静寂の森・・・キツネノカミソリ

カタクリのお山に行ったとき、彼岸花のような葉が群生していました。何かしらと近くの方にお尋ねするると、「キツネノカミソリですよ」と。

8月に咲くとお聞きしていたのを思い出し、墓参のついでに寄ってみました。森は訪れる人もまばらで、春先混んでいた駐車場も閑散と。

冬から春しかきたことがなかったので、鬱蒼と緑に包まれた森はちょっとこわい感じもしました。登っていく途中もどなたにもお遇いしません。静かな森には蝉の声が聞こえるのみ。

登り始めはゼイゼイと、湿度の高い暑さがしばらく動いていない体にはきつい・・・カタクリのあった場所に着くころやっと慣れてきました。

オレンジの群落、キツネノカミソリ咲いてる・・・暗い森を照らすように大きな群落。こんなに咲いているのを見るのは初めてでした。

c0233349_21501082.jpg


c0233349_21502718.jpg


c0233349_21504156.jpg


c0233349_21505660.jpg


c0233349_21511076.jpg


c0233349_21512867.jpg


c0233349_21514399.jpg

ヤブミョウガ 真珠のような光沢のある球のような花?まだつぼみなのかな?斜面をキツネノカミソリと分け合うように群生しています。
c0233349_21515977.jpg

少し降りた水の近くにシュウカイドウが小さな群れを。崖がありこれ以上は近づけません。ベゴニアにそっくり。
c0233349_21523255.jpg



帰り路、お迎えに行く一団に数回。盆の入りでした。
我が家の盆は7月。でも世の中の大半が8月なのでやはりさびしくしているかもと。
やはりお寺さんは静かで・・・でも同じように考える人もいるのか、何組かの墓参の人たちに遇いました。
墓参りはやはり一番心が落ち着きます。
墓参は自分のためにしているんだなあと改めて・・・。

中国の爆発事故、日本にも経済的発展の方が大事で人命を重んじない時期がありました。
やはり危険を呼び込むのは根底に流れる利益追求主義。
経済的発展の減速が続いている中国。
株価暴落。
人民元の切り下げ連続3日。
犠牲なくして学びはないのか、変わらないのか。
内憂多々。中央では激しい権力闘争が行われているとか・・・不安定は不安の要素です。

曇り。今朝は涼しい風が。
by akaiga-bera | 2015-08-14 07:53 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/24549401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 水場2・・・コガラ・シジュウカ... ホオアカ・・・まだ囀っています >>