タグ:ケリ ( 12 ) タグの人気記事

ケリ・・・青空で遇いたかった!

c0233349_09093143.jpg


いつか青空で飛ぶ姿を撮ってみたいと思っていますが、田んぼの今は暑くてつい曇りの日を選んでしまいます。

翼を閉じたケリさんは、金色の目が気になるだけで地味に見えるのですけれど、翼を開くと実に美しい。

下の画像のように緑バックか青空バックだと白と黒がとても印象的。美しく撮ってみたいです。
c0233349_09094531.jpg

c0233349_09095833.jpg

c0233349_09100855.jpg

c0233349_09101916.jpg

c0233349_09103929.jpg


部活オフと言うのに今朝も慌ただしく出かけって行った孫娘。
仲間みんなでプールに繰り出すらしい。
孫は一人なのに彼女中心に回っているいるような・・・。
まあ、二度と戻らない青春時代・・・つい甘くなる。

お友達がキツネノカミソリのお花の画像を載せていて・・・あの森かな。
真夏の今は散策する方も少なく、静かな森だった。
春にはたくさんの人々が訪れる場所なのに。
いつも美しい画像をお撮りになるけれど・・・キツネノカミソリもとてもきれいに。
オレンジの群生を思い出しました。

真夏に咲く花、他にもいろいろ。
ムクゲ・ヒマワリ・オミナエシ・ケイトウ・オシロイバナ・センニチソウ・ホトトギスなど・・・。
今家の近くにはテッポウユリが自生して、深くなった緑にさわやかさを演出しています。
百合の中では一番好きかな。

今日のいろいろ

●小池百合子さん。ユリつながりで。 
 市場移転判断のプロセスの議事録はないと。
 密室でその判断が行われたことに対して、情報公開に逆行するのではないかと問われ、いずれ回想録で公開すると。
 自分が決めたからない。自分はAI(人工知能)だからとはなんとも人を食った話。
 都知事選時、都議会自民党をブラックボックスといい、「見える化」透明性の大事なことを訴えていたのは誰でしたか。
 都議会選挙で圧勝してからは、すっかり態度が変わりました。
 非難されそうなことはブラックボックスへ。
 この間の私設秘書に関する質問にはのり弁でした!
 美しい清潔そうな白百合であってほしかったのですけれど・・・。
 
●米国最大の平和団体「ピース アクション」の制作担上級ディレクター マーチンさん
 3度目辺野古へ。
 「こんな美しい海を埋めたてるなんて、米国では考えられない。」
 
 加えて「米軍基地があることで日本はさらに危険になる。」
 「新基地建設には、日本の税金が多く使われている。それを日本国民は知らない。
 米軍基地があるから日本は安全だと言うことにはならない」と。
 
 かえって危険が増すかも・・・・。



 
by akaiga-bera | 2017-08-12 10:37

ケリ・・・家族くつろいで

c0233349_22505494.jpg


少し成長して飛べるようになった幼鳥たちは10羽ほどまとまって田んぼの畦に羽を休めていました。

飛んだ姿はとても美しい。

色合いのはっきりしたのがお父さんやお母さんでしょうか。

2家族かなと思われます。

食事が終わるとゆったりとまとまって過ごしていますが、やはり安全のためでしょうか。
c0233349_22512443.jpg

c0233349_22522707.jpg

c0233349_22524045.jpg

c0233349_22525219.jpg

c0233349_22530842.jpg


昨日は、孫娘のダンスの大会の応援で都内に。
若いって素晴らしいな。
色とりどりの衣装、いろいろ分野の違うダンス、共通しているのは熱気かな。
それぞれたくさんの練習を重ねての舞台。
躍動的に踊る若者たちを見ていて・・・100年・200年前の人たちがこれらを見たらどんなに腰を抜かすだろうと思いました。
この前の映画の時と同じく音響が大きすぎてとても耐えられない。
ティッシュで耳栓を作って当てたままでした。
全国大会出場が決まり、お母さんたちもチームメイトたちも涙涙。
練習の苦しさと衣装作りの困難・部員同士の心のつながりの難しさなど、いろいろ乗り越えてきたのですものね。
一度作った作品も衣装もこの数ヶ月で大進化。
引っ張っていってくれた娘に感謝、一緒に感動しました。

籠池さんご夫婦は逮捕。
もちろん籠池さんが戦前復帰の思想を植え付ける小学校を作ろうとしていたこと。
補助金を不正に取得したことなど、やはり特別な方であることは否めないけれど、少なくとも彼は権力者ではありません。
他の私学、大学から専門学校・幼稚園に至るまで補助金の不正は全くないのか。
今回このようなことが明るみに出た以上、補助金は適正に支給されているかしっかり見直
これは行政の無駄をなくすために是非必要な作業です。
使う側は税金は自分のお金じゃないとの認識があるのかも。
公務員は給与も税金から支払われている、税金を払う国民に目を向けてほしいものです。

籠池夫妻は、大阪地検で黙秘をしているそうです。
質問の中身は、
●国有地の売買で財務省は何を言ったのか。
●補助金をもらう契約書を作るとき業者は何を言ったのか。
●酒井弁護士はどういう話をしたのか。
籠池さんではなく、財務省・業者・弁護士を呼んで聞くべきでしょう。

音声を聞きましたけれど、籠池さんがあれだけ強く出ることができたのは何故?
背後にいる「虎」を財務省も籠池さんも十分に感じていたのでしょう。
しかし、籠池さんが「虎の威」を借りて話を進めたとしても、許認可権はやはり行政側にしかありません。
大阪府は不自然な動きをして森友小学校認可。
財務省は実質200万円で国有地を払い下げました。
国民の財産をいい加減に使ったという点では同じですし、悪事の大きさは行政側の方だと思います。

今回大阪地検が、籠池さんのみをとがめるのであれば、不公平極まりありません。
安倍さんのお友達加計さんは、今治市から37億の土地と建設費の半分96億の補助金をもらい受けました。
加計さんは今治に来て説明することもなく、官邸と同じく逃げ回っています。
そして行政側の文書は捨てられ、関係の人々は人事によって異動させてしまって、何でもありなんですね。
しかし、もうすぐ今治の問題も、まだ手がついていない成田市の国際医療福祉大学の問題も(加計学園と同じ構図らしい)、白日の下にさらされることでしょう。
看過できない問題ですから。

海外の多くのメディアが安倍さんの不正について報道しています。
韓国の朴前大統領以上のスキャンダルとも。
こういう状態で、日本の政府のやること言うことが国際的に評価されるとは思いません。
レイムダック状態の安倍政権は一刻も早く退いてほしい。
政権浮揚のために米国と一緒になって北朝鮮との争いを深めることがないよう、心から祈ります。

内閣改造も、空気を読める人は閣僚にはなりたがらない状態。
もう安倍さんと心中しようという人は少なくなってきています。
自分も不正に荷担している人や利益を受けるために守るべきものがある人のみになってしまいそう。

by akaiga-bera | 2017-08-02 11:24

ケリ・・・ヒナの季節

c0233349_11204652.jpg

この子はまだ飛べません。

おかあさん?が近くで見守っています。

それでも興味の赴くままあっちこっち動き回ります。

他の子どもたちは、もう十分に飛べるらしく、少し離れた場所で10羽ほどで過ごしていました。

農耕用の車が通ると、ヒナは走ってどこかに隠れたらしく、その後見つかりません。

心配なのか何度も鳴いたり飛んだりして探し回ります。

5・6分探してやっと見つかりました。

このくらいのヒナに遇ったのは初めて。どの鳥さんのヒナもかわいい。

c0233349_11210799.jpg

c0233349_11212217.jpg

c0233349_11213889.jpg

c0233349_11215452.jpg

c0233349_11220892.jpg

c0233349_11222257.jpg


今朝、お庭にガビチョウさんが。
さえずりとは異なる警戒音でしょうか。
ポタジェの小さなポールに留まってお庭のテーブルや垣へとあちこち。
そのうちもう一羽。
しばらく過ごして行きました。

早朝、草引きをしようと思っていたら雨。
今、雨が上がりました。
これから1時間ほどやろうかな。

生涯現役を貫かれ105歳で逝かれた日野原重明先生。
本当に素晴らしい方でした。
日野原先生は憲法について
「憲法の目的は、国民の命を安全に保つことであって、憲法に定められた主役は『日本国民』です。
(米国からの)押しつけどころか、私たちの命を武力以外で守る賢い仕組みです。」
と述べられていました。

大正の初めにお生まれの先生の生きた時代の約3分の1は戦争の時代。
先生の青春時代も戦争に彩られていました。
そういう時代を超えていらした方だからこその戦後にできた新憲法への思い・・・大切にしていかなければならないですね。

国民の多くが戦争を経験しない世代になってきた現在、戦争の悲惨さを忘れつつあります。
新憲法は多くの人たちの命の代償として得たもの。
今、戦争を経験しない世代が憲法を変えようとしています。
せっかく多くの血の上に得た財産を捨てる行為、残念です。

時代を経て不都合になってきたという方々もいます。
理想主義で現実に合っていないという方々もいます。
しかし、今世界に山という紛争がある現実を見るとき、理想主義のどこがいけないのでしょうか。
向かうべき人間としての道、恒久平和。
日野原先生がおっしゃられるように『私たちの命を武力以外で守る仕組み』を大切にしていかなければなりません。
争いは次なる争いの火種となります。

安倍政権だけでなく、公明・維新も憲法を変えることに賛成ですが、私は日本国憲法は自信を持って世界に広げて行くべきと考えます。
世界には豊かな国と貧しい国、豊かな人と貧しい人が存在しています。
今日本が一定の豊かさを保っているのは、世界的に見れば富の再分配の多くを得ているからです。
政治的思惑でなく、貧しい国々を助け、生活の困難な人を助け、障害を持つ人々を支えていかなければならないと考えます。

日野原先生のご冥福を心よりお祈りいたします。

安倍政権が過去の政権であれば、とっくに総辞職しているでしょう。
しかし、ここまで来ても、その意志はないようです。
どうしても受け皿を作らないと。

安倍一強と言いますけれど、自民党ってよくまとまっていますよね。
それは思想ではなく『お金』や『権力欲』かなと思います。
民進党は一応お金だけではないようなのですけれど、思想があまりに違う人がごちゃごちゃ。
『権力欲』でひっついているのでしょうかね。
原発賛成、憲法改正賛成の方もいらっしゃる、一つに意見がまとまらないのでは国民に我が党はこうだと言えません。
分党して再出発したら良いと思います。
その方がよほどわかりやすい。

今日は、横浜市長選挙です。
すでに期日前投票で済ましていますが、多くの方に選挙に行ってほしいですね。
晴れてきたので、投票率が上がりますように。
選挙権の歴史を見れば、先人の闘いの歴史ですよね。
大切にしたい一票です。

by akaiga-bera | 2017-07-30 12:23

ケリ・・・冬もいるのですね!

c0233349_07414578.jpg


夏、ケリさんに遇ったところだわと田んぼを見回すと、ほぼ同じ位置に2羽のケリさんを認めました。

子育てが終わったらいなくなってしまうものだと思っていたのですが、留鳥なんですね。

冬枯れた田んぼで採餌中。意外に用心深く、田んぼの細いあぜ道、こわごわ車を進めました。

飛んだり羽を開いたりすると翼の白い部分が素敵なのでしばらく待っては見たものの・・・なかなか。

とうとう諦めてしまいました。



c0233349_07412670.jpg




c0233349_07410816.jpg




c0233349_07404365.jpg




c0233349_07402556.jpg

夏、長い翼を広げたところ。

c0233349_08385587.jpg







農産物直売所でユリのお花がお安いので大人買い。
お仏壇も玄関もリビングも、ユリの香でいっぱい。
冬休みのお仕事も昨夜で終了。
ホッとしたり、感慨深かったり・・・。

ある方から、都庁にできた鳴り物入りの保育施設について電話で。
都民ファーストはいいけれど、本当にそうなの?というお話し。
都庁の保育施設は至れり尽くせり、立派な環境・医療にも食事にも時間にも、そして保育料も、全てが模範的であると。
こんなところに子どもを預けることができたら、どんなに子どもも家族も幸せでしょう。
でも、預けている家庭はほぼ都庁にお勤めの方とか・・・。
その方曰く、都庁の職員の給与はかなりいいのに・・・さらにこういった特典を受けられるなんて・・・不公平が過ぎると言うのである。

私設の保育所に高い保育料を払っている方もいらっしゃるし、公立の保育所もパートで働く女性にとっては高額である。
格差が大きく開いて来ている。
聞いていて然りと。
不公平や格差はいつの世にもないことはないけれど、為政者が格差を助長する政策をとるのは・・・なしにしてほしいものだ。
助長を繰り返して行けば、格差はいつか社会問題となり犯罪の根っことなりうる要素を持っている。


by akaiga-bera | 2017-01-08 07:37

ケリ・・・飛翔

c0233349_6555876.jpg


以前、まだ休耕田が点在していたころ(政府の政策で飼料作物を作ると補助が出るようになってめっきり減ってしまった)、ケリさんは休耕田に巣をつくり、餌はお隣の田んぼからという感じでした。

最近は、水路の脇の草地や農業用道路脇やクロに。

一週ほど前とは違った子育てに適した場所に移動していました。

農作業の方が見えると、みな飛び立ち、私の頭上を通り越えて行きました。

ケリさんは羽を広げると、白が効いてじっとしているときよりずっと美しい、本当は緑田を背景に撮りたかったのですが・・・残念、逆光でした。

お空も青くなかった・・・。でも逆光もまた羽が透けて別の美しさがあると感じました。

c0233349_6561672.jpg


c0233349_6564944.jpg


c0233349_657577.jpg


c0233349_6571945.jpg


c0233349_6573241.jpg


c0233349_6574545.jpg

遠くの田に降りました。
c0233349_6575756.jpg


農産物直売所に生のヤングコーンを見つけた。
お野菜もお安く、帰ってすぐマリネに。
色とりどりのお野菜を切って・・・あら、黒胡椒がない!
いいや山椒で、この前塩ゆで冷凍していたのを。
生姜と鷹の爪も。なんとなく和風になってしまったので月桂樹の葉を加えるのは迷ったけれどエイッと。
元お隣さんにもお届けして冷蔵庫に4瓶も。
時間の経過でそれぞれ違った感じで頂ける。今朝は浅漬け感覚で、おいしかった。

元お隣さんとふいりのススキや縞ススキをずっと探していた。
初夏から夏、少しのお花でもそれを添えるだけで涼感が漂うからだけれど。
田舎の畑から抜いてきたのは、地植えにしたけれどなかなか新しい芽が出ない。
そんなところに見つかった縞ススキ。
なんとなんと350円。
植木鉢から抜き出して、古い包丁で半分分けに。
もちろん、元お隣さん、にっこり大喜び。お値段を言ったら余計に大喜び。お土産ってお金額じゃないもの。

まだ、安倍さんの方が正直なところがある。
それに比べると安倍さんのしたたかさを遥か超える公明党の山口さん、発言にも自信を深めているように見える。
改憲には積極的ではないような印象を受けるが、本当はそうじゃない、下部党員はそれで納得するんだね、こわいな。
自民党の補完勢力の立ち位置はなかなかいい味がするのだろう。

谷亮子さんの自民への鞍替えは立ち消え、もとに。
白紙撤回といえども白紙ではない。
一度の動きで見えってしまった心のうち・・・。
by akaiga-bera | 2016-06-27 07:43

子育ても終わって・・・ケリ

ケリさんの子育て時期は早い、子育てが終わってゆっくりカップルで過ごしているように見えました。

見つけた時は近かったのですが、ごそごそと車の中で準備をしているうちにだんだんだん遠くに。

羽を開いた美しい姿や飛翔する姿を撮りたいと思ったのですが、広い田んぼの一番奥でゆっくりくつろいだまま、動く気配もありません。

一時間ほど粘ってみましたが・・・根負けしました。

c0233349_13364826.jpg


c0233349_1329381.jpg


c0233349_13295030.jpg


c0233349_13301263.jpg


c0233349_13302696.jpg


c0233349_1331427.jpg


c0233349_7411741.jpg


アメジストセージは紫、そこにピンクのシュウメイギクが色を添えてすてきに咲いています。
台風で倒れてアプローチが狭くなってしまったけれど、野趣あふれて趣深い・・・。
しばらくはこのままで・・・。
by akaiga-bera | 2014-10-15 08:02

楽しそう・気持ちよさそう・・・ケリ

この田んぼはとても広く水がいつもたたえられていて、たくさんの水鳥さん達の憩いの場所となっているようです。

近くに「冬水田んぼ」の看板がかかっていました。以前、伊豆沼や蕪栗沼を訪ねたときも、周辺に冬でも水を張られた田ガたくさんあり、渡ってくるカモたちのくつろぎ場になっていました。

聞くところによれば、カモたちの糞は田の栄養分になるそうです。この地域も美しい田園地帯。自然が豊かに残り、地域の皆様も熱心に農業をやってらっしゃる・・・。

ケリさんが10羽ほど集っていました。水浴びをしたり跳ねたり・・・田んぼで見かけるケリさんとは違って、何かうきうきした様子。

安心してくつろげる場所があるということはとても嬉しいことなのでしょうね。それにしてもこのケリさん・・・??? 何してるのでしょうね。

バックの黄色くなった草が気になりました。除草剤がまかれているのですね。

c0233349_10575311.jpg


c0233349_10581211.jpg


c0233349_10582496.jpg


c0233349_10583874.jpg


c0233349_10585380.jpg


c0233349_10591110.jpg


c0233349_10592862.jpg


c0233349_10594025.jpg


c0233349_110914.jpg


c0233349_1102323.jpg



ベランダの日よけのゴーヤが今になって茂って花を咲かせています。
雨と涼しさで元気を取り戻したのかな。
by akaiga-bera | 2013-09-06 08:45

美しい羽・・・ケリ

ケリさんて翼も長く大きな鳥さんですね。一見地味ですけれど、羽を開いて飛ぶ姿は優雅で美しい。なかなか撮れませんが・・・。

この時は、飛びだす寸前、グレーの翼の裏側、やはりきれいな色ですね。とても上品な色合わせの鳥さんだと感じます。

飛んでるところ撮れますように。     近くで見た セイタカシギ若者 続きます。

c0233349_1520012.jpg


c0233349_1520171.jpg


c0233349_15203588.jpg


c0233349_15205491.jpg


c0233349_15213718.jpg


c0233349_15215772.jpg


c0233349_1522172.jpg


c0233349_15225238.jpg


ヒナはアッといまに大ききなって・・カルガモさんの家族が隣の田んぼにいました。
c0233349_15231098.jpg


熱くてやりきれませんねれど・・今日はしっとり雨ですね。
熱い季節の雨は、まさに恵みです。
by akaiga-bera | 2013-07-29 11:13

田んぼでの出遇い・・・

あまり暑いので、田んぼの鳥さん達はいかがでしょう。

水をたたえた田、緑に埋め尽くされた田、日本の初夏は緑一色。

いつか砂漠の国にも行ってみたいと思うけれど、驚くだろうけれど暮らしたいとは思わないだろう。

水と緑、生き物として、最高のぜいたくかな。


いつも少し育った稲の中でも体半分ほども見えるアオサギさん、美しい鳥だけれど、あまりにあちこちにいるので大切にされていないなあ。この画はかわいらしく撮れました。
c0233349_12311713.jpg


c0233349_12314685.jpg


チュウサギさんかな?緑と白、涼しそう。飾り羽がとてもきれい。
c0233349_12331534.jpg


c0233349_12333884.jpg


ケリさんは、もうまとまって行動していますね。早々と子育ては終わったようです。美しい白が見える飛翔姿を撮ってみたいです。
c0233349_1239712.jpg


c0233349_12393670.jpg


アマサギさんも今はもう群れになっていますね。この時は単独のように見えましたが近くに複数いたのかもしれません。
c0233349_12414953.jpg


c0233349_12423052.jpg


6月下旬、日陰にひっそり残っていたシャラ・夏椿、大好き。
c0233349_12425974.jpg


右耳のうしろを何かに刺されたのか、首が堅くなって熱い。
めったに行かないお医者さんだけれど、やはりと。
病院もこの暑さでは患者さん少なくなるのかな、待たずにすみました。
先生、見たのか見てないのか良くわからないほどすばやく、診断して、治療とお薬。
私よりは高齢かなと思えるけれど、まあ、長年の経験で、サッと察知するのでしょう。
経験というのはすごいことだもの。
  
by akaiga-bera | 2013-07-12 14:19 | Comments(6)

実りの季節・・・

日照時間が長い今年のお米はおいしいかもしれませんね。

ここの田んぼは農家の方々の団結力が強いのかいつまでも気持ちよい水がありますね。時期になればお水は入れないのでしょうが、田んぼによってかなり成長の違うこの場所、田んぼは一枚一枚その色を変えています。

そんな田んぼの中、繁殖を終えたスズメさんは今の時期群れをなしていますね。中に今年生まれの幼いのも混じっていて見つけるのが楽しみです。

稲の間から伸びた雑草に留まって秋らしい風情を漂わせてくれます。

c0233349_238528.jpg


c0233349_227467.jpg


c0233349_2391483.jpg


c0233349_2393335.jpg

バンさんも緑の中でくつろいで・・・。幼鳥ももう大きくなっていました。
c0233349_2395868.jpg


c0233349_23103282.jpg

別の畦にもっと小さい子が・・・。
c0233349_9291791.jpg

朝七時半、ミサゴさんが狩場に行く途中かな。
c0233349_23105440.jpg


c0233349_2311999.jpg

帰り、ケリさんが群れていました。
c0233349_23113132.jpg

早朝、まだ若い稲に朝露が・・・。
c0233349_23114618.jpg



親子って似るんですね。
お父さんのごり押ししそうな強そうな風貌と違って、その顔だちから優しい方を考えていました。
いざとなると強いんですね・・・まあ、今までも相当つよかったですけれど・・・。
政治家って・・・分かりません。

K氏ルートで求めてきてくれる梨、今は「豊水」の時期なのですが、小さくて収穫されないでいた「幸水」。
やっと熟して・・・数が少なく普通の販売ルートでは売らないそうなのですが・・・いただきました。
ウマー!!!!!
by akaiga-bera | 2012-09-15 09:38 | Comments(8)