春ですね・・・メジロ

c0233349_1814082.jpg


河津桜も場所によって咲く時期は微妙にずれるんですね。それでももう別の種類も咲かんとする時期、ほぼ終わり葉桜に。

蜜吸いのメジロさんにとってこの時期は一年で最も幸せな季かも知れません。

上下はモズさんの場所で、あまりに春らしい雰囲気でしたので、はんなりと明るく撮ってみました。

ちょっと明るすぎたかもですが・・・。

c0233349_111950.jpg


c0233349_1113157.jpg


c0233349_1114641.jpg


c0233349_112199.jpg


c0233349_1121790.jpg


c0233349_1131061.jpg


c0233349_18141561.jpg


地元の桜公園にはたくさんの種類の桜が植えられていて、咲く時期も異なるので、長く楽しめるとてもすてきな場所です。
ここは河岸段丘になっていて・・・たぶん手直しはしたと思うのですが・・・荒川と富士山を見るには絶好の場所。
でも今の時季は早朝か夕刻のみ、日中は霞がかかってしまうのが残念。

この間、咲いていた桜2種を。  オカメザクラ
c0233349_7574066.jpg

サトウニシキ・・・桜桃
c0233349_7575546.jpg



大会社の春闘が終わり、ベアについては多くの会社が昨年から見るとかなり低額に。
ということは大企業でさえ今後の見通しが甘くないことを示唆しているということだ。
法人税も安くなり、内部留保も空前という現在も楽観できないと経営者たちは見ているのだろう。

安倍さんの経済政策、大企業に減税し、給与を上げてもらって、下にそれを波及させようというトリクルダウンもうまくいっていない。
年金資金を株式市場に参入させて株高効果を狙っても・・・
日銀が-金利を導入しても・・・目論見は外れている。
それでもアベノミクスの果実があるという・・・ホントそうなの?
経済は上向かない。国民の多くは豊かになったという実感を得ていない。
それでも安倍さんはアベノミクスの総括をしっかりしないのだね。

選挙に勝つためには目玉となる国民が喜びそうなアメを用意しなければならない。
アベノミクスの失敗を自ら認めることはできず、ノーベル賞をもらったという経済学者を招へいして、「消費税を上げるのはまづい」と言ってもらうことで、世界経済の減速の故にするのだ。
自分の責任ではないと・・・。
でも、消費税を上げられないということは、アベノミクスがうまくいっていないことを露呈している。

本当は憲法を改定したいためなのに消費税が焦点のように行われるであろう次回の選挙、そしてそれは衆参ダブル選挙だ。
すり替えは国会答弁でおなじみだが、国の行く末を決める憲法改正、広く国民に中身を説明し時間をかけていく姿勢が必要だ。
次回の選挙で改憲を主張する自民・おおさか維新、そして平和の党と自認しているにも関わらず自民についていく公明党に勝たせたら、あっという間に国民投票に。
70年守ってきたのだから、検討するには5年くらいは必要だろう。

沖縄戦で亡くなった民間人の損害賠償を求めていた訴訟で、那覇地裁は国の責任を認めなかった。
鈴木裁判長は「明治憲法下では公権力の行使について、国に賠償責任を認める法律はなかった」と下した。
つまり戦前は「死に損」だったということ。
現憲法下では考えられないような人権無視が行われていた。
自民党の改憲案は国の力をさらに強大にしてゆく方向のものだ・あともどりするのだ。
今少しずつ読み進めているけれど唖然とする内容が盛り沢山。
マスコミもしっかり報道してほしい。
by akaiga-bera | 2016-03-17 08:47 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/25343350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ニュウナイスズメ・・・早咲きの桜に オオジュリン・・・換羽中 >>