ミズアオイ・カラスアゲハ・・・

大変な被害。元の穏やかな生活に戻るまでどんなに時間がかかることでしょう。
被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。
消防・警察・自衛隊の方々には昼夜を問わずの救助活動、お疲れと思います。ただただ感謝です。


c0233349_6484975.jpg


一昨日、近くの自然観察センターに、ボランティアに。いつもうかがうと新しい知識が増え、感謝しつつ帰ることが多いのですが、その日も。

ミズアオイの花が咲いていると。それも自生したそうです。夕刻で暗い日、見ただけで帰りましたが、昨朝、再訪しました。

穂状の青紫のお花が朝日に映えてきれい。でも前日のようにたくさん花が咲いていません。もしかしたらもう少しあとなら開くのかなと公園を一回りした後行ってみると、少し増えていました。

c0233349_6552688.jpg


最初のは、ミズアオイ、古くは「水葱」ナギ と言われていたそうで、万葉集にも登場するとか。
以前はあちこちでふつうに見られたようですが今は絶滅危惧Ⅱ類に指定されているそうです。
食用にも。
木道の反対にホテイアオイのような株があったのでのぞくと葉蔭に小さな紫の花が。家に帰って調べましたら、こちらは「コナギ」と。

c0233349_705643.jpg

チョウはよくわかりません。カラスアゲハかと思うのですが。ひらひらする度青が・・・美しいチョウでした。人的に植えられた彼岸花はもう終盤で、ちょっと行くのが遅かったようです。
c0233349_71111.jpg


c0233349_712347.jpg


c0233349_713947.jpg


c0233349_715439.jpg


c0233349_721355.jpg

我が家のホトトギスも咲き始めました。
c0233349_11511491.jpg



災害時、自衛隊の活躍の力なしでは・・・・いつもありがたく思います。
一生懸命やってくださっている自衛隊の若い方たちが、戦争に行かなければならないなんて、許せません。
名前の通り、専守防衛と災害の救助に徹していただく・・・今のままでいい・・・・。
軍備を拡張し、共に戦うお約束をした仲間を得て、それが戦争の抑止力になるという考えは納得いかない・・・外交努力で解決すべきだと思う。

この間の国会答弁は、「日本を取り巻く状況が変わった」「以前はそのようなニーズは米国からなかった、今はニーズがある」と。
日本の独自性はどこにあるのか。

最近、こんな話をした。彼女は私みたいにすぐ熱くなってしまう人ではないけれど、「中国・北朝鮮が怖いというけれど、中国も北朝鮮も日本に攻めてきたことはないわよね。日本は歴史的にも何度もあるけれど・・・日本人の方が危ない」と。
本当だ。まあ一度だけ、鎌倉時代の元寇(元と高麗の軍による)。
日本は、ヤマト政権の時代、秀吉の時代、明治から太平洋戦争に負ける前まで・・・彼女の言うとおりだと。
反省したのはこの70年だけだったのか・・・・・。

参議院特別委は、官邸の意向を蹴って、地方公聴会を行うと。
同じ自民党内にもあっても、発言力の違いは衆議院と参議院では大きく違う。
参議院の矜持を示したのかなあ。
採決がずれ込むだけでは・・・・・ちょっと片意地張ってみただけになってしまうけれど。

大雨のあとの地震、心配は深まります。
by akaiga-bera | 2015-09-12 08:17 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/24671813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オオスカシバ・・・ 近くの林で・・・いろいろ >>