アカショウビン・・・御休憩所

池の対角線の方向に。なかなか見つけることができず、お隣の方にカメラを向けていただきました、感謝。

遠いのにもかかわらずなんとかみられる画像になったのは、アカショウビンさんのいる場所だけスポットライトで照らされたようだったからです。

見えにくい場所でしたが、くつろいだ姿を見ることができました。

c0233349_18435290.jpg


c0233349_18481866.jpg


c0233349_18483632.jpg


c0233349_18484965.jpg


c0233349_18491430.jpg


c0233349_18492880.jpg

これも少しトリミングしていますが、木々の間からでした。モリアオガエルの卵塊があちこちについていました。
c0233349_1850072.jpg

鏡面のような池。水に映り込んだ木々。実際のものと見紛うほど。
c0233349_18494022.jpg



なでしこ 8強に、次はオーストラリア戦、競合ですね。

通常国会の会期は昨日で終了の予定でした。
しかし、95日の会期延長が決まった・・・。
会期中に可決しないものは本来ならお流れになる、安保法案成立のためにはなりふり構わずという感じ。戦後一度もこの長さの延長はないという事です。
安倍さん曰く・・・十分審議の時間をとって国民の理解を得たいと。
それでは衆議院のそれぞれの委員会の審議中のときのように答えにならない答弁を繰り返すようなことはないということなのでしょうね。

続きはMoreに。





公明党の支持基盤である創価学会員の方はみなつつましく謙虚でいらっしゃる方が多いですよね。
私の知っている青年も息子と同じ年の幼馴染の女性も・・・みな人間的にはすてきな優しい方たち・・・。
公明党のHPを拝見すると、
「生命・生活・生存を最大に尊重する人間主義をつらぬき、人間・人類の幸福追求を目的とする開かれた国民政党です」とある・・・。
ならばなぜ、今度の法案に賛成するのか分かりません。
執行部のやり方と彼らとの間には大きな隔たりがあるように思いますけれど・・・。
上層部は権力の甘い蜜の味を知ってしまったのでしょうか。

昨夜、議事堂前の反対集会に。
3万人以上の人たちが国会を取り巻いて肩がすりあうほどの混雑状態。
年齢を問わず女性の多かったことに驚きました。みな息子や孫を戦争に行かせたくないという気持ちなんだと思います。
ずっとお隣にいらした女性が帰る途中、警察官の方たちに「お疲れ様!」と。
「みれば若い息子のような年齢の子たちもいるし自分の旦那さんくらいの方もいる・・・みんな同じ仲間・・・なんとかしようと思うのは誰も同じ、仕事頑張っているのだから」と。
私より若い方なのにすてきな考え。
納得して私も柵を片付ける警察官の方々に「お疲れ様!」
びっくりされる方もいらしたけれど、「気をつけてお帰り下さい。」と何人もの方が笑顔で。
良い晩となりました。

今のままでも自衛は可能。「平和安全法案」は自衛隊が海外で戦争をすることになる法律であることに多くの方が気づいて反対の意思表示をしてくれたらと念じています。
by akaiga-bera | 2015-06-25 06:32 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/24273474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< コマドリ・・・♀ カイツブリ・・・家族の風景 >>