深い秋色・・・ノビタキ

朝晩は冷え込むのでしょうが、昼間太陽のある湿原はとても暖かです。色とりどりのお花に彩られていた湿原も深い秋へと。

あたたかい色が日差しを余計に強く感じさせます。移動するたび汗ばむほど。周りの色に溶け込んでしまうノビタキさん、動かないともう分からないほどです。

子供たちももう産毛がとれ、ちょっと幼いかなという行動でしか見分けられません。 もうこの子たちも下におりて旅を始めていることでしょう。

案外こちらの野原で遇ったりして・・・。

c0233349_6561485.jpg


c0233349_6565362.jpg


c0233349_6571178.jpg


c0233349_7123724.jpg


c0233349_6575282.jpg


c0233349_6581496.jpg


c0233349_6583998.jpg


c0233349_6591878.jpg


c0233349_7153931.jpg


チョウも夏のときよりだいぶシックに感じます。羽が傷んでいますね。もう少し頑張るんだね・・・。
c0233349_6593830.jpg



今日は近くの町で花火大会があるそうです。
ぜひ見たかったけれど・・・仕事じゃ仕方ありません。
みなさんの画像を楽しみに待っていましょう。
by akaiga-bera | 2013-10-12 09:23 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/20804045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 逆光のノビタキ・・・ 水場の小鳥たち・・・1 >>