ハギマシコ・・・

c0233349_16511251.jpg


雪は数日前。枝にはありませんでしたけれど、バックの常緑もどことなく冬色でまるで紅葉の中にいるようでした。

やはり雪の降る日に撮ってみたいと思いつつ・・・。

他所から回ったので午後遅い時間になってしまって・・・ほんの短い時間の撮影。

ご一緒の皆様、色々お世話になりました。あのあと15分ほど一人で撮影して帰路に・・・また今度お世話になります。

c0233349_16514076.jpg


c0233349_1652647.jpg


c0233349_16523641.jpg


c0233349_16525167.jpg


c0233349_16532691.jpg



昨日は本当に暑かった!日差しが出ると暑くてコートを脱ぐほど。
ひどい強風が吹きまくっていたようだ。
雨後の草はらはいきれる程・・・春は一気にやってくるのかな。
小鳥たちの北帰行もはじまるかもだなあ。

用事の帰りにリッツを求めにスーパーによると、ご近所の方に。
お聞きすれば14年ほど飼っていたミニチュアダックスフンドが膀胱がんで亡くなってしまったと。
本当にかわいがっていたのでそのがっかり様も尋常ではない。
少しお痩せになっていらしたし・・・辛いんだろうな。
月2回は病院に・・・別の病ですけれど・・・いろいろ様子についてはその都度お話ししていたのに、ひどい下血を繰り返した晩、緊急に別のお医者様に・・・そしたら膀胱がんと、どうしてこんなになるまでと?
かかりつけのお医者様はどうして全く気付いてくれなかったんだろうと憤慨してらした。
私も陽ちゃんを失くして痛いほど気持ちが分かるので・・・しばらく聞き役に。
長い間の連れ合いを亡くしたようだもの・・・・・。

戦争末期、国民は負けがこんでいる戦況を知らされていなかった。
もう戦える力もないほど疲弊していたにも関わらずだ。
新聞には勇ましい日本軍の様子がかかれ、ラジオも戦意をかきたてる方向だった。
もし、国民が真実を知っていたら、もっと早く戦争は終わっていたのではないか。
広島も長崎もなかったのではないかとも思える。

真実を伝えるということがおろそかにされ、時の政権を補完するような報道ばかりを繰り返すようになったら、また私たちは間違えた決断を下す可能性がある。
そういった意味で高市総務大臣の発言は聞き捨てにはできない。
北朝鮮の報道を見ていて異常だと思える今はまだ大丈夫だけれど、現政権の報道への関与はだんだ ん度を越してきていると思える。
反対意見・少数意見を論破してこそ真に国民に寄りそった政治ができるのだと思う。

NHKクローズアップ現代の国谷キャスターの降板
TBSニュース23の岸井アンカーの降板
そして報道ステーションの古館さんも辞められる
おあとは政府擁護の番組になるのかしら?

車の中で、音だけだったが、日本初のノーベル賞受賞者湯川秀樹博士が、核廃絶に病をおしてずっと取り組まれていた事を知った。
湯川博士が危惧したように核を持つ国は増えていき、持っている国はさらに大きなものをさまざまなバージョンのものをつくっていった。
何度もその状況に打ちひしがれながらも「物理学も最初は全てが少数意見。それを日々の努力でしっかりした理論に構築していくのだ」と核廃絶の運動も今は微力でもいつかはと力を注がれたのだ。
聞いていて、胸が熱くなった。

小さな力でもいつかは大きな流れになることもある。
by akaiga-bera | 2016-02-15 06:07 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/25261729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2年ぶりのコミミズク・・・ イカル・・・青空がお似合い >>