トラツグミ・・・美しい黄金色

常緑樹の梢で休んでいるトラツグミさんを見つけました。

暗かったけれど、黄金色の体は陽の光を受けずとも内から光っているよう・・・。

「なんて美しい色かしら?」ファインダー越しに見る姿は明るい背景にも負けない・・・。

クマゲラさんの森で親子のトラツグミさんに遇った昨夏・・・それ以来初めての出遇い、嬉しい巡り合わせです。

トラツグミ・・・美しい黄金色_c0233349_027080.jpg


トラツグミ・・・美しい黄金色_c0233349_0273587.jpg


トラツグミ・・・美しい黄金色_c0233349_0281070.jpg


トラツグミ・・・美しい黄金色_c0233349_0283460.jpg


トラツグミ・・・美しい黄金色_c0233349_0285464.jpg


トラツグミ・・・美しい黄金色_c0233349_0292586.jpg


トラツグミ・・・美しい黄金色_c0233349_0295551.jpg


トラツグミ・・・美しい黄金色_c0233349_6373535.jpg




寒い晴れの朝、切通しを抜けて荒川に架かる橋を通過するときにみえる風景・・・何度見ても美しい。
前方左に裾まで雪化粧した富士山、前方の少し右手には浅間山、そして右奥に白い縦筋を描いたように見える男体山・・・形はみな富士山に似。
さらに美しいのは男体山の左手に連なる山々、今の時季深い雪に覆われていて朝日を浴びると光り輝くのだ。
鳥撮りを初めて3つのお山も近くで眺めることも多くなったけれど、ここからの風景は色あせない。

血生臭い事件がフランスで・・・。
怒りを買うほどの表現の自由・・・難しい。
自由には危険が付き物だ。
反撃もまた容赦ない。
農耕民族の日本人にはそこまで徹底することはできない、妥協して生きるのも・・生きる知恵だと・・・思う。
by akaiga-bera | 2015-01-15 07:06 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/23335260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< コイカル・・・こんな近場で遇え... ベニマシコ・・・高原で >>