タグ:ノビタキ ( 130 ) タグの人気記事

いらっしゃい!・・・ノビタキ

c0233349_09370111.jpg


桜のピンクから緑の季節に、もう初夏になったのかと思うような暑い日もありました。

今朝はひんやりとして・・・涼しくしのぎやすい。

24節季で今の時期は「穀雨」だそうです。次は「立夏」で、まさに晩春なんですね。

お山の桜も一足遅れで咲き始めていることでしょう。

こんな時季、ノビタキさんは夏羽になってやってきます。

ノビタキさんが訪れると、季節の移ろいを感じます。

まだ旅の途中、子育ての地に無事ついてたくさんのヒナを育ててくださいね。

c0233349_09382921.jpg

c0233349_09374353.jpg

c0233349_09371818.jpg

黄色いノウルシはきれいですけれど、他の植物を駆逐しそうな勢いで繁殖しているようで、少し心配です。
桜草公園でも、ノウルシが桜草の勢いをそいでいるようでした。
ノウルシの場所から帰る途中の堤防にも。
c0233349_09391644.jpg

c0233349_09385920.jpg


「捨てる」ことに慣れていず何でもとっておいてしまっていたので、今になって、大変なことになっている。
まだまだ片付かない。
ずっとそればかりをやっているとストレスがたまるので、気分転換にお買い物や鳥さんに。
途中、2回引っ越しの時はあったけれど、多くの荷物はそのままだった。
半世紀近くの堆積物、そうは簡単には片付かない。
もうしばらく頑張らないと・・・。

安倍内閣の閣僚の劣化が止まらない。
思わず発した言葉はその方の本質を表出したものであることが多い。
翌日、取り消し・謝罪したとしても、一度発したものは元には戻らない。
こんなにも問題の多い閣僚を抱えた内閣が未だもって存在しているということに納得がいかない。
政治家というのは、権力志向とお金と男女のことにしか興味がないのか。
本当に情けなく胸の奥に悲しみが広がる・・・。
このような閣僚たちを抱えた内閣が、いざというとき、私たち国民の命を守ってくれるのだろうか。

一強のおごりか。
森友問題も官邸の横暴なガードと北朝鮮問題で、国民の目先を変えようとしているように思える。
夫人付きの谷さんは、イタリアに栄転ということだ。
ノンキャリに普通はこのような人事はしないとのこと。
安倍夫人が「あなた一人に負わせません」と述べた文を元経産省の職員の方がどういうわけか受け取ったというが、本当にそうだった。
谷さんをしゃべれない状態にしたのだ。
こういうことを通して、夫人が主人からですと渡したという100万の寄付の真実性が確かになっていく。
財務官僚のあまりの答えようも国有地払い下げに首相が深く関わっていたことを裏付けている。
国会に招致すべき人たちがまだまだ多くいるのに・・・。
呼ばないということが政治家の口利きを物語っている。

現内閣の国民にしっかり説明しない姿勢は、TPP、安保法制、特定秘密保護法、それぞれひどいものだと感じていたけれど、今回のテロ等準備罪(中身はテロ等に葉なっていないようなのでこれからは共謀罪としようか)においてもまた同じ。
国会答弁でも金田法相の答えは勉強不足だ。
答弁を聞いていると、エッなんだこれは回答になっていないという場面が多い。
来歴を見ると、一橋大学から財務省の主計局というから官僚の中でも優秀な人だったのだろう。
法案を理解しようと思えば、可能であるだろうに・・・真摯に勉強する姿勢忘れてしまったのだろうか。
まあ、質問者が回答者を選ぶルールも無視して官僚に説明させるなんて・・・あまりに情けない。

安倍さんは、反対者のいないやりやすい政治を目指しているらしい。
●安倍内閣になって官僚の人事は官邸が握ることになった。→官僚も出世をや身の安全を考え、内閣には反対できない。
●日銀人事も安倍さんの意向に添う黒田さん→都合のいいように日銀は独立した機関だと言ってのける。黒田さんが安倍さんの意向に添わなければすぐにもすげ替えられるのだ。
●最高裁判所判事の使命は内閣だ。→安倍さんの意向に添う判決が出されなければこれも時期を待ってかえるのだ。
●国家戦略特区法をよく読むと→超法規的で、例外を限りなく認めることができる。内閣のさじ加減でどうにでもできるそんな中身になっている。この特区法こそ、やりたい放題を可能にする法律。現に安倍さんのお友達加計氏が経営する学園は教育の一大コンツェルンとなっている。
●新安保関連法→憲法に違反してどこにでも戦争に行けるようにした。
●特定秘密保護法→国民に見せないことが公然と可能になった。
●年間35億もの官房機密費→あふれるお金を使ってマスコミ対策等・・・何せ領収書なし・使途も明かさなくていいお金だ。使い切れないお金はどうなるのだろう???
●指導要領の改定→日本の学校を森友学園化しようとしているのかな。銃剣道を教える、道徳を正規科目とする、教育勅語は教材としては可としさらにヒットラーの「我が闘争」もOKとした。
●広告主の意向をくまざるを得ないマスコミにもかなりの圧力、NHKはお金を払っている視聴者じゃなく今や政府の機関のよう。官邸の意向を忖度している。

こうしていろいろな部分から、安倍さんのやりやすい政治が完成されつつある。
安倍さんは、美しい言葉をよく使う。
上滑りだなと感じる。
裏の真実を考えてしまう。
いったい安倍さんは何を目指しているのか。
誰も反対できない政治?

ということは、北朝鮮や中国のような独裁的な国家?
本当に笑えない。
実によく似てきているのだ。

一強を崩し、反対する勢力があってこそ、国の政治は正しい方向を向く。
反対勢力があまりに微弱なために今の状況が続いていくことを恐れる。


by akaiga-bera | 2017-04-21 11:22

ノビタキ・・・また来年!

c0233349_15361906.jpg


渡りの季節ももう最終盤。

少しずつ冬鳥さんの数が増えていきます。

季節の入れ替わりは普通はゆっくりとじわじわと進んでいくのですが、今年はあっという間に冬という感じですね。

のんびりのノビタキさんももう南の越冬地にどんどん到着していることでしょう。

セイタカアワダチソウもこの鮮やかな黄色はありません。

また来年を楽しみに待っていますよ。

c0233349_15333833.jpg


c0233349_15324315.jpg


c0233349_15320761.jpg


c0233349_176036.jpg


c0233349_176209.jpg


c0233349_1763581.jpg




一昨日は日ごろお世話になっている秋ヶ瀬の皆様の写真展に。
力作はそれぞれにすばらしくとても勉強になりました。
大久保耕地にほんの短い時間立ち寄ったアネハヅルを写された方がいらして・・・なんとも羨ましく思いました。
地元に撮影ポイントがあるって本当に幸せ。
それでも日々の探鳥があるから。
アネハヅルとトキさんは一度は写してみたいです。

アメリカが参加しないTPPは発効することはありませんけれど、昨日衆院を通り参議院へ。
もう一度、じっくり議論できる良い機会かと思いましたけれど、衆議院の優越で必ず通るのですよね・・・。
第一次大戦後、国際連盟を推し進めようとしていたアメリカ、議会の反対で連盟に名を連ねることにはなりませんでした。
結果、国際連盟の力はそがれ、世界平和を維持することができなかった・・・。
日本は満州事変後満州国を設立、満州国を独立国家として認めない連盟から脱退する。
その後ドイツも・・・。
大国が参加しないとおのずと力は弱くなる・・・。
TPPもどうなのでしょうか。

久しぶりに見てみた日本国家の借金時計。現在1051兆円。どんどん増えていく。
見ていてその増え方にびっくり。
これは全てツケ、将来の若者への負の遺産となる。

28年度予算では、歳入の35.5%が公債で借金。
家計だったら破たん寸前、なんとかして借金を減らさないと・・・借金して買った家なら売ってしまわないと・・・。
それでも言い値で売れることはない。
借金は残ってしまうだろう。
なんとか手を打たないと・・・。

そんな中、15年度のお金の使い方を調べていた会計検査院が1.2兆円の無駄遣いを指摘しました。
中身を見てみると明らかにこれはといったものもばかり。
とすれば、明らかには無駄には見えないけれど、たぶん使わなくても済むものももっとたくさんありそう。
あの借金時計の進み方を見ていると、お金は大切に使って欲しいなあとつくづく。
by akaiga-bera | 2016-11-12 07:18

ネギ畑のノビタキ・・・

c0233349_91147.jpg




もうだいぶ遠くまで南下していることでしょう。順調に旅を続けているといいですね。

野菜畑も虫さんの宝庫、渡りの途中の食料源を調達するにはもってこいです。

この畑にも6羽全員集合でした。

c0233349_913940.jpg


c0233349_92235.jpg


c0233349_93354.jpg


c0233349_932620.jpg


c0233349_935132.jpg


c0233349_941619.jpg


サイパンレモンの木を移植。
ゆずの時よりも上手に根を残すことができたので、すぐになじんでくれるだろう。」
お庭のポタジェの冬野菜たちも元気に育っている。
セロリ・パセリ・ルッコラ・ピーマン・サラダ用の葉ものなど・・・・ブロッコリーは夏のだけれどまだ十分いただける。
お正月用に三つ葉と春菊を植えてみた、うまくいきますように。
by akaiga-bera | 2016-10-31 13:19

お気に入りのノビタキ遠景・・・

丘陵から見下ろせる町、美しく晴れわたった日でした。





c0233349_22164741.jpg

刈りとり前の黄金色の稲・・・畦の草に。





c0233349_15585001.jpg

稲田に、日本の秋ですね。





c0233349_15583257.jpg

秋深くなった湿原にまだとどまっていました。





c0233349_15581588.jpg

コスモスではちょっと明るく撮ってみました。





c0233349_22402381.jpg

赤そば畑、さびしいですね、来年はありません。虫を咥えてそばに戻りました。



c0233349_08423252.jpg

稲田の隣には、秋の草が、一本だけのガマの穂に。





c0233349_16054639.jpg

ホオジロさん。今年はこの場所水が多く、美しい沼に。





c0233349_09355137.jpg



一昨日、仕事を終えようという時間に一人の若者。
ワンちゃんの散歩がてら、ちょっと寄ってみようかなって・・・と。
「お兄ちゃんがこの春就職したんだけれど・・・今帰ってきてしまっているんだ。」
「そう・・・。」
様子をきいたけれど、何かしら深く傷ついて帰ってきている・・・家から出ないし凄く心配だと。
明るくピアノの好きな男の子で、かなりの腕前で、人前でも臆せずだった。
何があったのだろう。
想像もできない。
高校時代、オーストラリアへも1年留学、初めての地でもすぐになじんで楽しくやって来ていたのに。

家族で温かく包んであげてね、そしてゆっくり休むようにと。
近いうち、飲もうって言ってたと伝えて・・・。

関わっている間、順調だったからといって、ずっとそのままということはないのだ。
色々な障害が次々現れるのが人生だ。
みな悩み苦しみ、なんとかもがいて生きてゆくのだ。
とにかく一度会ってみなくては・・・。

by akaiga-bera | 2016-10-27 06:36

コスモス畑のノビタキ・・・

c0233349_2217655.jpg


まだ、彼岸花が咲いていました。台風で倒れたコスモスも少し復活していましたが、お花は少なくて、残念。

仕方なくできるだけ彼岸花を背景に入れてみました。

ノビタキさんも通過の最盛期は終わったようで少しずつ出遇う頻度は少なくなってきました。

今年もいっぱい色々な風景お花に絡ませて撮ることができ、また来春、北帰行の折に遇えますように。

南の国で、ゆっくり過ごしてまた来てくださいね。

c0233349_22173465.jpg




c0233349_22192972.jpg




c0233349_22194237.jpg




c0233349_22195397.jpg




c0233349_2220986.jpg



昨日は14年前に卒業した若者と新宿で。
彼女とは小学生のころから。まだショートカットのクリクリお目目のイメージで出掛けたのですけれど、現れたのは姿勢のよい素敵な女性。
大学生の時に、一度あっているが、やはり小・中学生の頃のイメージが記憶にはりついているのだ。
大学時代にはじめたタップダンス。
一度お勤めに出たけれど、タップと仕事を両立するのは難しいとタップ一本に。
今はタップの先生として、タップのダンサーとして、貸しスタジオの経営者として・・・そして東日本大震災を機にタップを使った体操でボランティア活動をしていると。
思えば、勉強も真面目にとり組んでいた・・・。楽しそうに日々を過ごしていた。
29歳になりあのころの仲間も多くは結婚したとか・・・彼女は今仕事をさらに充実させたいと思っている、結婚はそのあと・・・と。
いくつかの視点についてサジェストすることはあったけれど・・・色々吸収していきたいという彼女の姿勢はきっと仕事の発展にも役立っていくだろう。
今後、彼女の仕事が続けて順調に進むことを祈りつつ、またねと。





by akaiga-bera | 2016-10-25 06:20

稲田のノビタキ・・・

c0233349_09362153.jpg


いつも帰宅のルートは少し回り道しても田んぼルートを通ります。

何かいないかなあ と。そしてたまには思わぬ出遇いがあったりします。

鳥さんだったり、お友達だったり・・・偶然ってワクワクしますよね。

この時も美しい秋の風景の中をいいわあ~とのんきに流していたのですが、5mほどの路ばたのセイタカアワダチソウにノビタキさんが。

その後は近くには来てくれませんでしたが、日本の秋の風情たっぷりの趣深い景色の中で撮ることができました。出遇いに感謝。


c0233349_09360537.jpg

「はさがけ」も刈り取った後の田も、取り入れの終わっていない田も混在。


c0233349_09351935.jpg



c0233349_09345512.jpg



c0233349_09343935.jpg



c0233349_09342395.jpg



c0233349_09341151.jpg


c0233349_09354458.jpg




鳥取地方の皆様にお見舞い申し上げます。
亡くなった方がでなくて本当によかった・・・。
震度6弱、立っているのも大変だそうです。
早く生活がもとに戻りますよう。

コスモス畑に寄りましたら、「ご自由にどうぞ」と。
もうおわりにに近いようでしたが、まだみられるものを選んで頂いてきました。
今、家の中はコスモスでいっぱい。
コスモスの柔らかさが、やさしさにつながるのかなと思いながら見つめています。

いつ起こるか分からない地震。やはり心の準備をしておく必要がありそうです。
ガソリンもいつも満タンにしておかなければ・・・。お水も食料ももう一度点検しよう。
それにしても日本の住宅は現在の耐震基準でいけば、建物が総崩れになることはないのですね。
津波や原発が被害を広げた原因。
ニュースを聞いていて、すぐに近くの原発は大丈夫だろうかと思うこのごろ・・・ニュースでも必ず取り上げています。
危険なものを抱えていては平常心ではいられないほど頻繁に地震にみまわれる日本、原発に頼らない方法を追求しなければ・・。

厚労省が年金試算で、現役世代の収入に対する年金額が高く算出される計算方式を使っていたことを塩崎厚労相が認めました。
現段階の50%以上といっていた給付額は将来的には割り込む可能性が高くなっていることが露呈。
若い人たちの年金を納めようという意欲にも影響します。
現政権のこういう数字のごまかし、これだけではありません。
こういう数字のごまかしは国民の正確な判断基準を根底から揺るがすもので、国民を欺くものだと思います。
都合の良い数字を平気で提示して言い逃れしようとする姿勢には不信感がつのります。

石原都知事を3期も選び続けた東京都民、しかし今になって石原さんの政治手腕も疑われるところですし、本当に都民のために尽くした知事であったのか、問われています。
一体、何を基準に選び続けたのか、やはり責任の多くは選んだ側にあります。
これは、国政レベルで、反対勢力の必要性を忘れて、自民一強の結果を作り、なんでも通るやりやすい政治を選んでしまった私たちにもつながると思います。


by akaiga-bera | 2016-10-22 10:10

まだいました・・・ノビタキ

c0233349_8461786.jpg

若いズミの木の葉も色づいていました。今年は赤の色がさえない気がしましたが。

そんな低いズミの木にノビタキさんが羽を休めました。虫取りの拠点になっているんですね。

これを撮ったのは少し前なのですけれど、まだいるそうです。

今朝あたりから寒さも本格的になるようで・・・もう旅立つのも時間の問題かもしれません。

冬鳥の到着も例年より少し遅れている気がします。




c0233349_8462940.jpg






c0233349_8464258.jpg






c0233349_8465225.jpg






c0233349_847422.jpg



日本シリーズは広島カープと日本ハム。
新鮮な感じ。
久しぶりに野球見ましょうか。

山本農水相の『強行採決』発言に野党は一斉に反発していますね。
思わず本音を漏らしてしまったのでしょう。
なるべく審議は短く、あまり問題点が噴出しないうちに通してしまいたい自民党。
米国の大統領2候補は双方ともTPPには反対と明らかにしています。
黒塗り資料で、分からないこともたくさんあるTPP、そう急がなくても・・・もう少ししっかり問題点を出し切ってからでも遅くありません。
何のために急ぐのでしょう。
本当に多くの国民の未来のためになるのか・・・広く国民にも知らしめてほしいものです。
安倍さんは衆院特別委で「TPPの今国会承認の民意を得ている」と述べました。
前回の参院選では、消費税が争点でした。すり替えては困ります。

自民党の党首はこれからは3期も可能に。
一人の人が長くトップに立つ弊害を防ぐために期限が切られていたのですよね。
長い間、ずっと引き継がれてきた自らを律するための縛り。
民間の会社でも、転勤や配置換えは恣意的なものではなく、組織のマンネリや不正を防ぐもの・・・。
それを解いてしまったということは・・・・とても危険です。




by akaiga-bera | 2016-10-20 16:40

雑草の中のノビタキ

c0233349_9341831.jpg


虫がいっぱいの草地は格好のえさ場。しっかりしたアカマンマも出撃基地としてはぴったりのようです。

何度も草地に飛び降りたり、別の草に飛び移りながらフライングキャッチをしたりと動きはあるのですが、なかなかそんな動きにはついて行けず・・・飛びものは偶然撮れるものだけになってしまいます。

羽を広げた美しい姿、撮ってみたいです。



c0233349_934356.jpg




c0233349_93451100.jpg




c0233349_935815.jpg




c0233349_9352219.jpg




c0233349_9354078.jpg



柚の木を移植しました。
果たして無事新しい土になじんでくれるでしょうか。
頑張って根を張ってねと祈りつつ土をかけました。
by akaiga-bera | 2016-10-18 17:39

花畑のノビタキ・・・

c0233349_7355383.jpg


他の場所での撮影後に回ったので短時間しかいられませんでした。

今年は白いお花で撮ってみたいと思っていたのですが、そこには全く留まってくれません。

お花の最盛期とノビタキさんがお山から下りてくるタイミング、毎年異なっていて時季を見極めるのが難しいです。

課題を残してシーズンを終えるのも一興かも・・・また来年がんばろうという意欲につながります。

c0233349_7361490.jpg


c0233349_7363468.jpg


c0233349_7365034.jpg


c0233349_737391.jpg


c0233349_7371383.jpg


お花畑の一角にある頑丈なベンチ、ここはお気に入りのようでした。
c0233349_8282693.jpg



細い道の緩いカーブで、すごいスピードで膨らんできた対向車を避けようと少し左にハンドルを切りましたら、左ミラーが電信柱にぶつかって破損、スピードを出していなかったので大きなことにはならなかったのですが、本当に気をつけないといけないと思いました。
すぐディーラーに修理をお願いしたのですが・・・修理が終わって取りにに行くとフロントグラスがクモの巣状態に。
気づかなかったのですが、小石が当たったのではないかと。
結局、こちらの修理もお願いしなくてはならなくなって・・・車が戻りません。
皆様もくれぐれもお気をつけて。

何度尋ねられても憲法審議会でとおっしゃる安倍首相。
逆進性の強い自民草案は、話し合いの場に出ることなく・・・勿論撤回することもなく・・・。
それにしても、あのまま通ったらと思うと・・・本当に心配です。
なぜ国の根幹となる憲法を変えようとするとき、その内容をつまびらかにしないのでしょう。
広く議論を起こし、この国の行く末をみんなで話し合う機運を作ってこそリーダーと言えるのではないでしょうか。
国民のいやがりそうなことは選挙のあとまで実行しない、今回も妻の扶養控除廃止を先送りしました。
消費税のアップも先送り・・・全て政権維持のため。
憲法改正は安倍さんの最もやりたいこと。
『公』を前面に据えた憲法が通ったら、『私』の権利は、大きく狭められないがしろにされることでしょう。
為政者はその方がやりやすい・・・けれど、不自由な空気になることは否めません。


賛否両論ありということですけれど・・・ノーベル文学賞はボブ・ディラン氏に。
私は小説だけが文学とは思っていないので、とてもすばらしいことと受け取っています。
詩人だなあと思わせられた『風に吹かれて』。
朗唱をそのまま膨らませるとあのメロディになる気がしました。
詩の内容につき刺されたようになった青春まっただ中の18歳。
ベトナム戦争もまっただ中でした。

見ないふりして、いつまで顔を背けているのか?
How many times a man turn his head 
Prepending he just doesn’t see?

いくつ耳があったら人々の叫びが聞こえるのか?
How many ears must one man have 
Before he can hear people cry?

どれくらいの多くの死が重なったら人はそのことに気付くのだろうか?
How many deaths will it take  till he knows 
That too many people have died? 

答えは風にふかれている・・・。
The answer is blowin’ in the wind.

これらのフレーズには心を強く動かされた・・・・・。
by akaiga-bera | 2016-10-14 08:26

ススキに・・・ノビタキ

c0233349_1051684.jpg


ススキに留まらないかなあとずっと待ちました。

ススキの近くの桑の木にはずっと入れ替わり立ち替わり留まっていましたので、もしかしたらと。

待った甲斐あって一羽が。そのうち2羽に。

やはりススキは秋の代表格、日本的な趣ある画に少しはなったでしょうか。

c0233349_10512116.jpg


c0233349_10513650.jpg


c0233349_10514952.jpg


c0233349_1052960.jpg


c0233349_10522247.jpg


c0233349_10523950.jpg



日曜日、どうしてもレタスが必要でしたが、お値段を見ると598円、これに消費税を入れたら・・・仰天の値段にすぐ買うのをやめました。
こんな値段ははじめて。
端境期だということだけでなく、ずっとお天気が悪く、農作物の生育もよくないようで、野菜は高騰しています。
新米も20キロだけ精米しておすそ分けしたり。
我が家でも炊きましたらピカピカで甘くて・・・もうご飯そのものがご馳走でした。

アメリカとシリアをめぐり険悪になっているロシア、日本とは今のところ仲よくしておきたいのでしょう。
返還しないかとも思ったのですが、経済的な結びつきを強めたいロシア、もしかしたら4島の7%に過ぎない歯舞・色丹島のみ返す意向なのかもしれませんね。
2島を捨ててもそれ以上の経済的結びつきができれば良しということなのかもしれません。

アメリカの軍事産業、平和であっては儲からない。
危機をあおり、紛争があればあるほどもうかる、武器も使ってらわなければ新しいものは売れない。
「死の商人」とも言われています。
政治を動かすほどの力を持っているのだそうです。

アメリカの軍事産業上位6・・・。
 ①ボーイング    10兆円超える売り上げ・あのオスプレイも。
 ②ユナイテッドテクノロジーズ
 ③ロッキード・マーチン  
 ④ハネウエル・インターナショナル
 ⑤ゼネラルダイナミックス
 ⑥ノースロップ・グラマン 
by akaiga-bera | 2016-10-11 13:37