湿原の生き物・・・

夏の湿原には様々な生き物たちが暮らしています。

いつも遇う度虹色のチョウだわと思う透明感のある旅のチョウ アサギマダラ、季節になると探してしまいます。

ヒヨドリソウやヨツバヒヨドリが大好きなようです。

c0233349_22433311.jpg


c0233349_22435729.jpg


c0233349_22441867.jpg


c0233349_22443933.jpg


コオニユリにはアゲハチョウ。
c0233349_22481729.jpg


c0233349_22483713.jpg

ワレモコウにはトンボ。
c0233349_22493313.jpg

逆光で見るホタルブクロはすてきな形のランタンのよう。
c0233349_22495916.jpg



毎日たくさん心を動かさないといけないことがいっぱい。
昨日は、色々考えを巡らしながらお庭の草引きを。
しばらく放っておいたのでかなり時間がかかってしまった。
日ごろからしっかりやらないといけません。
それにしても暑い。

世界水泳で女子バタフライ・平泳ぎ すばらしいな。
そして男子の個人メドレーの瀬戸選手、本当に見事な二連覇でした。
さらに錦織選手の優勝 世界ランク4位に 若者たちの活躍は目を細めて見てしまいます。

川内原発は今日から再稼働。
安全性を審査する原子力規制委員会は「再稼働の判断には立ち入らない」
また政府は「規制委で安全性が確認されれば地元了解のうえ原発の運転を順次再開してゆく」と。
何となく逃げ腰なのだ。
まあ結局事業者である九州電力が責任を負うということになるらしい。
しかし国策として行っている原子力発電なのに…地方自治体は政府の関与の明確にしてほしいと動いているそうな。

一旦福島のようになったとき一体どこが責任を負うのか・・・。
東電一社ではどうにもならず政府も九兆円もの保障費用等を肩代わりしている。
責任をはっきりさせないということは・・・やはり危険を心配する要素があるのだろうか。
今一基も稼働していない状態で夏場の電力需要にも対応できている。
原発は安いと言うけれど本当にそうだろうか。
一たび事故が起これば、多くの人たちを危険にさらし、その地域に住めなくしてしまう・・・。
本当に必要なのだろうか。

今、日本はべトナムにはすでに原発の輸出が決まり、ヨルダンにも売ろうとしている。
危ないからと国内で一基も稼働してない状態ではさぞ売りにくいに違いない。
ベトナムでも原発反対の運動が起き始めているという。

壁に特殊なフィルムを張って太陽光発電ができる研究も進んでいるそうな。
危なくないそして地球にやさしい再生可能なエネルギーに変えていく必要があると思う。

安倍さんは支持率の低下にかなり危機感を感じているよう・・・。
広島ではなかった「非核三原則」を長崎ではもり込み、70年談話にも「おわび」を盛り込むとのこと。
安保関連法案を通したい安倍さんとしては他の問題で時間をとりたくないのだろう。
それにしても政府のお金の使い方はひどい。
打ち出の小づちがあるわけではないのになあ。
by akaiga-bera | 2015-08-11 07:32 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/24537489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 湿原のウグイス・・・ レンゲショウマ・・・御岳山 >>