タグ:ルリビタキ ( 43 ) タグの人気記事

紅梅にルリビタキ・・・

c0233349_10144049.jpg


天然のルリビタキさん。いるのは分かっていたのですが、紅梅に乗ってくれるとは思い寄りませんでした。

背景が煩いですけれど、嬉しいです。

時々ジョウビタキさんとやり合ってきたのか、もうお別れも近い今は時間帯も少しずれて、争わないようです。

移動の時季を控えて、体力温存中かもしれません。


c0233349_10145555.jpg



c0233349_1015611.jpg



c0233349_10151920.jpg



c0233349_10153230.jpg



c0233349_10154766.jpg



c0233349_10155944.jpg



鴻池さんの会見を繰り返しやっているので、何度もすりこまれる程に見てしまった。
鴻池さんは籠池さんがお持ちになったものがすぐにお金だと分かったと言っている。
それで、鴻池さんが籠池夫妻に封筒を投げつけたそうな。
激昂してそうなさったとか。
そこまで激しく拒否されたのに、その後もまた数回訪れている。
普通の方だったら、もう行かないだろう。
籠池さんが普通の人じゃないのか厚顔なのか分からないけれど用がないなら行く必要がない。

そこでうがった見方だけれど、私は鴻池さんはすぐにそれがお金であり、こんにゃくという隠語が示すように厚さから100万ほどと見てとったのではないか。
ですからそんな少額のお金で大変な口利きをさせようとするなんてばかにした話だ、私をそんな少額で使おうというのかと立腹され、封筒を投げたのではないか。
その後、籠池氏はまた事務所を訪れている。
お金を増額して持って行ったのかな?
そうじゃないとそのあと訪れる理由がないし、話のつじつまが合わない。
多分お話しされた一部は事実かも。

鴻池さんは麻生財務大臣の側近だ。
近畿財務局が絡んでいて、国会での麻生さんのあの答弁、ほんと怪しい。
それに鴻池さんのお話しのしようにすごく不遜な人なんだなって感じた。

森友学園悪しで終わらせてよい話ではない。
安倍首相夫妻が名前を使われた被害者だというテレビ局もあってびっくり。
被害者なら全てをあからさまにして汚名を晴らすべきだ。
2月27日、安倍さんは内閣記者会加盟の報道各社のキャップを集めて赤坂飯店で会食したという。
緊急の招集だったらしい。
報道機関はしっかりしてほしい。

今日はひな祭り、柔らかなお顔を見てこころやわらかに過ごそう。
by akaiga-bera | 2017-03-03 06:16

ルリビタキ・・・ご飯はクモ

c0233349_1221887.jpg


ルリビタキさんもあちこちで出遇いましたけれど、このところ出遇いの回数が減ってきました。

高いお山で子育てするルリビタキさん、標高1800~2000mあたりが子育ての場所となるようです。

涼しいところがお気に入りなのですね・・・それで旅立ちも早いのでしょうか。

さっと地面に降りたかと思うと、クモを咥えて梢に。

おいしいのかな?ちょっと嬉しそう???

c0233349_1223326.jpg

c0233349_1224594.jpg

c0233349_1225688.jpg

c0233349_123758.jpg

近所の河津桜。まだここでメジロさんは撮れていません。
c0233349_9102852.jpg


NHKは受信料をとって運営している。
受信料を払っている人がスポンサーだ。
お金を払っている人に一番にそのサービスは及ぶべき。
スポンサーである人々のためにできるだけ情報を正確に知らせる役割があると思うけれど、サンケイ・読売に並ぶ程偏向的だ。
どちらかといえば政権におもねっているとしか見えない。
豊中の国有地払い下げの問題もホンのちょっこっと触れただけ、政権がもてる権力をもしかしたらある特定の学校法人に対してはからったかも知れず・・・なのに。
昨日の日曜討論は、他の局の焼き直しのような内容だったし・・・何だかがっかり。
戦時中、国民に戦争の真実を伝えずにいた罪は大きい。
また繰り返すのか。

トランプ大統領は相変わらず。
今度は自分の気に入らないメディアは会見場にも入れない。
トランプさんのやりようは強引なのでストレートに反発もあるだろうが・・・まだ、裏ではなく正面切ってやっている・・・。
日本だって程度の差さえあれど同じようなものだ。
政権からかなりの力が働いているのだろうな、でもこれは裏でやるのだ、それがトランプさんとの違い。
安保法制のときも、気に入らないテレビには出なかったし・・・まあ、今度は特定秘密保護法があるから自分の不利になることはみな隠してしまえるようになった。

それにしても国の財産は国民のものだと思うけれど、時の権力者が恣意的に使えるものなんだと思った。
まあ、トランプさんがあまりなことをやってもまだアメリカの三権分立は機能していているようだ。
しかし、日本の最高裁は怪しい。
第一、日本の首相が自分は『立法府の長』だと言うくらいだから・・・。
単に言葉を言い間違っただけなら良いのだけれど・・・憲法改正も可能な数を握った安倍さんの心の声でありませんよう。
最高裁の判事も内閣が指名するのだから、政権の息のかかった人を選ぶだろう。
そのうち間違っても私は『司法府の長』とか思ってしまわないことを願おう。
by akaiga-bera | 2017-02-27 10:32

ルリビタキ 女の子・・・かわいい!

c0233349_08544855.jpg

撮っているときはゆっくり顔の表情を見ていなかったのですが、パソコンで見ると愛らしい表情だなあと見入ってしまいました。

100mほどのところを飛びまわっていいます。

時々モズさんと同じ場所らしくやりあっているようです。





c0233349_08554036.jpg




c0233349_08552435.jpg




c0233349_08550563.jpg






c0233349_08543307.jpg



c0233349_22252528.jpg



c0233349_22235495.jpg





毎年同じ場所にほぼ同じカレンダーを掛けていたので、取ってしまってからは、壁の白い部分が際立って見える。
多分、壁をきれいにしても、他の部分とは違うのだろうな。
そうだ、壁さんもずっと見守ってくれていたのだ。
自分で書いていつもこの言葉を心に留めていた壁掛け『みてるね きっと あえるね きっと』
ニュージランドのオーホープ湾の絵葉書
はずしてみたらやはり真っ白な壁・・・。
長い年月が経った・・・・・・。
by akaiga-bera | 2017-01-30 07:10

ルリビタキ・・・青い子

c0233349_21591968.jpg


景色を楽しみながらの探鳥は楽しいですね。

偶然の出遇い・・・嬉しい瞬間です。

でもなかなか近くに寄せてはくれません。長い時間を要してやっと。

美しい青でした。



c0233349_21580248.jpg




c0233349_21573381.jpg




c0233349_21565968.jpg




c0233349_21582845.jpg




陽ちゃんが逝って一年になる。
穏やかな陽ちゃんはその性格のごとく毛もとても柔らかで、抱かれ方も全てを預けてくれるようだった。
最後はとても辛い苦しい日々だったので、何度も安楽死をと考えた。
しかし、迷い多々で早く楽にして上げることができなかった。
もう助からないのに苦しい時間だけを与えてしまったと今でも心が痛む。

娘と人間の安楽死について話した。
最近、親御さんをあやめてしまったというニュースもある。
親も子どもの迷惑になるのは不本意だし、子供も助からない親の病に心を痛めてしまうかもしれない。
私的にはできるだけ全力で生きた後は自分の好きなときに逝きたいと思う。
いつか、それも自己責任で選択できるようになればと思う。

by akaiga-bera | 2017-01-22 06:06

ルリビタキ・・・♀

c0233349_1602653.jpg


同じルリビタキさんなのに違う個体のようにも見えます。

背景が異なるだけでずいぶん感じが違ってきます。

シノダケの生い茂る林の中、ルリさんの好みの場所ですね。

鳴き声で気づき、しばらく待つと見えるところに出てきてくれました。

c0233349_1601593.jpg


c0233349_1603945.jpg


c0233349_1605139.jpg


c0233349_161524.jpg


新潟県で福島の原発事故で自主疎開なさっている子どもさんが友人からいじめを受けていたという。
子どもたちだけでなく先生もということで問題になっていた。
悲しいことですねで済まされない大きな問題だと思っている。
学校で説明会があって多くの父母が集まったと。
もちろん先生の心ない発言は許しがたい。
子どもの心に深く突き刺さってしまったことだろう。
父母のみなさんも先生のみが悪いと決めつけるだけで終わってほしくない。

子どもの発言を形成するのは多くは家庭・父母の考えだ。
小学生の子どもはまだまだ多くの知識があるわけではないのだから、家庭内で差別的発言や考えがあれば、自然その方向にいってしまう。

やむを得ず故郷に住めない人たちにもう少し思いやりを持って接したい。
子どもがいじめをするならまずは親がそれを正さねばならない。
子どもたちのいじめを知っていたなら親もまた加害者でもある。
もし、自分がその方たちの立場になったらと考えて欲しい。

原発事故の補償してくれるとて、こういった心の問題まで補償することできるのか。
国策として原発を進める国は、こういう問題まで想定しうるのか。


垣根のトリミングをやっと終えた。
切ったままにしていた枝もさらにのこぎりで小さくして、何だかスッキリ。
頂いた大きな肉まん、横浜中華街のものとか。
ご近所さんのおすそわけ。
今日は冬至。
柚子をあちこちから頂いた。
カボチャも前に頂いたのを。
by akaiga-bera | 2016-12-21 06:01

ルリビタキ・・・青い子

c0233349_7223330.jpg


青い♂には遇えずにいました。

笹やぶから小さな羽音とグゼる声が聞こえます。

じっと待ちました。

高い木に声が移って、見上げると細かい枝のすき間、そのうち近くにいたジョウビタキさんと争い始めました。

でもまたしばらくすると、戻ってきます。

今季初めての青い子との出遇い、お散歩道で教えてくださった方に感謝です。
 
そのあと、別の場所でも遇うことができました。

c0233349_7225815.jpg


c0233349_7231178.jpg


c0233349_7233922.jpg


c0233349_7235350.jpg


c0233349_724636.jpg

日陰にはまだあでやかなもみじが残っています。
c0233349_7241882.jpg


大学の推薦入試の結果がもう届いてきている。
毎年増える推薦入試での合格。
小論文の勉強に勝手に来ていた高3男子が昨夜報告に。
お母さんからとお家でとれたおイモをたくさん。
後輩たちにもチョコレートを差し入れしてくれた・・・。
私より20センチは高そうな初々しい青年がはにかみながら訪れてくれる・・・幸せでしょと若者達にいうと笑われてしまった。

外相がわざわざ会談の事前打ち合わせに行ったのに、2時間も待たされた上、話し合いは時間は30分でこちらの人員も減らされたとのことだ。
プーチン大統領にトラブルがあったわけではない。
その前の演説会場で自分の演説を引きのばして遅れたということだ。
これから訪問しようという国の外相に対して失礼な話ではないか。
まあ、これではっきり2島返還もありえず、経済協力といういいとこどりをしようというプーチン大統領の思惑がはっきり見えたわけだ。
安倍さんが成果を急いでもうまくは行かない。
返って足元を見られてロシアの欲しい経済協力を約束して終わりということになってしまう。

日ロ会談をいい方向で解決し解散総選挙という形をとりたい安倍さん。
12月のスケジュールは空けてあるのだそうだ。
そうそううまくいくものかは疑わしい。
それにしても野党の力無さにはがっかりする。
自民党にお金の問題が多々あったり政権運営が強引であったりしても託せる野党が力無いのだから・・・。
しっかりしいや!
by akaiga-bera | 2016-12-03 07:53

ルリビタキ2

c0233349_916465.jpg


ルリビタキさんの羽音とグゼる声は特徴があって隠れていても見つけることが可能です。

辛抱強く音のする方向を探しました。

最初に見つけた時、真正面だったので凄く小さなもののように見え、丸くなっていてとても愛らしく感じました。

c0233349_917130.jpg


c0233349_9172153.jpg


c0233349_9174115.jpg


c0233349_918455.jpg


c0233349_9181739.jpg


c0233349_9183059.jpg


c0233349_9114868.jpg



キーウイをたくさんいただいた。
林檎の形をしたアップルキーウイ。
市販されたのは見たことがない。
ちょうど食べごろですと頂いた、とてもおいしい。
食べる時期もあるのかな。
たくさんだったのでジャムにしようかと考えたけれど、もったいなくてこのまま頂くことに。
おすそわけはホント嬉しい。

お墓参りのあと、両家の女子のみでお食事。
たわいもないことばかりなのになぜか楽しい。
娘は相変わらず専業主婦のままで・・・一向に働きに行きそうもない。
ただこれからは家族の中に自由に動ける存在も必要なよう・・・すっかり旦那様の実家での位置を占めている。
まあ、黙って見ていよう。
by akaiga-bera | 2016-11-15 06:19

お帰りなさい!・・・ルリビタキ

c0233349_6293382.jpg


お山からルリビタキさんの降りてくる季節になりました。

もう仲間もなく早晩里山に下らないと・・・季節が追いかけてきます。

全く鳥さんの声が聞こえない林、やっと小さな羽音が。

ルリさんが草叢に降りては虫をとっていました。

気配にかたまってしまってしまって、私の方を大きな目で見つめていました。♂の若者でしょうか。

まあ、こんにちは、おかえりなさい・・・懐かしい今季初のルリさんとの出遇い・・・。

c0233349_6294816.jpg


c0233349_630085.jpg


c0233349_6301195.jpg


c0233349_6302514.jpg


c0233349_6303868.jpg

秋の優しい陽を受けてひっそり・・・懸命に咲いていました。
c0233349_6311690.jpg



昨日は、年に一回、恒例の高校時代の部活の仲間との山歩きの日。
美ヶ原方面に行く予定でしたが、行き先は宿場巡りに変更。
お出かけは同窓会のようなもので、みんなの元気な顔を見るのとおしゃべりが目的ですので、だあれも不満はありません。
途中、少しだけ早い紅葉を楽しみながら、たわいもないおしゃべり。
月曜なので車もスイスイ。
SAでおもちよりの朝ごはん。ワイワイいいながら頂くご飯はなんておいしいのでしょう。

旧中山道の奈良井宿・妻籠宿・馬籠宿へ。
ふだん、鳥さん目的で出掛けるのはどんなに遠くても旅という感じはしません。
でも、こうして友人たちとするお出かけは『旅』そのもの。
三つの宿場はそれぞれに発見があり、とても興味深いものでした。
昔はもっと狭い道であったことがわかる本来の道筋。
どんな旅であったろうかと想像するだけで楽しい。
三つの宿場は先人の知恵が凝縮されていました。
いずれも疏水がひかれ傾斜地に立地した宿場は豊かな生活用水の確保された場所。
今でも清らかな水が流れていました。

『寝覚の床』という眺望の開けた場所で、まだ煙を吐く御嶽山を。
いまだ戻らぬ方々がいらっしゃることを思いつつ拝みました。
昨年は9月28日、噴火の翌日行く予定だった御嶽山方向を急きょ変更して栂池にしたことを思い出しました。

無事友人宅に帰着。
朝に朝焼け、夕に夕焼けを仰いで。
友人の旦那様の丹精込めたお野菜を車のトランク・後部座席いっぱいに頂き帰路に。
私たちに懲りもせず運転もガイドもしてくださる友人の旦那様に感謝感謝の一日でした。
この方なしに私たちの山行きは続けられません。
by akaiga-bera | 2016-11-08 07:23

ルリビタキ・・・ごきげんよう さようなら

c0233349_1551335.jpg


別の公園で探鳥中、まだルリビタキはいるよ とお聞きしたのですが、遇えませんでした。

最寄りの公園にはもういないようですし、私的にはもうお別れかな。

高いお山へ移動中ですね きっと。

c0233349_1549158.jpg


c0233349_15511561.jpg


c0233349_15581675.jpg


c0233349_15583466.jpg


c0233349_1558495.jpg


c0233349_1559570.jpg



中国の有名なコラムニストが習政権の経済政策・外交政策について批判をし、公開書簡の中で習氏の辞任を求めたとかの疑いで・・・どうも当局に拘束されているらしい。
まあ、自分の悪口を言われてはいい気分じゃないとは思うけれど、それが一介の市井の人であれば悪口に対して暴力で立ち向かうこともあるだろう。
でも、習氏は大国の指導者だ。
その地位そのものが権力だし、その権力を発動しての拘束となれば、それは暴力とも言える。
批判に耳を傾ける心大きな人であってほしい・・国をになう人は。

しかし、人は権力を持った時からその権力の魅力には逆らえないのかも・・・。
だから自分の立場を守ろうとしてさまざまな弾圧を繰り返すのだ。
歴史を見るとそんなことが陳腐に感じられるほど行われてきた・・・。

中国のことをお隣のもめごとと楽観視することはできない。
集団的自衛権を認め、どこにでも戦いに行ける国にしてしまった安保法制。
ないがしろにされた憲法9条。
そして改憲へと手を打つ安倍さん・・・国民を不自由にする憲法へ絶対に変えてはならないと思うけれど・・・政治屋の安倍さんは国民がどんな味のアメが好みかよくご存知。

自民党もおおさか維新も憲法には時代に適していない、おかしな表現もあるので変えようという。
でも、その改憲の必要があるとの箇所も、安保法制で9条を無きにひとしいものにしてしまうことからしたら大したことではない。
緊急事態条項を付け加えられる方が怖い。
改憲の主張はやりやすい政治、説得しなくても強権の発動で国民を右にも左にも動かせるものにするということなのだろう。

毎日のように鳥にばかりうつつを抜かしている老婆の心配じゃ一説得力なしだね。
by akaiga-bera | 2016-03-22 06:16

ルリビタキ・・・よく動き回ります

c0233349_1138214.jpg


グゼる声や羽音で存在を知らせてくれるルリビタキさん。初めてルリさんに遇ったときの感動は忘れません。

何せスズメ・カラス・ツバメ・ムクドリくらいしか知らなかったのですから・・・幸せの青い鳥さんを見て夢かと思いました。

それ以降たくさんのルリさんに遇いましたが、やはりルリさんの美しい色には胸打たれます。

桜に来るベニマシコさんを写しに行ったのですが、ベニさんは不可。

ルリさんが代わりに30分ほど、後方で行ったり来たり、楽しませてくれました。

c0233349_11383937.jpg


c0233349_11391832.jpg


c0233349_11394853.jpg


c0233349_11404654.jpg


c0233349_11411970.jpg


c0233349_11413372.jpg


少し前に近くまできたとのこと、1度だけ、遠くの桜に、前に数々の枝があってピント合ってませ~んが・・・消すのが惜しくて。
c0233349_11592182.jpg



昨日は大忙し。
午前中は野鳥撮影。
戻って憲法のお勉強会に。
夜は大宮で15年前の若者達と飲み会。
地元に戻って二次会と。
帰宅はとっくに馬車はカボチャにの時間に。
今朝はゆっくり、朝寝・朝湯に・・・朝酒はないけれど。

30歳という年齢はみな忙しい。
結婚子育て中あり、早朝に出かけて11時帰宅なんて仕事に追われていたり、5年付き合っていた彼女と別れたり・・・夢を捨て別の仕事についているものも、仕事の傍らまだ大学院に通っていたり、仕事で寝不足で体調不良で来られなかったり、実業団のバレーの試合の応援に動員されて遠くまで行ってきたもの・・・みなそれぞれの場で頑張っている。
自分の30歳のころ、あまりに忙しく、何をしていたかも覚えていないよと。
まあ、忙しくても食事だけは気をつけてね、健康第一だから。

話題はあっちへこっちへ飛んで・・・・。
地元の駅前の本屋さんが撤退してしまってさびしいねと。
カエルの合唱が聞こえる我が家周辺の環境も話話題に。
亡くなった陽ちゃんも胸キュンのかわいい子猫だったと。
思い出の本屋さんのあとにできた居酒屋で。
誰もがどこにどんな種類の本が置かれていたかも言えるほど馴じんでいたっけ、今座ってる場所は入り口、新刊本が平台に乗せられていた場所だ・・・と。
私が若者の一人の胸ぐらをつかんでやりあった瞬間をみな覚えていてた・・・彼も今は良き2児のパパになってて・・・用事で行けないけど●●子によろしくって言ってたよと。
楽しい晩だったなあ・・・。


ジョウビタキに続きます。
by akaiga-bera | 2016-03-06 14:43