上品な表情・・・セイタカシギ

足の色が淡いので幼鳥と思われます。セイタカシギさんの家族が増えて6羽の家族になってやってきているようです。

日中それぞれの場所で過ごしていましたが、夕刻近くになると、ねぐらに帰ってくるサギさん達を避けてか、板仕切りの一番端に移動。全員集まりました。

沼では弱いのかな? アオサギさんとダイサギ・チュウサギ・コサギさんと比べたらやはり小さいですものね。

羨ましいほど長い脚、そして、なんと優しい穏やかな表情。気品も感じます。

夕刻のやわらかな光に包まれて美しい姿でした。

c0233349_8124998.jpg


c0233349_81343.jpg


c0233349_8131810.jpg


c0233349_8133239.jpg


c0233349_8134763.jpg


c0233349_814060.jpg

一羽 入りませんでした、残念。
c0233349_8141328.jpg


比較的安全と思われていたタイでの連続爆破テロ・・・日本人旅行者も生活者も多い。
本当にどこにいても危ないと感じる。
娘婿も会社に入ったころは外国に行くなんて考えなかったと思う。
今は数週に一度はインドネシア・タイ・ロシアなどに行かなければならない。
今や日本はこういった活動なしでは立ちいかなくなっている。
本当に心配だ・・・。

自衛隊がPKO活動で派遣されたスーダン 首都ジュバ(2013年12月)。
自衛隊も自衛隊だけで行動できるということはない。
内戦が起きたそのとき、自衛隊の仕事を請け負う民間企業の社員10人ほども首都に足止め。
自衛隊の海外派遣は輸送や装備品の修理・宿営地の分野で民間の協力に支えられているそうな。
安保関連法案が通れば、いまは自衛隊員のリスクばかりが取りげられているけれど、自衛隊に協力する民間人のリスクはかなり高まることになる・・・・と記事に。

武器を持って戦わずに民族・宗教を越えて仲よくしていくことはできないのだろうか。

今日からまた国会で審議される安保関連法案。
自衛隊では5月にはすでに法案可決前提に作られていたという内部文書・・・軍が色々先取りして行動するのはこわいこと!
by akaiga-bera | 2015-08-19 08:58 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/24571923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< なんてかわいい!・・・カイツブリ ノビタキ…秋の装い >>