カイツブリ・・・ヒナ

言葉のいらない愛らしさ。

見に行った最初は親の背中に甘えて乗ってばかりいたので、泳げないのかと思いましたが・・・やはり水鳥、小さくても立派なものです。

夕刻になると親鳥2羽はヒナを少し離れた場所に連れ出し、夕ご飯タイムです。

ちゃんと上手についていきます。ご飯をお腹いっぱい食べるとまた巣に戻ってきました。

c0233349_094253.jpg


c0233349_0101185.jpg


c0233349_0104179.jpg


c0233349_0113426.jpg


c0233349_0153538.jpg


c0233349_016052.jpg


c0233349_0161436.jpg


日中は見えなかったカワセミさん、夕刻やはりご飯の時間なんですね。硬い蓮のシャワーヘッドに留まりました。
c0233349_016272.jpg



若い命二つが奪われ・・・胸が締め付けられるような事件。
れば・たらでも、親が外に出さなければ・・・お家にいたなら・・・悪い人がいなければ・・・・出遇わなければ・・・と考えてしまいます。
私も本当に苦しい・辛い思いをして初めて分かったこともあります。
せめて、私たちは、二人の命を教訓に次に再び同じ苦しみを味わう事のないよう心しなければいけないのですね。悪いことの全てが同時に起きることを防ぐためにできることがあるはず・・・。
そうでないと、二人が生まれた意味が・・・。


そういった意味でも私たちは先の大戦に学ばなければならないと感じます。
大戦で亡くなった全ての人の命を無駄にしないということ・・・それは再び同じ殺戮をしてはいけない、殺されてもいけないこと・・・平和の大切さを心に感じ守っていくことだと思います。


時々、全く根拠のないこともありますけれど・・・週刊誌というのは、新聞には書けない本音も伝えていることがあります。
週刊ポストの広告。
「各方面に配慮しまくって、結局、中身ゼロ」
「偽りと厚塗りの『安倍談話』が最後まで『おわび』しなかった本当の理由」
「会見3時間前の『官邸vs宮内庁』緊迫の攻防、全真相! 強行突破を図った総理と、天皇の深き憂色・・・」

私は若いころ、天皇陛下万歳といって亡くなった多くの人を思い、天皇の存在自体がとても許せないものと思っていた時期があります。
でも時間を経て、天皇を利用した多くの人がおり、機関があったことを知ったこと、現天皇の心をこめての戦没者供養の気持ちを目にするにつけ、変わってきました。
今、象徴というお立場、政治に口出すことはできない中で、精いっぱい。『再び戦争の道に国民が舵をきってはならない』とのメッセージを伝えようとしていると思えます。



8月30日(日)午後2時~  国会前で安保関連法案反対の集会があります。
解散総選挙がない限り、次の選挙は来年7月の参院選。
今はこうして声を上げるしか意思示すことができません。
反対・疑問をお持ちの方、お時間がありましたら、出かけましょう。
by akaiga-bera | 2015-08-22 14:25 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/24579245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オオルリ・・・水場にて キビタキ・・・ヒナも一緒 >>