タグ:風景 ( 27 ) タグの人気記事

宿場巡り 1

c0233349_15283647.jpg


中山道の宿場、奈良井・妻籠・馬籠の中で一番素敵だったのは奈良井宿でした。

そこには今も人々の日々の暮らしが営まれており、昔のものをできるだけ壊さずに丁寧に生活されています。

シックな鉢にはフウチソウが色づいていたり、秋の野の実が生けられていたりと・・・。

前日には、ここを通られて江戸のお殿様に嫁した和宮のお祭りがあったとか。

そんなにぎわいのあとの月曜、しずかに散策。昔を思い出す品々、懐かしく心温まりました。

c0233349_15285117.jpg


c0233349_15291998.jpg


c0233349_15293269.jpg


c0233349_15295230.jpg


c0233349_15301290.jpg


c0233349_15303079.jpg

by akaiga-bera | 2016-11-11 07:56

宿場巡り 2

c0233349_15324362.jpg

あらっ、同じ体型のお仲間が。
c0233349_15325741.jpg

私が乗ったら壊れそうな昔のタクシーでした。
c0233349_15331053.jpg

色々な工夫が凝らされています。
c0233349_15332382.jpg

この橋は全て木で。立派で頑丈で美しい。
c0233349_15333873.jpg

御嶽山が。
c0233349_15342616.jpg

色づいた木曽川上流。
by akaiga-bera | 2016-11-11 07:54

宿場巡り 3

c0233349_1645893.jpg

御嶽海というお相撲さんがここの出身とか。

c0233349_16452824.jpg

妻籠宿は奈良井宿より規模が小さく、古い感じがしたのは人が住んでいない場所もあったからでしょうか。
そんな一角に『刺し子』の布を使ってこんなものを作っている方が。
画像では分かりませんが、全て手刺しなら大変な手間です。
バックルやボタン・指輪なども作っているとか『僕はアーティストだ』とおっしゃる面白い方でした。
こんなデザインのものは着られないけれど見るにはとても興味深い。
帯にしたらすてきなのに・・・そういうものは作らないの?とお聞きするとNoでした。
外国人向けなのかもしれません。

c0233349_163616100.jpg


c0233349_1637429.jpg

つるし柿、風情がありますね。
c0233349_16373222.jpg

ムギマキさんの好きなツルマサキの実がありました。
ブッシュのようになっていますけれど実はツルマサキそのもの。
寄りかかるものがないのでブッシュ状態なのかなと思っていたのですが、帰って調べてみると、ヒメマサキという種類だそうです。ツル状にはならないとのこと。

c0233349_16374799.jpg


三つの宿場に共通していたのは、山からの疏水を生活用水として利用しているという点です。
奈良井宿と妻籠宿は疏水と町並みが直角・・・したがって幾筋もの疏水が斜面に引かれています。
馬籠宿は町並みと平行に一本勢いのよいのが流れていました。
馬籠はすっかり観光地化されていて、建物も昔風に造ってあって少し興ざめでした。
昔から変わらない石畳や疏水の石組みの方が往時を物語っていました。

c0233349_1638325.jpg

by akaiga-bera | 2016-11-11 07:51

湿原の夜明け・・・

c0233349_8412817.jpg


胸を打つ日の出でした・・・。

湿原はまだ霧に閉ざされていますけれど、鳥さん達は活動を始めています。

シダの群生の中に巣があるのでしょうか、早々と虫を捕まえて持って行きました。

草々・木々のなかになんとたくさんの生き物の日常が進行していることでしょう。

戦い・安らぎ・悲しみ・喜び・・・生きることはどの生き物も様々な表情を持っています。

日々生きていくことだけでも困難を伴うものなのに・・・その何倍もの負荷を与える戦争・紛争・・・いつまでたっても人間は争いをやめられないのでしょうか。

今日は、広島に原爆が投下された日。

忘れてはならない日。

恐ろしい武器を持つことによって、抑止力で平和が保たれるという考えには賛同できません。

いつまでも変わらぬ山河が続きますように・・・。

c0233349_8414299.jpg


c0233349_841574.jpg


c0233349_8421088.jpg


c0233349_8422666.jpg


c0233349_842477.jpg

ビジターセンターのガイドさんに伺いましたら、今年霜にやられてお花が遅いようだと。ヤナギラン。
この間、別のところにホザキシモツケを撮りに行ったんですと申し上げると、この湿原にも群生しているところがあると教えて頂きました。

c0233349_843411.jpg


オリンピック、サッカー。
ナイジェリアの選手たちの打たれ強さには脱帽。
色々なトラブルから試合開始の4時間半ほど前にやっとリオに到着。
国歌もお隣のニジェールのものが流れてしまうなどハプニング続出だけれど、試合には影響がなかった。
聞くところによると、ナイジェリアのチームではこんなことは日常のことのようで、こんなことでメンタル面が弱ることはないのだ。
高いポテンシャルを余すことなく発揮しての勝利、対戦相手ながらあっぱれ。

他所の国の国歌を流してしまうなんて日本では考えられないことだけれど・・・。
日本の常識で判断してはいけない。
全てあり・・・なんでも受け入れて強くあることが必要なようだ。
by akaiga-bera | 2016-08-06 09:35

湿原の朝・・・

c0233349_8493278.jpg


湿原にはまだ朝霧が残っていました。逆光で見る湿原は、きらきら朝日を受けてとても美しい。

山好きの友人が、「やはりお山は早朝」と言っていたけれど然りと思わせられる景色。

こんな感動の時間帯を見ることができてとても幸せ。 

c0233349_849462.jpg


c0233349_850144.jpg


背の高い大学生らしい3人の若者が帰っていくところ。

「鳥ですか」

「そう、景色の方は日が昇ると引き上げなのね、いいの撮れました?」

「はあい。お姉さん、頑張って!」

「もう、おばあさんですよ」

「いや、そんな重いのかついで・・・お姉さんですよ」

「まあ、ありがとう、気をつけてね!」

笑っちゃいますよね、お世辞って分かっていても言葉って不思議、そのあと腰に力が入り、背筋が伸びたことでした。

c0233349_851391.jpg


ホオアカかなと思うのですけれど・・・
c0233349_851565.jpg


c0233349_8521028.jpg


c0233349_8522429.jpg



どんな雑草のようなものでも、生きた植物を飾りたいと思う。
今朝はお庭を見てもお花がないので、エノコログサを数本、玄関には無理だけれど、小さな和風の花器に。意外にしっくり。
裏のホトトギスの蕾が膨らんでいる。今年は今までで一番の勢い、静かな花だけれど楽しみ。
ミョウガが採れはじめて、サラダや薬味に大活躍。
こぼれ落ちたルッコラももうつめるほどに、根をとらないで少し葉が大きくなるとサラダに。
買ったのと違い味が濃いので、我が家ではワイルドルッコラと名付けて、激しい味を楽しんでいる。
by akaiga-bera | 2016-08-03 10:34

葦原の風景・・・

c0233349_16245168.jpg


近場はこんなにすてき・・・この上を飛ぶ鳥さんを待っています。

行くたび見ることは可能なのですが、遥か遠く豆粒状態・・・。

仕方なくときおり通る鳥さんを撮ってただひたすら待っています。

みなさんがこんなにも待ち焦がれているのですから、一度くらいサービス飛行して下さらないかなあ。

ノスリさんが・・・。
c0233349_16254745.jpg


c0233349_16261697.jpg


c0233349_16263244.jpg


c0233349_16264868.jpg

はるか離れた水路脇の木に、コチョウゲンボウさんがポツンと。
c0233349_16274181.jpg

夕餉のお魚を抱えてミサゴさんが家路を急ぎます。陽が落ちてしまった時間でした。
c0233349_1628269.jpg


c0233349_16282687.jpg


c0233349_16283917.jpg

少し明るいうちに飛んだミサゴさん。餌さがしのようで下ばかり向いています。空振りの日々が続きます。
c0233349_16294872.jpg


c0233349_163009.jpg


一昨日は近くの林の上で追いかけっこをするツミさんに。
昨日は友人と立ち話をしていると林から猛スピードで飛んできて我が家方向に・・・我が家の近くの畑が狩り場になっているんです。
さらに田舎へお墓参りに行くと、お墓のそばでツミさんの声、毎年営巣する公園に行ってみましたが姿は見えず、近くの公園も見ましたが見つかりません。
それでももう早々と夏鳥さんがやってきているのですね。
by akaiga-bera | 2016-03-20 06:44

夕景の白鳥・・・2

c0233349_11302253.jpg


残照でも少し角度が異なればまた少し違った趣に。翼がしっとりと美しく見えました。

もっとひいて撮りたかった・・・なにしろ景色は極上ですから。

真っ白でないのはまだ若者。ヒナも数カ月で親鳥と大きさ的には同じになりますけれど行動を見ていると幼さを感じます。

白鳥はかなり肉感的で重量もあり飛び立つときの助走も迫力満点です。

優雅な白鳥さんではなく力強くたくましいのを撮ってみたい。

c0233349_11303492.jpg


c0233349_11304742.jpg


c0233349_1131040.jpg


c0233349_11311544.jpg


c0233349_11312771.jpg


c0233349_120331.jpg

遠くだったのが残念ですけれど、沼面に火の塊をおいていっているような気がしました。
c0233349_1203656.jpg



お庭に初冬に信州で求めたジュース用の林檎。
200円で15個ほど入っていたのですが、まだ残っていて、小鳥さんの餌に。
半分に割ってオオデマリの小枝に刺したら翌日にはもうない。
多分ヒヨドリさんかなと思うけれど、ヒヨドリさんのいない時間帯にはメジロさんも見かけた。
うまくさけてちゃっかり食べているようだ。

国会中継を聞いていると、与党内では問題をあぶり出すような質問はないので、反対する勢力からの厳しい質問の重要性を感じる。
やはりテレビでそれが流れることによって、内閣の姿勢も変わらざるを得ないからだ。
国民の監視があって初めて政策はより国民にプラスの方向に動いていく。
国会中継はネットでも見られるけれど、そうすることができない方々のためには、テレビやラジオでの国会中継はとても重要だ。
たくさんの剰余金を抱えるNHK、国の政治をより確かなものにするために議論の中身を国民につまびらかにする責務があると思う。
国会中継チャンネルを作るべきと思う、ラジオなんかもっと簡単に低費用でできるだろう。
NHKが聴取料を国民からとる限り、目は国民に向いていなければならない。
by akaiga-bera | 2016-01-23 10:27

夕景の白鳥・・・

光の川に、夕陽を入れて撮りたかったですけれど・・・短いレンズを車から出すのを忘れてしまいました。
c0233349_9515234.jpg


新年会の後片付けに二時間以上もかかってしまい、出かけるのが遅くなってしまいました。

ベニマシコさんに遇いに行って、また時間を費やしてしまい、結局、夕景の白鳥さんに。

ぎりぎりで間に合いました。最初は光の中に白鳥さんは入らずで、やはりここでもだめなのかなと思いながら、とうとう沈んでしまった大きな太陽。

風景のカメラマンの方たちはまだ粘っています。この後まだ良い場面があるのか伺うと・・・残照でもっと赤くなると。

粘っていると、やっと白鳥さん達に動きが・・・。沼を横切って飛ぶのもこの時間帯からでした。

撮っているうち、北海道のタンチョウの夕日スポットでの撮影と似ているなと。

もう、シルエットにしか見えない状況でしたがすてきな時間を過ごすことができ、今日は正解!と帰路に。

c0233349_952723.jpg

光の川に、夕陽を入れて撮りたかったですけれど・・・短いレンズを車から出すのを忘れてしまいました。
c0233349_95222100.jpg


c0233349_9523841.jpg


c0233349_9525330.jpg


c0233349_953618.jpg

車まで走ってレンズを。残照の最後に間に遇いました。
c0233349_9531929.jpg


この前の日曜日、番宣で「ダーウインが来た」で、アリスイをやると書いてしまったのですが、間違えていました。
新年会のお開きが遅くなりみられなかったので気づきませんでしたけれど「猿」ではと、前日に送っていただいたメールで知りました。
すみません!

北朝鮮の水爆?実験を受けて、国会での論戦にも影響を及ぼしそうだとの記事が。
周辺事態の変化をもって仕方がないと説得するのは効果的だと思う。
しかし、昨年、憲法をかなりねじまげて解釈し安保法を通したこと、それと国会運営も強引だったし、自国を守ることは今の憲法の枠内でも可能。
あのような決め方が許されてはならないと改めて思う。
日米韓の結びつきが大きくなればなるほど、北朝鮮は反発するのだし・・・。
自分の事を分かってくれない駄々子のような隣国。
困った存在ではあるが・・・。

メジロの声がする。
多分庭の匂い椿に来ているのかと思う。
今年は梅の花も早いので、冬鳥さん達の絡みもあるといいな。


追記
先ほど娘から電話。
区役所に用事で行ったら、生活保護課の前に16人ほど並んでいたとのこと。
今までも区役所に行ってもこんな人数は初めて、新年早々に異常なことだと。

政府は富めるものを富ませれば下級層にも次第にそれが伝播してみなが豊かになるというトリクルダウン を言い続けて大企業保護の政策を続けているけれど、本当にそうか疑わしい。
大きく広がっていく格差をこれ以上広げれば、その日の生活に困る人々がますます増えていく。
このまま放置することはできない。
国会中継聞いていると この国の未来が心配になる。
by akaiga-bera | 2016-01-12 11:07

葦原の夕景・・・

c0233349_1384796.jpg


この日はハイイロチュウヒ♂さんには遇えませんでしたが・・・代わりに美しい夕景をどうぞと。

秋の夕暮れは山の端がとてもきれい・・・なんとなく物悲しい。

一とき暖色に染まる葦原がこの空の下にあります。一人佇んでいたい時刻です。

すてきな風景を切り取るのは難しく、この何倍も実際は美しい。

小鳥たちも猛禽たちも一日命を長らえてねぐらに急ぎます。

来世、何に生まれかわるかは分かりませんけれど・・・輪廻の考え方は分かります。

どんな形でかは分かりませんが自分の体を構成する物質は大気圏外には出ていかないのですもの・・・。

きっと長い年月を経て離合集散を繰り返しまた別の生き物として存在するかもしれません。

そう思うと全て生き物が愛おしいですよね。

c0233349_1391766.jpg


c0233349_1393428.jpg


c0233349_1395942.jpg


c0233349_1401839.jpg


c0233349_1404478.jpg


c0233349_1405776.jpg



いつの間にか師走。
北国は急に訪れた雪に大忙しの冬準備。
雪もほどほどに降ってくれれば良いのだが・・・自然は人間の言うことなんかきかない。
陽ちゃんは、家にいることが多くなり、動きも少ないので、爪の伸びがはやい。
痛そうにしているのでよく見ると、爪が傷の部分を圧迫している。
動かないとこんな不都合も起きるのか・・・消毒して全て短くした。


沖縄に全国の米軍施設の約4分の3あまりが集中している現状。
沖縄の人たちがなんで沖縄だけがと思うのも無理はない。
本当にこんなにも米軍基地が必要なものか、私たちには分からないけれど、いらない気がする。
戦後70年、いいえ、戦争末期から、いや明治から、ずっと沖縄の人たちは苦労されてきた。
もうこの辺でこんな状態を沖縄にだけ強いるのはやめたらいい。
同じ日本人として申し訳なく思う。

しかし、今までの政権は、それに対して少しは済まぬという気持ちがあったようにも思う。
現政権には優しさというものがない。
私はなんでも即決できる強い政府は危ないと思っている。
話し合いで決めるのは時間もかかるけれど、決まるばかりの政治には必ずその陰で苦しむ方々がいるのだ。
それはいつかは自分に回ってくる。
経済的発展や利益を追求して、大切なものを忘れて多くの公害病を発生させた過去の時代を省みなくては。
その時のことを思い起こすには、北京の空を見れば容易だ。
沖縄の問題は、公害から問題を変えて、私たちの平和への決意、どうやって平和を続けるのかという命題を問うている。
by akaiga-bera | 2015-12-03 12:07

沼の風景・・・1

c0233349_0203694.jpg


海のない埼玉や群馬県では水辺と言えば沼・湖・川・・・。

水辺ではさまざまな鳥さん達が暮らしていていて、見ているだけでもとても楽しいです。

上は、ここにいるたくさんのオナガガモさんの飛翔。

下はシギさん達、一斉に飛び立つさまはなかなかすてきです。

この日は曇り、でもこんな雰囲気もいいですね。

c0233349_0183342.jpg


c0233349_0185080.jpg


c0233349_019764.jpg


c0233349_019266.jpg


c0233349_0195041.jpg


c0233349_0205250.jpg


c0233349_2318167.jpg


今日は用事で新宿まで。人込みは疲れる。
電車で朝読めなかった新聞をじっくり。
書評に歌集「思川の岸辺」の表題を見つけ興味深く読み入った。
思川は野鳥撮影を始めてから知った川、栃木県を流れる渡良瀬川の支流、渡良瀬遊水地に流れ込む。
すてきな名の思川。
著者小池光さん・・・奥様を失くされた悲しみをうたった歌集とか・・・読んでみよう。
  雪来るをどの木も気づきゐるらしき白鳥に終生の白帰りゆく
  夏になりて水をたくさん飲む猫よのみたまへのみたまへいのちはつづく
到着の遅れていた白鳥さんもやっと来たそうだ・・・。
今季は白鳥をしっかり写したいと思っている。

沼の風景2に続きます。
by akaiga-bera | 2015-11-22 23:07