キビタキ・・・やはり夏鳥の代表

まだ縄張り争いでしょうか。少し他の鳥さんより到着が遅かったのかもしれません。

新緑にキビ色、素敵です。

縄張り争い中でした。
c0233349_22332791.jpg

あおもみじに留まらないかなあと待ちました。
c0233349_22334480.jpg


c0233349_1557234.jpg


c0233349_15571681.jpg


c0233349_15575174.jpg


c0233349_1558520.jpg


c0233349_1558202.jpg

優しい色の花、何でしょう・・・オダマキ?
c0233349_1659899.jpg



翁長知事は徒労感いっぱいで帰国されたことだろう。
今までやったことがなかったことをやってみただけでもすごいこと!
そんな簡単に解決する問題ではないのだからいたし方がないけれど、やらないでいるよりずっとまし。
沖縄の人たちが考えていることを、少しでも伝えられて良かった。
これから何度でも繰り返し行動してゆくことが大切だ。
やはりアメリカは戦勝国だとつくづく感じる。
翁長さんが「沖縄は植民地」と言ってらしたことが胸に痛い。

昔、育った場所近くに米軍のキャンプがあった。
戦前からの陸軍の基地を接収してそこに占領軍が。
小学校の低学年のころだったかな、行軍の訓練なのか、米兵たちが重そうな荷物に銃を持って行進してくるのだ。
そして子供達は、その米兵にアメやキャラメルをねだる、そのころ甘いものは本当に貴重だったので子供達は楽しみにしていた。
でも決して手渡してはくれない。放り投げてよこすのである。
私も一度、もらいに。でも地面に投げるのを見て・・・「絶対に拾わない」って思った。
大人たちが言っていた呪文のような「ヤンキーゴーホーム」の言葉が口をついて出てきた。
便宜的にそうした様子であればそういう思いは抱かなかったと思うのだが…何かそれを楽しんでいるように見えたので、私の気持ちはこじれてしまった。
やはり負けた国と勝った国の差を子供ながらに感じた。
沖縄には今でもそんな感じがあるのかもしれないと思った。
by akaiga-bera | 2015-06-07 09:32 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/24201013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 湿原のホオアカ・・・ 休耕田のセッカ・・・1 >>