セッカ・・・セッカ留まり

セッカさんの特徴セッカ留まり。私たちには絶対考えられない・・・ すごい力ですね!

セッカさんを写す時、写したいのは、尾の横縞、そしてセッカ留まり、飛翔でしょうか。

今年はセッカさんと少しお近づきになれたようでちょっと嬉しい。

もうヒナたちは巣立ちしたかもしれませんね。巣がどこにあるかはおおよそ見当がつきましたけれど、巣に直行しては降りないので、最後まで場所は分かりませんでした。

まあ、巣を知る必要もないので・・・ストレスは最小限にと思いいつつ撮っているのですが・・・やはり大きなストレス与えているのでしょうね・・・。

c0233349_9374297.jpg


c0233349_9375934.jpg


c0233349_938197.jpg

尾のボーダーが少しだけ見えました。
c0233349_9383593.jpg


c0233349_9385014.jpg


近くの水路にカルガモさんの二家族。ここは自然豊かな場所なんですね。
c0233349_9511570.jpg


c0233349_951455.jpg



本当に大雨でした。
今、こちらは雨も風もありません。
でもあちこちで雨後の地盤心配になりますね。

Moreに続きます。






一昨日、強行採決が行われたとき、国会周辺はコールの最中だった。
ネット配信の中継を見ていた人たちから「今、採決!」の声が。
一瞬、間があって、またコールは続けられた。
数の上ではもう仕方のないことで、この日の採決は与党が60日ルールを適応させることに躍起になっていることを物語るもの、分かっていても落胆の気持ちが胸を占める。
しかし、次の瞬間、みな怒りが湧いてきたようで・・・みんなの心が一つ太い流れになっていくのが見えた・・・。
コールの声も一層大きくなって行った。

お隣の女性は私より高齢だったが札幌から飛行機でいらしたということだった。
若いお嬢さんも、妊娠中と思われる女性も・・・。
そして強行採決後はあちこちから人々が・・・そして夕刻からの集会にはあふれるような人だった。

私は数日前に日銀のさらなる量的緩和のニュースうをぶつけることで、強行採決のニュースを大きく扱わせない判断なのかと思っていたが、新国立競技場の建設計画の見直しをするニュースだった。

つい8日まで現行案で行く(国際公約?しちゃったし、工期が間に合わないというのがその理由のようだが)と言い張っていたのに…世論調査では70パーセント以上の国民が批判的、安保に加え、これ以上は支持率に影響すると考えたのか、国民の声に耳を貸しているというポーズをとっているのか分からないけれど、見直すとのこと。

そもそも、ザハ案を安藤氏が選んだとき、建設費は1300億、途中1650億になり現段階では2520億・・・どうやったら2倍近くにもなってしまうのだろう。
安藤氏の責任のように言われているが、安藤氏は会見して自分が選んだ時は1650億でこのデザインだったと。
そのあと建築費が高騰したことについて自分は絡んでいないし、どうしてこんな額になるのか分からないとも。

なんで公共事業はいつも費用がかさんでいくのだろう。
ここ5回ほどの各都市のオリンピックメインスタジアムは多くは500億以下、1300億だって大きい数字だ。
このような大きな工事は勿論ゼネコンが請け負う、それも複数で。
多分その辺りに費用がかさむ要因があるのではないか・・・その資金の一部が政治家に還流されているなんてことはないのでしょうか。
物価の上昇分を含めてもあまりの数字、当初から見直すべきだった。

世論は選挙後私たちが示せるいくつかのアピールの一つだ。
これが安保法案の強行採決による支持率低下を防ぐためのものとしっかり私たちは心に留めておかなければならない。
見直しをするという政府の姿勢はその世論が引きだしたもの・・・安保法案も世論の力で廃案にできるかもしれないのだ。
希望をもって行動しなければ。
by akaiga-bera | 2015-07-17 07:34
<< カイツブリ・・・抱卵 セッカ・・・緑田を背景に >>