アオゲラ・・・逆光でした!

c0233349_161756.jpg


慌ててカメラを移動して・・・高い位置、うまく撮れませんでしたが。

アオゲラさんとの出遇いはそう頻繁にはありませんので、必死。

光があればもう少しこの日本的な色合わせが楽しめる画像になったのに・・・フットワーク重くなったのかな・・・・。

c0233349_16172327.jpg


c0233349_16173853.jpg


c0233349_1618039.jpg


c0233349_16181668.jpg


c0233349_16221668.jpg



受験生をもつ家庭ではこの時期ピリピリと神経をとがらせている。
うがい・手洗い・マスクとはやり病にかからぬように、
消化のよい食事を心がけ、
成績の変移も気になってしまう、
その他もろもろ・・・。
神経の休まらない日々が続く。

相模原の母子が命を絶ったとニュースで。
どんなにか心が追いつめられていたのかと思う。
孫娘も同じ試験を受けている。
他人ごとではないと思うけれど・・・やはり残念でならない。

長い間、若者達と関わる仕事をしてきて思うことは、失敗が必ずしもその子のその後に影を落としていないということだ。
失敗は失敗にあらず、悔恨の念、自責の念は必ずあると思うけれど・・・その後の心の持ちようがとても重要に思っている。
それより失敗を経験せず大きくなってしまった方が心配だ。
それを裏付ける事例をいくつも経験している・・・・。

人は小さな失敗を重ねて心の強さを獲得していく。
人間、一生失敗のない人はいないのだから、その訓練こそ大切。
ですから失敗と思える事態に子どもがぶつかったとき、それを揉みほぐしてそれを逆にチャンスとして次の事につなげることができるよう、親や周りの友人・大人たちの存在は大きい。

誰しも胸に手を当てれば、思い通りの人生だったなんてことはないのだ。
それでもやり直したくない。
生きてくって大変なんだ。
母子で同じ境地にはまってしまった不幸を思う。
まだ結果も出ていないのだもの・・・・。


沖縄の今井氏、京都の奥野氏など参院選の人選は佳境を迎えている。
けれど、辺野古移設の賛否も表明せず、新安保法へのスタンスも明らかにしない。
国の政治はもちろんそれだけじゃないけれど・・・やはり国のいく末をどう考えるかしっかり表明して選挙を戦うべきだ。
憲法改正も手のつけやすいところからといってその中身については多くを語らずだ。
堂々と選挙の論点を国民に訴えて闘うべきだろう。

歴史を見れば、今の状況が戦前戦争へ向かっていた頃ととてもよく似ていると感じる。
多くの人の命の上に今の平和があったと思うと、その後の世界に生きる私たちはその悲惨な過去に学び、同じ過ちをしないために行動する責務があると思う。
失敗は成功の・・・というように。
by akaiga-bera | 2016-02-21 07:07 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/25318294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ミヤマホオジロ・・・枝に 公園のベニマシコ・・・柳に >>