コウノトリ・・・秋色の景色の中で

c0233349_22521769.jpg
田んぼに早苗が植えられたのは連休の前後、そして三ヵ月あまり、見事に黄金色に色づいた田んぼ・・・日本中の田が緑からゴールドに変わる美しい季節。

いち早く刈られた田は格好の餌場らしく、コウノトリさんが降り立ち、早10日も。

足輪で識別されているようですが、京丹後市で2013年に生まれたとのこと。

野田市の若いコウノトリさんはすでに東北の方まで行っているとか・・・大きい鳥さん、行動範囲も広いですね。

昨秋、紅葉の上田市まで遇いに行ったことを思い出しました。今度は頭を垂れた稲背景に撮れるなんて、幸せ。黄金色に白い体が映えてとても美しい・・・。

大きい体を支えるにはとにかくたくさん食べないとならないらしく、始終田んぼに嘴を突っ込んではお食事している印象です。

c0233349_22481599.jpg


c0233349_2248303.jpg


c0233349_22484318.jpg


c0233349_22525698.jpg


c0233349_22531095.jpg


ダイサギさんよりも二回りも大きい感じ。出遇うとサギさんの方が飛びます。
c0233349_2249217.jpg

コウノトリさんの後ろにアマサギさんも。
c0233349_22491639.jpg


昨夜のNHKスペシャルで 西ノ島が噴火を繰りかえし膨張していること・・・西ノ島の状況が大陸ができるまでを物語っているかもしれないということ・・・おもしろく拝見。
火山の噴火を避けて旧西ノ島では、アオツラカツオドリが繁殖しているとのこと、感動的でした。
島は全ての生き物にとってとても大切なのですね。

緑のカーテンのゴーヤは本当に優等生・・・毎日ではありませんが、たくさんのゴーヤがとれます。
ジュースにしたり、チャンプルーにしたり、佃煮に炊いたりしています。
この間少し夢中になっているのが佃煮や漬物作り。
とうとう昆布の佃煮も・・・ご飯がおいしーい。
秋になったらますます・・・食べすぎが心配です。

SEALDsの若者が連合主催の安保法案反対の集会で安倍さんのことを「バカか、お前」と言ったとかサンケイで。
他にも聞きがたい言葉があったこと、論理的な安保法案反対の言葉は聞かれなかったことなど・・・。
実際の全てのスピーチは聞いていないので、分かりませんけれど・・・やはり言葉はとても大切に思います。
言葉は下劣でないものを使ってほしいです。
安倍さんの軽いヤジや右翼の街宣カーと同じになってしまってはいけません。
今や多くの若者達を率いる集団となったのですから、謙虚に徹し、勉強し論理を構築してくれることを願います。

世界陸上、ただ走るだけ、ただ跳ぶだけ、ただ投げるだけなのになぜ惹きつけられるのでしょう?
絞られた体、真剣なまなざし・・・とてもとてもすばらしい・・・・。
by akaiga-bera | 2015-08-24 06:08 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/24591289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< コウノトリ 2・・・秋景色の中で オオルリ・・・水場にて >>