セッカ・・・巣作り

お嫁さんが見つかったようです。巣作りが始まりました。

白いのはクモの糸を集めたものとお聞きしました。枯れ草を集めてクモの糸は接着剤として使うんですね。

急ぎ完成させないと・・・でも頑丈に作って下さいね。

チョウも恋の季節、お天気は悪くても恋にお休みはありません。

c0233349_1752551.jpg


c0233349_17522454.jpg


c0233349_17525510.jpg


c0233349_17532679.jpg


c0233349_1753998.jpg


c0233349_17595011.jpg


c0233349_17571983.jpg


c0233349_1758485.jpg



しっかり国会中継聞きなさいよと言わんばかりのお天気なので・・・保存食づくりをしながら。
安倍さんの論調が変わってきました。
多くの憲法学者たちが違憲と言ったからなのでしょうか。
「状況が変化してきたのだから今までの考えにとらわれない、国民を守るために政治家の責任として」と。
違憲・合憲の判断を越えて、国民を守るのが政治家の役割だと。
戦前にも政治家はいました。でも正しく導かなかったからおびただしい数の人々が死ななければならなかったのです。

憲法は時の政権の誤った考えの歯止めになります。
もしそれを越えて行動しなくてはならないなら、時間はかかっても国民投票を実施すべきだでしょう。

有事のときに間に合わないから準備しておくのだと・・・。
自国を守ることは今の状態でも可能です。
遠くの国までアメリカの要請に応じて・・・たぶん断れない・・・日本の若者を戦争に加担させる事は絶対にあってはなりません。
アメリカがいつも正しいとは限らない、むしろ正しくないことが多いのは今までの70年の歴史を省みれば判断できます。

弱腰と言われようと、丸裸と言われようが、いいではないですか。
日本国民は頭を鍛え、心を鍛え、隣人とは仲よくして、工夫して、戦争とは対極のやり方で平和を希求する・・・すばらしい憲法なのです。
アメリカの肝入りで作られたものではあるけれど、良いものは良い・・・。

子育ての最中の人々は思っても政治的立場をはっきりさせ行動することはなかなか難しいでしょう。
わたちたちの世代はもう一線から引いてしがらみもなく自由にものを考え行動する事が可能。
子供や孫の将来のために自分にできることは何か、考えてみたいと思います。


錦織選手VS地元ドイツのブラウン選手。
最初はすばらしいサーブに押されがちでしたが、やはり強い。
2-0で勝利・・・この後行われるウインブルドンも楽しみですね。
by akaiga-bera | 2015-06-19 08:20 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/24277987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< コルリ・・・若者 オシドリ・・・子だくさん >>