タグ:ヤブサメ ( 5 ) タグの人気記事

お山の出遇い・・・ウグイス・ヤブサメ

c0233349_9502196.jpg


用心深いウグイスさんですけれど、この子は幼いようです。

ずっと見ていたのでしょうか、小枝からさっと降り立ち、きょろきょろしてまた行ってしまいました。

ウグイスさんの幼鳥は初めて写すことができました。

c0233349_9503635.jpg


c0233349_9504924.jpg


ついて間もなく最初に出遇ったのはヤブサメさん、でもまだ明るさの足りない時間帯、ぶれぶれ。

もう遇えないかなと諦めていたのですが、他のカラ類のいない時間帯になって再び。

尻尾が短いだけでなく動きの速い鳥さんでした。

c0233349_955139.jpg


c0233349_9553193.jpg


c0233349_8421147.jpg




金曜日の晩、仕事中に、新潟から帰ったとお酒とつまみを持って若者が。
今日ダメなら明日にと。
というわけで、昨夜はおいしい越後のお酒で。
他の仕事を経て私立高校の社会先生になり6年が過ぎた彼女、忙しい生活を送っている。
ご主人が宿泊でお出かけとかでゆっくり話すことができた。
まだ大学院にも通っているがそちらも来春で終わると。
この先どうしていこうか、子どもも欲しいし、仕事もやりたいし・・・今のままでは両立できそうもないし・・・と。
結局は自分で決めるしかないけれど、まあ、色々な意見を聞くことで方向を絞っていくことはできそうだ。
仕事での新潟行きだったが、おいしいお酒と肴がいっぱいあって・・・絶対行った方がいいよと、ずいぶんお酒も強くなったものだ。
そうね、鳥撮りじゃなく、お酒飲みに行くのもいいかも・・・・・。

今朝はコーヒーの白い湯気が。
夢ちゃんも絡まって、涼しくなったものだ。
台風が去るごとに涼しさを増してゆく。
もう渡りの鳥たちの季節だ。

日曜版に毎週特集があって、今日は「鴨長明」。
平安末期に下鴨神社の二男として生まれ、時代末の動乱と天災地変の中で成長し、鎌倉時代に『方丈記』を編んだ。
学校で、一部を読んだけれど、全部読んでみようとはしなかった、わずか原稿用紙20枚ほどなのだそうだ。
それこそ無駄を省いての超シンプルライフを方丈の庵で送った。
私も小さな住まいに行く、今までのものを全てを持っていくことはできない。
断捨離につぐ断捨離が必要だ。

長明の持ち物・・・吊り棚の革籠(籐で編んだ蓋つきの籠)には、和歌の本・仏教書・音楽の本。
阿弥陀如来の掛け軸2・法華経・琴と琵琶。
煮炊きは外にはかまど、掛け樋、寝床はこも。
食べ物は、周囲の草々。鹿・山鳥・猿・蛍など自然に戯れての暮らし。

家の中を見渡す・・なんと多くのものに囲まれていることだろう。
おびただしいものを捨てるのかなり勇気がいる・・・自分にとってこれは絶対というものだけを選ぼうと思った。
by akaiga-bera | 2016-08-28 08:16

ヤブサメ・・・子育て中

なかなか遇えないヤブサメさんにじっくり遇えただけでもとてもラッキーな旅でした。

用心深いヤブサメさん、人間のいない場所で子育てしているのかと思いましたが、山道の斜面・・・やはり小鳥さんも人間とかかわりの中で、安心を得ているのかもしれません。

斜面の小さな小さな穴が巣穴・・・番で餌運びのようでした。

c0233349_1592168.jpg


c0233349_1594389.jpg


c0233349_1595815.jpg


c0233349_15101617.jpg


c0233349_151031100.jpg


c0233349_15104627.jpg


c0233349_1511247.jpg


両陛下が私的なご旅行ということで山形と宮城をご訪問に。
私的なといっても一泊二日の日程の中にさまざまなことが盛り込まれ本当にお休みになられたのかと案じますけれど・・・。
パラオの慰霊の旅から戻られてもまだ両陛下の思いは深く・・・北原尾に足を運ばれた・・。
今のままで十分有事にはた耐えられると思う現状を、今回の安保法制で他所でも戦える方向に向けようとしている安倍政権と大きな違い・・・。
やはり声なき思いを国民に伝えようとしているように感じます。「二度とあの戦争を繰り返してはならぬ」と。

安保法制の問題が取りざたされて以来、自衛隊についてネットでいろいろ読んできました。
今でも自衛隊は常時定員不足なのだそうです。
安保関連法案が法律として今国会で可決されれば、海外派兵は現実のものとなり、リスクの大きい自衛隊員になるという若者は激減することでしょう。
そうなればどうやって数を補うか目に見えるよう。強制的手段でないと集まらないということになります。
今は徴兵制はないといっていても、憲法はないがしろにされ骨抜きにされるのですから、時の政権の都合のよいように解釈されて、いつの間にかなんてことになりかねません・・・。


錦織選手、棄権。残念ですけれど。早く治してウインブルドンに全力を傾注してほしいですね。
by akaiga-bera | 2015-06-21 06:59

ヤブサメ・・・ブナの森で

美しい緑が影をつくるほど樹木にあふれたブナの森。暗い登山道の一角にヤブサメさんが営巣していました。

早朝、別の場所で撮影、宿に戻り朝食を頂き、海辺に面した道の駅でおいしそうなものを見つけ送ったり、迷った同年齢のおばさまたちを分かるところまで送ったり、さらに私自身も分からなくなってビジターセンターに寄ったりで昼近くなってしまった現地到着。

やっとここだと思われる場所。カメラを向けているご夫妻が。アカショウビンさんじゃないよなあ~。

お聞きするとヤブサメと。どうもどこかでお目にかかった記憶が。お互いそう思ったらしくあとでムギマキさんのときの方たちだと判明・・・こんな偶然が・・・。

ヤブサメさんはお山の水場で撮ったばかりでしたが、ここはシダの茂る美しい場所。アカショウビンさんの様子をうかがって安心してヤブサメさんを撮ることができました。

本当に小さくて、動きが早くて・・・手ごわい。いつもの地鳴きではなく囀る場面も・・・いっぱい聞いたのに今その声を思い出すことができません。

すてきな時間でした。お世話になりました。

c0233349_8265342.jpg


c0233349_827788.jpg


c0233349_82721100.jpg


c0233349_8274915.jpg


c0233349_8281044.jpg




戦後70年の間にアメリカはいくつの国に攻め入ったことだろう。
結果を見ればわかるけれど、決して勝っていないのだ。
そしてたくさんの人を殺し自らも多くの若者の命を奪った・・・そしてそういう戦いに行った人たちの中には今でも精神を患っている方たちもいるとか・・・。

ならば何のための戦争なのか。
やはりアメリカの軍需産業は無視できない。
定期的に戦争やっていないと武器は売れないからね。
アメリカの銃規制もうまくいかないのは銃を商売として栄える会社があるからだ。
アメリカの戦争が正義と決めてアメリカがこれからやる戦争に加担していくつもりなのか。
安倍さんはそんなアメリカについていこうとするのか!

アメリカをたしなめる国はほとんどない・・・だからある意味裸の王様だ。
別の道を行くよう諭すのが日本の役割ではないか。
若い子にも論破されるような憲法解釈・・・同じ論理・・・同じ詭弁と言っちゃおうかな・・・を繰り返すばかり。

ちょっと形勢が悪くなり、一昨日は橋下さんと会談。
何が話し合われたかわかるような橋下さんのその後のコメント。
あの方も要するに目だたない場所にはいたくないようだものね。
by akaiga-bera | 2015-06-16 08:48

ヤブサメ・・・チャームポイントは?

短い尻尾でしょうか。

小さくて草陰に隠れてやってくるのでなかなか見つかりません。

蒸し暑い日、3回もやってきました。一度目はすぐひっこんでしまいましたが・・・。3度目は大胆に長く。

c0233349_11434175.jpg


c0233349_2024425.jpg


c0233349_2024232.jpg


c0233349_20285388.jpg


c0233349_2029355.jpg


c0233349_840239.jpg

これは最初ちょこっと見えただけの時。まだ水場は暗かった・・・。八時半はまわっていましたけれど。
c0233349_11514852.jpg




夏の盛りの頃には緑の中に混じることのなかった色づいた葉、最近は良く見られます。
季節は確実にすすんでいるよう・・・。
サイパンレモンと柚子の木には、連日アゲハがやってきて・・・たぶん卵を産み落としているのでしょう。

8月初め出かけた湿原。関西からのご夫妻が何だか変わった鳥がいると・・・。
概要をお聞きしましたらどうもガビチョウさんのよう。そのあとチラッと目認。
関西の方にはあまりいないらしい。
去年まではこの地でガビチョウさんに遇うことはなかった・・・。
by akaiga-bera | 2014-08-25 07:07

ヤブサメ 幼鳥・・・

帰ろうかなというころになって、ミソサザイさんのような小さいのがちょこっと顔を出しました。

ウグイスさんにも似ているけれど、尻尾が短い…。でも以前見たヤブサメさんともちょっと違うようだし・・・。

ヤブサメの幼鳥なんでしょうか。それとも成鳥でも今ぐらいの時期になると羽が抜け変わるそうなのでそんな時期の個体なのでしょうか。

用心深く出てきてはまた引っ込んでしまうので、水浴びはあきらめたのかと思ったのですがやはりしたかったようで、最後は大胆に・・・。お目目がとてもかわいらしかったなあ。

水場に何か不自然物がいくつか…今度はきれいに拾おうと思いました。

c0233349_644170.jpg


c0233349_640191.jpg


c0233349_6405997.jpg


c0233349_6412958.jpg


c0233349_6423460.jpg


c0233349_6432910.jpg


c0233349_2156342.jpg


c0233349_6443587.jpg



オリンピックも何だかいたましい・・・。
メダルが取れても取れなくとも、一生懸命がつたわっって来ればそれでいい気がする・・・。
by akaiga-bera | 2012-08-01 10:48 | Comments(20)