいましたか」と・・・きっといつもの私を見ているとそんな感じに見えるんだなあと。
図星。ちょっと疲れたなあ、ゆっくりしようと・・・おさぼり。
今朝はその疲れも吹っ飛んだので・・・。

週刊誌の広告のみだしより・・・。
「アベノミクスはハイパーインフレを引き起こす!」
来年以降は『危険水域』 量的緩和政策は出口なし・・・

核のゴミ最終処分場に栃木県塩谷町が候補に・・・まだ続いているのか。
おいしい湧水が出るという水場もある。
通ると最終処分場反対の立て看板が各家に。
冷たい美しい水が流れ、おいしいお米のとれそうな水田が続く。
『いんね』と土地の言葉で書かれたもの、みな思い思いの言葉で反対を表明している。

原子力発電を国が認める限り、国が責任を持って最終処分できるよう考えるべきだ。
そこまでしっかり責任を持てないなら、やめた方がいい。
福島原発は、地元より関東地方特に首都圏に電力を供給していた。
享受するものがリスクを負うのは当たり前のことだ。
土地のあるなしにかかわらず、原子力発電は危険なものだという認識があるから、人口の少ない地域を選んで作っているのではないか。
もし、危険じゃないと自信を持っていえるなら、都会に隣接して造ればいい。
送電のコストも少なくて済む。
やはり危ないのだ。
少し高くても危険を避ける電力づくりにかえて行かなければ・・・。
塩谷の方々にエールを。
by akaiga-bera | 2016-05-10 09:18 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/25592976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< エナガ・・・奮闘の巣作りは振り... 新緑のオオルリ・・・ >>