クマゲラ初撮り・・・北海道後篇

クマゲラさんは4年越し。昨年は前日に巣立ち。今年は少し早めて参りましたらなんと遅れていました。

というわけで、今回はあと4・5日で巣立ちという事をお聞きして行って参りました。

ヒナにも遇えてやっと思いを遂げることが。白神山地に始まり、蘭越町、阿寒町、弟子屈町、秘湯の空など様々なところでの残念な思い出がよみがえり、前の日は何だか眠れず。

農耕地からは数百メートル入っただけなのに、森の中はただただ静か。カプサイシン入りのクマさんよけをお借りして・・・一人での撮影。

忘れたころにまた聞こえるローカル線の通過音。沢の流れを聞きながら。

着くとすぐに。それから55分・55分・3時間半・30分・15分の待ち。♂は少し長くいるのですが♀は餌を与えるとサッと去ります。

途中の枝にも留まらずやってくるので、こういう場面ばかりに。親の優しい表情がすてきですね。

c0233349_11303388.jpg

赤い頭と黒い体、シンプルだからこそ美しい。日が当たると真っ黒ではないことが分かります。
c0233349_11305387.jpg


c0233349_11311181.jpg


c0233349_11313413.jpg


c0233349_11315763.jpg


c0233349_11323770.jpg


c0233349_11321969.jpg

巣穴のお掃除も大切。
c0233349_11352276.jpg

森を出ると・・・エゾスカシユリが。
c0233349_11443539.jpg



待ち時間、少し場所を変えようと沢の方に移動すると、沢の上の倒木で水を飲んでいるオジロワシさんに。
慌ててカメラをセットしようとしたのですが・・・サッと沢の上を・・私の眼前をかすめて下流の森の中に。
さらに引き上げるとき、遇ったのはトラツグミさんのヒナ。
3・4羽、親のようにうろこ模様はありませんでしたが・・・離れていたからでしょうか。全身少し濃いめの黄土色。目が大きかった・・・目が合った瞬間奥に。
それにしても3月までこちらでも見られたトラツグミさん、こんなところで子育てしているんですね。
運が良ければヒナ連れのエゾライチョウさんにも遇えるそうな。草叢を透視できたらどんなに楽しいことでしょうね。
それにしても3時間半の待ち時間は心細かったこと!
by akaiga-bera | 2014-07-20 06:35 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/22378856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< シマセンニュウ・・・北海道後篇 半島のベニマシコ・・・北海道後篇 >>