タグ:チギチ ( 9 ) タグの人気記事

オグロシギ・・・ジャンボです

c0233349_11164310.jpg


ホント、名前の通りですね。

39センチもあるそうな、周りのシギさんより遙かに大きいです。

1羽だけでしたが、タカブシギ・コチドリ・トウネンさんたちと一緒でした。

この後トンボを捕ったんですよ。

もっと小さな水性の生き物を食べているのかと思いましたが・・・。

c0233349_11165667.jpg

c0233349_11171152.jpg

c0233349_11172242.jpg

c0233349_11173251.jpg

お庭のクロッカス、今はもっと見事に。
c0233349_10561525.jpg



雨の後の快晴はすがすがしい。
毎日暑い日ばかり、雨の日ばかりとなれば・・・不平たらたらだけれど。
人は変化をお好みということでしょうか。

今年は、葉ボタンを種から蒔いてみようと思います。
失敗はあるかもですが。

●2015年度末の集計では、全国の私大596校中40.8%の243校が、授業料を含む事業活動収入よりも経費が上回る赤 字経営になっていると。
 その大きな原因は『定員割れ』
 少子化なのに大学が林立するという構造的欠陥に因るものと思われるが、差別化ができず学生に満足度の高い教育ができていな いとなると、ますます学生は集まらない。
 大学のあり方、文部省の補助金のあり方、再考の必要があるように思う
 一方研究費などは削減され続けている。
 
 京大の研究グループによるダウン症が出生前に治療可能になるかも知れないという発表
 胸が熱くなった。
 現実に一刻も早く使えるようになったらと思う。
 こうした研究に是非国のお金を使ってもらいたいと思う。

●管官房長官の記者会見を見ていると、本当に腹が立つ。
 さらに多くの記者たちにも。
 是非、最初から最後までみて聞いてみてください
 え、何だ、こりゃと言う対応ばかり。
 状況を知らない子どもに見せても変だというでしょう。
 安倍政権による国有財産や税金の私物化擁護のための質問封じ・・・真摯に答えてほしいものだ。
  

by akaiga-bera | 2017-09-14 11:17

沼の風景・・・1

c0233349_0203694.jpg


海のない埼玉や群馬県では水辺と言えば沼・湖・川・・・。

水辺ではさまざまな鳥さん達が暮らしていていて、見ているだけでもとても楽しいです。

上は、ここにいるたくさんのオナガガモさんの飛翔。

下はシギさん達、一斉に飛び立つさまはなかなかすてきです。

この日は曇り、でもこんな雰囲気もいいですね。

c0233349_0183342.jpg


c0233349_0185080.jpg


c0233349_019764.jpg


c0233349_019266.jpg


c0233349_0195041.jpg


c0233349_0205250.jpg


c0233349_2318167.jpg


今日は用事で新宿まで。人込みは疲れる。
電車で朝読めなかった新聞をじっくり。
書評に歌集「思川の岸辺」の表題を見つけ興味深く読み入った。
思川は野鳥撮影を始めてから知った川、栃木県を流れる渡良瀬川の支流、渡良瀬遊水地に流れ込む。
すてきな名の思川。
著者小池光さん・・・奥様を失くされた悲しみをうたった歌集とか・・・読んでみよう。
  雪来るをどの木も気づきゐるらしき白鳥に終生の白帰りゆく
  夏になりて水をたくさん飲む猫よのみたまへのみたまへいのちはつづく
到着の遅れていた白鳥さんもやっと来たそうだ・・・。
今季は白鳥をしっかり写したいと思っている。

沼の風景2に続きます。
by akaiga-bera | 2015-11-22 23:07

ダイゼン・・・飛び出し

c0233349_1840744.jpg


私に向かって飛び出したので慌ててあとずさりして撮りました。シギさんの翼は長いですね。

空が青ければきれいな色になったのですが・・・また次はいつとはいえず…やはりお天気がいいのがいちばん。

c0233349_18395039.jpg


c0233349_18235995.jpg


c0233349_1839329.jpg


c0233349_1845184.jpg


c0233349_1865243.jpg


c0233349_185153.jpg


左はシロチドリさん、右は???
c0233349_1854193.jpg



お庭のサザンカがきれいに咲いている。
もう花びらが落ち始めているのもある。
季節はもうなだれ込むように冬へ向かっているようだ・・・。

お腹がいっぱいなので公園を歩いてみた。
キビタキさんのメスやエナガの集団とメジロさんの集団に遇うことができた。
どちらもシジュウカラさんとの混群。
お散歩の常連の方にお聞きすると、小鳥の声が多くなったと。
もうジョウビタキも来ている様子。
もうすぐ遇えるかしら。

友人が旅のスケジュールをまとめてくれている。
いつも「私が勝手に決めていいの?」と聞かれる。
私はどうしても自分で行きたいというところには一人でいく。
友人との旅行は、友人との旅という時間の共有のため。
場所はどこでもいい。
それに自分と視点の違うチョイス、友人をまた深く知る機会でもある。
そしてほとんどいつも友人のセンスに驚かされ満足のいく旅になるのだ。
今度も楽しみ。
by akaiga-bera | 2015-10-25 06:16

ダイゼン・・・飛翔

c0233349_16484283.jpg

胸から腹部にかけて黒い夏羽のダイゼン。今は、冬羽にもなりきれない状態。きれいではありませんけれど。

そういえば、よく似たムナグロさんの夏羽は見たことがありますけれど、ダイゼンさんのはまだ。

たくさんいました。小さいシギやチドリたちは一緒にたむろしていて、何かあると一斉に飛びます。

c0233349_16485633.jpg


c0233349_1649104.jpg


c0233349_16492934.jpg


c0233349_1649511.jpg


c0233349_16501677.jpg


c0233349_16503024.jpg


愛猫陽ちゃんがますます痩せてしまった。
でもまだ歩く元気があるし、ご飯も量は少ないけれど食べてくれる。
やせ細ってしまった陽ちゃんを見るのが切ない。
抱きしめればもっと胸が痛い。
お別れの時期も覚悟しなければならない。

コスモスのピンクとアメジストセージの紫の取り合わせがとてもきれい。
シュウメイギクとのコラボも優しい。

 
軍事アナリストの田岡さんが、「日本に関わる抑止力となるのは横須賀に配備された原子力空母など第7艦隊。尖閣に限らず、島国を守るには、制空権・制海権の確保が重要。上陸作戦専門の海兵隊にその能力はない。よって沖縄の米軍が抑止力になると考えるのは幻想だ。辺野古に限らず米軍が沖縄に駐留する必然性はない。」と。

そもそも中国は世界一大量の米国債券を保有しているし、ドイツの国内総生産と同じの3兆5000億ドルの準備外貨の大半を米金融市場で運用してくれるありがたいお客さんだ。
またアメリカは中国に多くの航空機や自動車を輸出している。
お互いかなり深い付き合いだ。
戦争することは自国の利益を失うことになるのだから、戦争をして得することはない・・・するはずはない。

緊張をあおって軍事費を多くしたいのは、軍需企業。
そうやって自己利益を図るのが軍需産業の公式・・・見落としてはならない。
by akaiga-bera | 2015-10-15 07:17

識別不能・・・タシギ?ジシギ?

c0233349_8102495.jpg

ノビタキさんを撮っていると、何か黒いものが。さっきまでいなかったのに。

左手が休耕田になっていて、草地に水が張られている状態、たぶんこちらにいたのが上がってきたのでしょう。

タシギさんと思って撮っていましたけれど・・・チュウジシギさんにも似ているような・・・結局わかりません。

本当に同定の難しい鳥さんです。

c0233349_8104391.jpg

ノビタキさんが近くに降りても動じません。
c0233349_8105898.jpg


c0233349_8111516.jpg


c0233349_8112818.jpg

翼の内側にも見分けのヒントがあると聞きました。ぼけてますけれど・・・。
c0233349_8114516.jpg



昨日は遠くまで。
晴れて光が強かったせいかな。信州の田んぼの稲の黄金色がまぶしいほど鮮やかにみえて、寒暖の差の激しい場所はお花の色が美しいけれど同じかしら。
お米も美味しいのだろうな、今度はここで新米を買おう。

霧のかかった早朝、少し強めの風の中、澄んだ青空と白い雲そしてまだ緑の山々を見渡した日中、そしてお花畑で過ごした夕刻、ひんやりと流れる冷気にオレンジの夕陽が温かく感じられる。
ブドウとリンゴを大人買いしてお土産に。お安く新鮮。

交通情報を聞くと、高速は渋滞中、そうだ254で帰ってみよう。
高速ができる前は、254か17号18号で行ったものだ。
くねくね曲がる細い道路、やはり高速にすべきだったかと思いながら、ああやはり渋滞のイライラよりはいいかなと思いつつ。
ダーウインが来た!を聞きながら・・・ゾウさんも大変なんだ、体力がなければ再び起き上がることもできず・・・聞いてるだけでも辛い・・・映像が見えなくて良かった。

日本人は「忘れっぽい」と宮台真司さんが書いていた。
ホントにそううなずけるところが多々ある。
忘れたくない、忘れてはならないことがある・

今回の安保法案の可決には様々な問題点がある。
 世論を無視したこと。日本の国民の意見を聞かずアメリカに従ったこと。
 憲法は解釈で変えてないけない重要な国の運営の根幹であるのに、時の政権の恣意で変えられる道筋をつけてしまったこと。
 特定秘密保護法、新労働者派遣法、アベノミクス、TPP問題、報道機関への介入、軽減税率の財務省案など、政府によく大企業によく、大多数の国民にとっては良いとは言えないさまざまな問題への政府のやりかた。
まだまだいっぱい。

法治国家として最低限の憲法遵守。
憲法を声高にしゃべって、攻撃されたらどうするんだという方々もいる。
今回反対に回った人たちもみな日本を大切に思っている、というより日本の人々を守りたいという気持ちは、戦わずして国は守れるのかとアンの賛成に回った方に負けないものを持っていると思う。
私も、力がなくとも、いざというときには体を張るだろう。
一旦ルールを変えれば、何を規範にして、政治は行われていくのか・・・その方向性が危ういからこそ多くの反対があったのではないか。

20~24歳の投票率35%ほど、65~69歳の75%ほど。
次回選挙には若者たちがしっかり自分たちの未来のために投票に行くことから始まると思う。
若者たちの目ざめに期待しよう。

公園のお花達 に続きます。
by akaiga-bera | 2015-09-21 09:55

旅人たち4・・・トウネン

c0233349_11523018.jpg


やはりツンドラの半湿地で夏を過ごしたトウネンさんご一行。大きな群れでの移動もあるらしいですけれど、7羽の集団でした。

家族でしょうか。15センチと書いてありましたので小さいですね。でも餌を食べる時は本当に勢いがよく、人も恐れず近くまでやってきます。

田んぼの反対側の辺に飛んで行きました。
c0233349_11524887.jpg


c0233349_11531071.jpg


c0233349_11532363.jpg


c0233349_11533836.jpg


c0233349_11535319.jpg


c0233349_1154936.jpg



撮りたいと思っていたナツズイセンを撮り損ねて・・・また来季の課題が残りました。
お庭のコスモスが蕾を膨らませていて、もう少しかな。
日中の残暑は相変わらずですが、昨日の夕刻、さわやかな秋風でした。
八重桜にはツツドリさんの大好きな毛虫がいっぱいついていて・・・下は通りたくない心境。

いつか一枚で語れる画像を撮ってみたいものだと思っていますけれど・・・難しい。
漂着したシリア難民の子どもの画像。
多くの人の心に火をつけ、政府を動かしている・・・。
日常の普通の暮らしができない戦争状態・・・平和の大切さをつくづく思う出来事。

これから連日、安保関連法案への抗議行動は続きます。
by akaiga-bera | 2015-09-06 07:48

オオジシギあちこちに・・・北海道にて5

軽井沢・奥日光では姿を見たことがありましたが、一羽や2羽。北の地ではそこここにオオジシギさんのジークジークジジジジという声が聞こえます。

草叢ではあらあそこと思えばもう別の場所へと・・・移動しているのか・・・だとすると障害物のある草叢をすごいスピードで駆け抜けているんですね。でももしかしたら別の個体かしら?

北海道ではちょうど繁殖の時季に出遇ったのか、草地ではこの声の聞こえないところはありません。

留まっている姿もちょっと探すといっぱい。でも多くは電柱や構築物・・・なかなか枝どまりがありません。

近くでの出遇いもあったのですが、気付かれて飛ばれたり、飛んでから気づいたり。

いつかディスプレイの飛翔姿を見てみたい。

c0233349_0164574.jpg


c0233349_0171346.jpg


c0233349_021418.jpg


c0233349_0214190.jpg


c0233349_0234550.jpg


c0233349_0241839.jpg


c0233349_0215941.jpg


c0233349_0221620.jpg


c0233349_0323264.jpg



友人からお野菜を色々いただいた。
旦那様はいつも朝早起きをされて野菜の世話をしているそうな。
みな見事な出来栄え、感謝しつつ、昨夜はインゲンのてんぷらを。
なんとみずみずしく甘かったこと、感激のディナーでした。
「新鮮」それは最高のぜいたく。

緑のカーテン、今年も実質的なゴーヤにしてしまった。
朝顔にすれば良かったかな。
でもチャンプルーやジュースも買ったのよりおいしいし・・・。

お花好きという老夫婦がが越後から戻られたお家。お聞きしていたとおり。この半年で全く変わってしまった。
いつもお花が咲いていてお家が活き活きしている感じにみえる・・・そのお宅の青紫の朝顔、毎朝ゴミ出しの時に、うっとり・・・。
by akaiga-bera | 2014-06-27 07:22

ホウロクシギ…採餌

近くの別の干潟で、大きなシギさんに遇いました。ホウロクシギ…全長62センチ、開翼時は約1メートルも。

c0233349_10344560.jpg


c0233349_1035432.jpg


長い嘴、お邪魔じゃないのかしら? 主に小さなカニを食べるそうですが・・・見てください、びっくりです。

捉えたカニを空中に放り、次に咥えるときはカニの脚をちぎっているんです。それを何回かくりかえし、すっかり胴体だけになったカニを上手に食べます。

鮮やかな嘴捌き。これだけ大きいとよほど食べないと体が維持できないでしょう。ずっと食べてばかりでした。

c0233349_10352538.jpg


c0233349_10354057.jpg


c0233349_10355529.jpg


c0233349_1036934.jpg


c0233349_1044269.jpg



鳥さんもなかなか見つからないので、ずっと潮干狩りの様子を。
砂浜にネットが張られその中にはチケットがないと入れない。さらに入って採ったものはお持ち帰り時、重さに応じてお金をお支払いする。
でもネットの外でもたくさんの方々が・・・。
聞きますと、そちらはお金がかからないそうなのです。
たくさんのサザエをネットにお持ちの方がいらしたので伺うと、潮が引いた後すぐには色々な貝が落ちていると・・・。
お近くの方かと思いましたら・・・埼玉の方でした。皆様良くご存知なんですね。

海を見るとお魚がかなり高くまで大きなジャンプを繰り返しています・・・繁殖のためかなあ。
by akaiga-bera | 2014-04-30 07:04

夕暮れの沼・・・

驚いて飛びだした鳥さん達・・・しばらくしてまたもとの位置に戻ってきました。

c0233349_094584.jpg


c0233349_010754.jpg


c0233349_0102558.jpg


c0233349_011388.jpg


c0233349_0112292.jpg


c0233349_0113977.jpg


c0233349_0115698.jpg

by akaiga-bera | 2013-11-19 06:43