雪・梅・メジロ・・・

c0233349_974882.jpg


雪を被った白梅、それだけでも十分ですけれど、メジロさんが。

桜のように花は下向きではないので、ぶら下がるような場面はほとんどありませんでしたが、とてもきれいでした。

3月半ばも近づくと、もう雪景色には違和感があるかもですね。

c0233349_98498.jpg


c0233349_981880.jpg


c0233349_983458.jpg


c0233349_984710.jpg


北朝鮮が韓国やアメリカ本土への核攻撃も辞さないと。
お隣の国として、米軍基地をたくさん抱える日本としては・・・あまり嬉しくない心配事項だ。

しかし、こういうときだから、こんなに危ないのがとなりにいるからと軍備の増強を図れば、振り上げたこぶしを降ろす場もなく、急進的に事が運んでしまうかもしれないことに思いをはせるべきだ。
アメリカと韓国の合同演習に原子力潜水艦が今回加わったことに反応した者と思える。
アメリカとしては北朝鮮が核実験とミサイルを打ちあげたことに対する危険排除の抑止力というだろう。
ではなぜ北朝鮮は核実験をと言えば、アメリカに交渉の場を与えて欲しいからだ。

と遡っていくと、今全世界で起こっている多くの紛争の根っこになっているのは大国の思惑であることに気付く。
私たちは世界の人たちに称賛される現憲法の精神を忘れることなく、武力ではなく私たちの平和を希求する心をもって隣人とも粘り強く交渉によって解決をはかるべきなのだと思う。

   興味深い資料がありました。
c0233349_12583710.jpg


埼玉県の年予算は2兆円程。
北朝鮮のGDPを見ると日本の県の中では一番下の方。
国家予算ははっきりと分からないしGDPも発表していないので正確なことは分からないけれど・・・・。
とても貧しい国。その中で軍事費がその3分の1ほどになるというのだから、国民の暮らしがどんなか想像できる。

私は中学校のとき、仲良しの友人大川英順が夢見て帰って行ったことをいつも胸の底に思っている。
いつしか交流も途絶えてしまったのだけれど・・・。
北朝鮮においては国民は為政者に犠牲を強いられる気の毒な存在。
為政者と国民とは切り離して考えていかなければと思う。
162の国が北朝鮮とは国交を結んでいる、結んでいないのは日本・アメリカ・フランス・韓国の4国だけだ。
世界の本流ではない。
華々しく感じるけれど、北朝鮮は貧しい国なのだ。上記の表を見れば一目瞭然。
精いっぱいの強がりをしている北朝鮮の胸襟を開かせるためには、アメリカと組んで脅威を与えることではない気がする。

まずは国交を結ぶべく、アメリカとは別のアプローチがあると思う。
by akaiga-bera | 2016-03-07 13:25 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/25380320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 雪の日のモズ嬢・・・ ルリビタキ・・・よく動き回ります >>