チュウヒ・・・大風の日に

c0233349_16525964.jpg


ロシア極東地域・サハリンなどで子育てをするというチュウヒさん。

日本でも、6月、秋田県大潟村では、たくさんのチュウヒさんが子育てをすると聞いたことがあります。

ハイイロチュウヒさんには遇えませんでしたが、風の日、流されて近くにやってきました。

羽の一つが折れてしまったのでしょうか、ちょっと痛々しい。

自然は味方であり敵でもありますね、生き物にとって。

c0233349_16531897.jpg


c0233349_16533769.jpg


c0233349_1654928.jpg


c0233349_16542650.jpg


c0233349_16551463.jpg


c0233349_16574896.jpg


軽減税率を何に適応させるかという話に中心が行ってしまって、こわい安保法が歩きだす直前というに・・・。
またもや選挙の争点をずらそうとするのだろうか。
とにかく公明党の票は大切なのだろう。
全面的に飲んだ上に・・・さらに上乗せ。
大きく変わっていきそうな日本。何だかむなしさを感じる。

メンフクロウは全長40センチほどのネズミを獲るのが上手な梟で全世界に分布しているとか。
狩が上手なので、メンフクロウ農業なるものもあるそうな。
ヒナたちは親が持ってきた餌を争うことなく、鳴き声で餌を食べる順位を決めるそうだ。
そして他の兄弟たちはおとなしくそれを見守っている・・・争いは体力を消耗させるからだという。
賢明な生き物・・・人間も学びたいほどだ。
争いは人を消耗させるし、国レベルで争えば双方の国とも疲弊してゆく。
by akaiga-bera | 2015-12-12 06:55 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/25039423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< カモ・・・紅葉の沼で ベニマシコ・・・今季初めての真... >>