タグ:キビタキ ( 51 ) タグの人気記事

キビタキ・・・サンコウチョウの森で

c0233349_07240056.jpg

新緑は鳥さんやチョウをとてもきれいに演出してくれます。

森の外は明るいので撮りづらいですけれど、このところやっと少し慣れました。

でもやはりうまくいきません。

女の子を追いかけていた♂のキビタキさん、人間を恐れている余裕はなさそうです。
c0233349_07210872.jpg

c0233349_07205208.jpg

c0233349_07202007.jpg

c0233349_07203424.jpg


持ってきた荷物も厳選したはずなのにまだ捨てなければなりません。
大半の衣類は太ったので入りません。
みんなで食べる食事はおいしくて、お料理にも気合いが入るし、お酒も愉しいので量が増えてしまいますし・・・。
これではますます横への成長が激しくなってしまいそうで怖い。

一番時間がかかるのは写真と手紙の整理。
見ると撮ったときの状況が思い出されて・・・。
お手紙を見ると読み込んでしまって、そのときどきの岐路にあって様々な人たちに助けられてきたことを改めて深く思いました。
今は亡き人たちにも、しばらく音信不通になっている方々にも、アドバイス・励まし・檄・協力の申し出・慰めていただいたりと。
わがままで突っ走ってばかりの私を辛抱強く見守ってくださっていた多くの方々に感謝・感謝です。

安倍首相は、昨日ニッポン放送でラジオ番組の収録をして、前川前文科省事務次官に反論しました。
何故在職中に言わなかったのかと言っていたそうですが、言ったことが妥当かどうかは別にして、どうして一部のメディア(それもご用メディアと言われている)だけで語るのでしょう。
前川氏は証人喚問されれば出ますと言っているのに、それに応じないのは与党ですよね。
国会でしっかり言うべきことですしね。

憲法改正についても読売新聞にのみ語り、読売を読むように国会で言っていました。
内閣と国会は切っても切れないものなのに。
現政権の国会軽視は甚だしい。
国会では、官僚の作文ではなく、自分の言葉で語ってください。
そして何より前川氏・昭恵夫人・および首相周辺の数人、佐川理財局長・前理財局長迫田氏など証人喚問すべしと思います。
しない、いやできないのか、すべてが白日の下にさらされれば、規制緩和して岩盤に穴を開けるという威勢のいいスローガンが実際には形だけで、新自由主義とは名ばかりの「縁故主義」だということが分かるでしょう。
途上国で行われている親類縁者・友人知人仲間への利益誘導と同じ。
そしてそのキックバックがまた安倍首相以下に。

共謀罪法案は、昨日の国会で、原発や基地、あるいは様々な反対運動をも取り締まるものだということが明白に。
さらに次の罪は除外されています。
●刑法:特別公務員職権乱用
●国政選挙法:多数人買収および多数人利害誘導
●政治資金規正法:届け出前の政治団体による寄付受け、支出
●政党助成金:偽りその他不正な行為による政党交付金の受交付
もともと対象外となったもの
●有印私文書偽造等、墳墓発掘死体損壊等、収賄
●組織犯罪処罰法(暴力団対象かな)組織的な信用毀損・業務妨害
●金融商品取引法:虚偽有価証券届出書等の提出等
●補助金適正化法:不正の手段による補助金等の交付等
反対の声は準備段階でその心の内まで摘み取ろうとしているのに、政治家はいろいろ優遇ですね。

反対意見が言えてこそ民主主義、反対意見を摘み取ろうとする「共謀罪」法案に反対します。





by akaiga-bera | 2017-06-02 12:12

キビタキ・・・今頃は卵を抱いているかな?

c0233349_02231968.jpg

少し前、お山には山桜が咲いていました。

到着したばかりのキビタキさんが美しい声でさえずっています。

あちこち動き回って・・・まだ住処は決まっていないようでした。
c0233349_02241472.jpg

c0233349_02251366.jpg

c0233349_02245599.jpg

女の子は地味ですけれど愛らしい表情をしますね。
c0233349_02271892.jpg


しばらく出すこともなかった思い出の品たち。
開けてみることもなく、納戸にしまったままだったが、再び残すものを厳選しなければならない。
時期も迫って、結局そのまま持ってきたのだが、箱から出して見るたび、みんなで大笑い。
ああ、こんなことがあったっけ、あら、ここに行ったときは・・・と。
やはりなかなか捨てられない。

衆議院議員の選挙は「小選挙区比例代表並立制」
前回の衆議院選挙の選挙区では自民党の得票率は48%、しかし議席の占有率は76%だった。
各小選挙区では1位しか議員になれない。
だから多くは死票となる。
投票者の意思をしっかり表しているとは言いがたい。
しかし、利点もある。
時の政権が国民を無視すれば・・・そしてそれに国民が気づけばだが・・・容易に変わりうる。
衆院法務委員会での強行採決で思ったことは、国民は選挙で意思を示すしかない。

今、株価は19000円台。
四つの大資金を持つ日銀・GPIF(年金資金)・ゆうちょ・かんぽは、株・国債市場に参入。
政府は政権維持のために高い株価を官・元官を使って維持しようとしている。
しかし、こうした官の介入は市場を混乱させることになる。
なりふり構わぬ介入・・・一旦ことあらば大変な事態を招くことになる。

特定秘密保護法で国民に重要事項は知らせない。
新安保関連法で世界のどこにでも出かけて行って戦争ができる。
内閣による人事権の掌握(官僚・最高裁長官・日銀・NHK会長などなど・・・)によって、自己の不利益になる人事をしない・・イエスマンのみを当てる。
国家戦略特区法で自分の思想や友人知人に有利に。この法律は本当にまやかしだなと思う。内閣のし放題が許される。
ほかにも多々あるけれど、これは皆安倍政権になってから作られたものだ。

そして恐ろしいことに「共謀罪」法案が衆院法務委員会で。
この日、加計学園のことの追求を恐れたのか、安倍さんは法務委に欠席。
森友も加計学園問題も状況的には真っ黒。
「関わっていたなら総理も国会議員も辞める」とおっしゃったのだから、違うなら堂々と皆証人喚問して黒白をはっきりしたらいい。
政治を私的に動かしたことが疑われているのだ。


by akaiga-bera | 2017-05-22 06:27

サンコウチョウ・・・うまく撮れませんでした!

c0233349_20533948.jpg


朝は暗くて皆ぶれていました。

森は静かでしたが、明るくなると、いつの間にかカメラマンも増えて・・・でも一人ではなかなか探すことができませんから、皆さんの目は貴重です。

お世話になりました。

定着してくれればもっと楽に移せるとは思うのですが・・・今年初めての出遇い、遇えたことに感謝です。
c0233349_20522830.jpg

c0233349_20514318.jpg

c0233349_20520163.jpg


きれいなお花、名知らず。
c0233349_20540824.jpg


近くのヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)の花が咲いています。
道路の拡幅工事で心配した木も移植され2年目、今年も雪をいただいたように美しく咲きました。
そして、新居にシンボルツリーとして植えた我が家のナンジャモンジャも清楚な白い花を咲かせていて・・・とてもうれしいです。
今日は2家族で楽しくお食事、カラオケもして・・・なんだかむちゃくちゃ愉しい会でした。
11日は空ちゃんの命日でした。
いろいろ思い出の詰まった場所を離れるのはやはりちょっぴり寂しい・・・。
若者たちがやってくるのでなかなか引っ越し完了というわけにもいかずでした。
それも少し落ち着いたので今月末には引っ越し絶対完了としなければ。

安倍さんにとって北朝鮮問題は大きな助け船になっているようです。
今朝のようにミサイルが発射されたと大騒ぎ、読売は号外まで出したそうな。
30分飛行して日本海に落下と。
ミサイルとしては変、どんな軌道を通ったのでしょうか。
Jアラートも機能しません。

韓国の文大統領は、「憲法を遵守して国の運営に当たる」と述べています。
一方日本の首相安倍さんはどうでしょう。
憲法を変えると。
憲法は国家の犯罪から国民を護ってくれるもの。
今それが危機に。
首相は、憲法を守り、国民のために行動していただかなくてはなりません。
首相の立場、忘れてしまったのでしょうか。

自民党の改憲草案をごらんになっていただければ・・・それがこれから国民を護ってくれるものでないことに容易に気づくことでしょう。
ましてや安倍さんが唐突に言い出した2020年に施行するという安倍案は憲法の精神を踏みにじり、9条を骨抜きにするものです。

今、北朝鮮の脅威で、大きくカーブするかもしれない日本。
しかし、もう一度、戦争の悲惨な体験を繰り返さないと決めたときの心を取り戻すことが大切だと思います。

安倍さんはずっと「戦後レジームからの脱却」と言っています。
何のために?
何も言えない空気を再び作り出す戦前に回帰したいのでしょうか。
祖父の岸信介、戦前満州でどんなことをしていたか・・・ここに書くのもはばかられる・・・絶対人間として許せることじゃありません。

「共謀罪」法案も今週末には衆院を通過させるとのこと。
「共謀罪」が通れば、冗談でなく監視社会に一気になってしまうことでしょう。
憲法改正でも共謀罪でも安倍さんは対案を出せと言っていますけれど、改正自体に反対しているのですから、対案など出す必要はないのではないでしょうか。

今ある憲法および共謀罪のない現段階が対案です。











by akaiga-bera | 2017-05-14 21:59

コサメビタキ

c0233349_0302785.jpg


もうコサメビタキさんも到着していました。

朝夕の冷えはまだ尋常ではありませんけれど・・・小鳥さんたちは強いですね。

c0233349_03040100.jpg


c0233349_0305120.jpg


c0233349_03115.jpg


c0233349_0311291.jpg


キビタキさんも。
c0233349_0314265.jpg

到着したとき、まだ木々はこんなでした。

c0233349_15405461.jpg

c0233349_15413444.jpg


by akaiga-bera | 2017-05-02 06:32

キビタキ・・・渡りの途中

c0233349_10575246.jpg



c0233349_10572533.jpg

c0233349_10570517.jpg

c0233349_10564466.jpg

c0233349_10562539.jpg

受粉した桜は中心が赤くなると、つい先ごろ教えていただきました。とてもきれい。
c0233349_10555384.jpg


数日前の朝日新聞関西版に下記の投稿が掲載されていたそうです。
村上敏明さん、京都府82歳。

「妹に薬飲ませ・・・失った記憶」
 46年春、旧満州(中国北東部)四平で、中国共産党軍と国民党軍は内戦中だった。
父は徴兵されて音信不通。
砲火の中、母子5人で暮らした。
 7月、日本引き上げが決まり、家に日本人会の男性数人が来た。
1歳の妹について「長い旅に耐えられないから殺しなさい」と毒薬を渡された。
母が抱き、小学6年の僕がスプーンで飲ませると死んだ。
その後の幾つも記憶を僕は失った。
後年再会した同窓生によると、その日僕は泣きながら毒を飲ませた様子を話したらしい。
 心身共に不調だった母が荷車に横たわっていたのは覚えている。
弟2人と共に貨物列車に乗せた。
引き揚げ船出発地の葫蘆島に到着。
処方された薬を母は飲んでいたがある日、僕は別の粉薬を医師から渡された。
僕が飲ませると、母は泡を吹いて死んでしまった。
ぼうぜんとした僕。
通夜で弟2人と僕は黙り込んだ。

 8月3人で父母のふる里、京都へ。
祖母の懐に飛び込んだが、上の弟はすぐに病死した。
 
 今75歳の弟と私。
安保法制や、昔の治安維持法を想起させる「共謀罪」法案に反対だ。
「誰の子どもも殺させない。いつまでも平和を」と声を上げ続けている。


末尾の赤の部分は、関東版に載せられるとき削除されていた。
何故この部分は削除されたのか、聞いてみたい。
ツイッターで取り上げていらした方も、村上さんは単に思い出話を書いたわけではないと。
前段の悲しいつらい悲惨な過去があるからこそ、2度と繰り返してはならないと強く心に誓って行動されているのだ。
新聞社がこうして自己規制していくことこそ、真実が伝わらない原因だ。
太平洋戦争に至る過程、戦時下、ずっと報道機関はご用新聞となって、マスコミ本来の任務を忘れた。
結果、国民は判断の材料を与えられず戦争を続けることになったのだ。
「知る」権利が重要なのはそこにある。
by akaiga-bera | 2017-04-23 12:26

小さな林で・・・キビタキ♀・コゲラ

c0233349_9585151.jpg


渡りの途中、お立ち寄りしてくれる鳥さん達に出遇うのは本当にうれしいですね。

羽を休めたとて短期間のことですから、幸運の神様のなせる業です。

キビタキさんはカップルでしたが、♂はなかなか姿を見せません。

もう遥か遠くまで行っていることでしょうね。




c0233349_952318.jpg






c0233349_952327.jpg






c0233349_9524242.jpg



コゲラさんにも久しぶりでした。

c0233349_95341.jpg





c0233349_9532121.jpg






c0233349_9533972.jpg






c0233349_9535091.jpg


昨日は朝晴れていたのに昼ころには雨が。
秋の天気は本当に変わりやすい。

昨夜の日本シリーズ、最後の方しか見られなかったけれど目の離せない面白い試合だった。


小冊子に月1回連載されている諏訪哲史さんの文。今回も読みごたえがあった。

「どうも変だ」の自覚
 宮沢賢治の『注文の多い料理店』では2人の狩人が山中の『山猫軒』でなぜか靴を脱がされ眼鏡や尖った金属を外させられ、牛乳のクリームを顔に塗らされ酢を頭にかけさせられる。
最後は『さあさあおなかにおはいりください』。
指示がある度にどうも変だなと訝しむ2人を僕らは笑うが、実はいま、これと同じ境遇にあるのが我々日本人である。

 「絆を重んじ助け合うべし」「国を愛すべし」「国歌を歌うべし」。
人々は「じゃあ、そうしようか」と従うが、「歌っているかどうか口元を見ているぞ」という話を聞くとどうも変な気がする。
「文系よりも理系の学部を優遇すべし」という方針も「発明をして国家に資せよ」かと思うと人と、「国家は文学や思想を邪魔なものとして煩がっているのか」と奇妙に思う人もいる。
 
 戦争への筋書きからいえば次は報道の統制だが、これはマスコミの自主的委縮という形で既に進行中だ。
筆鋒鋭い学者やジャーナリストらが次第に活動の場を失ってゆく。
場を持っている媒体が政権との確執を面倒がるのだ。
委縮は読者を置き去りにして、問答無用で行われる。  中略

 時代の悪い趨勢を敏感に感じ取り、国からの注文を「どうも変だ」と自覚でき、そして「これはおかしい」と声を上げられる人々が日本には大勢いる。
僕らはいま100年後に著される21世紀戦争史の中盤、民が国から批判意思を奪われ、無思想を奨励され、世界でなく「国」を愛させられる個所を読んでいる。
料理店でいえば、狩人たちがどうも変だと思いつつ耳にまでクリームを塗らされている箇所だ。
その愚かさを自覚する人々の理性だけが未来の戦争史を破棄できる。
戦争が口を開けて僕らを待っている。


 




by akaiga-bera | 2016-10-26 06:59

キビタキ・・・・渡りの途中

c0233349_00152801.jpg


何よりも嬉しいのはこの林があたたかいこと。

地元の方はみな親切で優しく、鳥さんに遇えなくても、楽しいこと。

いつも感謝しながら撮らせていただいています。

♀はすぐに見つかったのですけれど♂はなかなか・・・この時もご自分が撮られる前に教えてくださいました。

おかげで美しい山吹色の♂に遇うことが叶いました。

旅の途中のキビタキさんカップル、たくさん食べて元気に旅を続けてくださいね。



c0233349_00150721.jpg



c0233349_00145290.jpg



c0233349_00142144.jpg



c0233349_00140384.jpg



c0233349_00134534.jpg


季節を間違えてしまったエゴの花、今年は何か変ですもの・・・。


c0233349_00132240.jpg


サッカーW杯予選、イラク戦、アディショナルタイムでの得点、本当に嬉しい勝利でした。
やはり最後まであきらめてはいけないのですね。

石原さんが聞きとりには出向けないとか、高齢で体調が悪いから、文書でとのこと。
やはり、話すことのできない、言質を取られたら困ることが存在していたのでしょう。
それにしても盛り土しないで浮いた100億円はどういうことになっているのでしょうか。
遡れば、危ない土地を、危ないまま買い込んだのはなぜでしょう。

昨日の参議院予算委員会。
共産党の小池さんが白紙領収書の件で稲田防衛大臣に質問。
政治資金パーティーに出た際に白紙の領収書をもらってそれに同一人が金額も書き込んで政治資金報告書に添付しているのはおかしいと聞きますと、祝儀袋を開けているとパーティーが円滑に始められないので、相手から信託されて書き込んでいるから問題ないとの答え。
菅官房長官もにも同じものがありますよねと続けて小池さん。
答弁に立った菅さん、稲田さんと同じ答えでした。
所管の高市総務大臣にこのことは政治資金規正法に違反してはいませんかと問うと、同じ理由で問題ないとの答え。
小池さんはすかさず高市総務大臣も同じことをしていますと。
それにしても数多ある領収書から同じ筆跡だと鑑定しての作業、大変だと思いますけれど、調査能力凄いですね。

お三方とも領収書の金額はしっかり間違いないように書いているからと言い切る・・・。
でも聞いていれば分かります・・・白紙の領収書はお金を産む打ち出の小づちとなっているようです。
こういうことが当たり前のように行われている・・・政治家がお金持ちになるわけだ。
それより、こういう論理展開で、法に触れないと言いきれる姿勢は安倍さんそっくり、怪しいことを何の間違いもないかのようにいうことができる神経に驚きます。
ボスが率先してやっているのですからその他の閣僚も同じでしょう。
富山市議会の件もみな氷山の一角でしかないのだなあと感じながら聞いた昨日の予算委員会でした。









by akaiga-bera | 2016-10-07 06:10

お山の出遇い・・・キビタキ母子・ヒガラ・ホオジロ

c0233349_10173651.jpg


c0233349_10181310.jpg


たくさんのカラ類がやって来るのですが、意外に分かりません。

特に今の時季、子どもたちもデビューして、その生育の段階もそれぞれ異なるので、本当に難しい。

まあ、とにかくたくさんの鳥さんに遇えるのは嬉しいことです。

キビタキさんの母子が一緒に留まりました。

何か言い聞かせているような様子、まだ見守っているのでしょうね。


キビタキさんの♀でしょうか。
c0233349_10543027.jpg


ヒガラさんの若者かな?
c0233349_10154232.jpg


c0233349_10155947.jpg

コサメビタキでしょうか、やはりキビタキ???これもはっきりは分かりません。
c0233349_10131456.jpg

ホオジロさんの幼鳥かな。
c0233349_10241819.jpg


今は雨が激しく降っている。
このあと午後には東北に上陸日本海に抜けるらしい台風10号。
迷走の上、上陸、あまりうれしくないなあ。
ずっと雨に見舞われている東北・北海道、被害が広がりませんよう。

先ほど大雨の中、雲が薄いのか、太陽の光が差し込んでとても明るかった。
よしず越しにニガウリが大きくなっているのが見えるけれど、まあ今日の午後には抜けるのだからそれからにしよう。

8月15日に解散したシールズ。
安保法案反対を掲げて立ちあがった組織。
解散したことに批判的な人たちもいるけれど、私は良しと思う。
基本、学生はまだ親のすねをかじっているのだし、これから社会に出て、あるいは大学院に進みまた違った視点が生まれるかもしれない。

ずっと渦中にいると見えないこともあるから・・・。
一度立ち止まっての総括は重要だ。
若者じゃないとできないこともあるし、若者にはできないこともある。
ただ、自分がこの国の未来を担わなければなないという自覚は必要と思う。

若い時、ぜったい自分は正しいと信じていた。
しかし、時を経て、妥協することで違った人生もあったなとは思う。
でもそれは後悔ではない。
別の人生は考えられないし、やらなかったことを後悔するよりやったことを総括し次につなげる方がずっとましだ。
今は・・・怖いものがないという意味では、学生時代と同じかな。
やり残したことをあの世で悔いないためにもやっておくべきことがあるようだ。

奥田さんの『民主主義に観客席はない』とのフレーズに。
考える若者は名言をはくのだなあと感心。
観客席に座っていたのでは自由と平和は守れない。
彼らが別のステージで、主体となって優しい平和な社会をつくる担い手になってくれることを祈ろう。
by akaiga-bera | 2016-08-30 10:54

湿原の出遇い・・・キビタキ

c0233349_13331127.jpg


湿原脇の小径に入って最初に遇ったのはキビタキさんでした。

まだ囀っています。あらあら、まだお嫁さんが見つからないの?急がないと・・・お山の秋は早いからね。

近くの枝をあちこちと。もう時間がありませんものね。

c0233349_13332741.jpg


c0233349_13334083.jpg


c0233349_13335277.jpg


c0233349_17314261.jpg


c0233349_1732260.jpg

ヤマオダマキ・・黄色の部分 灯りをともしたよう。
c0233349_13342860.jpg



甥がお盆で帰って来ていて、一年前から仙台に移動したと。
あら、古巣に帰って、勝手知ったるじゃない?
学生時代7年も過ごした地・・・でも震災前とはちょっと違うと感じる・・・何だか病み上がりの人のようだと。
時間を経過した今でも、やはり元に戻るのは難しいようだ。
そして・・・直接津波の被害に遭った海岸線の町々とそうでなかった地域には大きな差が・・・。
災害の多くは局地的であったりするので、被害を受けた人たちとそうでなかった人たちに大きな違いがあるようだ。
引き続き応援が必要だと。

82歳と言えば、普通の家庭なら、もう完全に一線からは引いて、隠居という年齢だろう。
60じゃまだ青いと言われる政治家だって82歳は高齢だ。
生まれたときから、日本で一人だけの特殊な立場でいらして、常に衆目を集め、国民のために少しでも力になればとずっと過ごしていらした天皇。
もうお休みいただいていいように思う。
そして残りの人生は、好きなところに旅をしゆっくりした時間を過ごされて欲しいものだ。
どうか、先にも政治利用されることのない法律改正が速やかになされて、もう残り少ない時間を十分に楽しんで頂けたらと思う。
ここ数年は、平和への祈りを続けていらした・・・。
象徴天皇となった戦後の天皇・・・究極の公務員かもしれないと感じる。
by akaiga-bera | 2016-07-15 08:54

湿原の出遇い・・・ニュウナイスズメ・アオジ

c0233349_13232186.jpg

せせらぎの対岸で10数羽のニュウナイスズメさんがお食事中。群れの様子から子どもたちも混じっている様子でした。
c0233349_13234085.jpg


c0233349_13235662.jpg


c0233349_13241364.jpg

ウグイスカグラの赤い実、大好物のようです。一つおすそ分け頂いたら・・・甘かった・・・。
c0233349_13243219.jpg

アオジさん、目の前を飛んで、まだ朝露をいっぱい含んだズミの木々をバックに歌い始めました。
c0233349_1325311.jpg


c0233349_13253516.jpg


c0233349_1326412.jpg

ワタスゲがまだ。
c0233349_13261794.jpg



改憲勢力が3分の2を越えた。
新聞によれば、今回の選挙で憲法を基準に投票した人は1割とか。
多くの人はそれ以外の理由で決めている・・・。
自民・公明は、選挙中、ほとんど改憲に触れることはなかった。

問われれば、自民党はすでに新しい憲法草案を提示しており・・・という。
保険や何やらの契約のように細かい字で難しい言葉が羅列されてるのを多くの人が隅から隅まで読まないように、自民の憲法草案も同じだ。
真に国民のためを思うなら、ここはこのように違う・・・そしてそれはこれこれかくかくの考え方によると説明していくべきだ。
読まない国民が、勉強しない国民が悪いと言わんばかりだ。

今朝の毎日社説・・・。
・・・自主憲法か絶対護憲か、という55年体制下の対立を、再び繰り返してはならない。
極端と極端の衝突は国論の分裂を招き、国家を不幸にする。
国民が求めるものは、両者の中間にあるはずだ。
 それには、自民党が復古調の改憲草案を撤回することである。
あの草案には。自由や平等への敬意がない。
憲法に内在する普遍的価値冷笑するなら、そもそも憲法を論じる資格がない。
 
 中略

 広範な合意形成のため、与党と野党第一党が一致しない限り改憲を発議しない、と国民に約束してがどうか。
互いにテーブルにつき、対話と熟議と妥協によって結論を導く・・・・


孫娘が母親に運転中の母親に頼まれスマホでメールを作成するのを見て、驚いてしまった。
母親が口頭で言ってるのとほぼ同時に打てるのだ。
ブラインドタッチで・・・ここまで習熟するにはどんなにたくさんの文字を打ったのかと思うと・・・複雑な気持ち。
その時間を読書にでも使ってほしいけれど・・・思うように運ばない。
by akaiga-bera | 2016-07-11 11:56