タグ:カワセミ ( 24 ) タグの人気記事

桜のお池のカワセミ・・・

c0233349_23020902.jpg


優しいピンクにカワセミブルー、とてもしっくりしますね。

それにしても優しい色の桜は何だか気分をほっこりさせてくれます。

カワセミさんも子育ての時季に。そのうちヒナが青葉の中を飛び交うことでしょう。



c0233349_23071971.jpg




c0233349_23064124.jpg




c0233349_23055114.jpg




c0233349_23043520.jpg




c0233349_23040368.jpg


昨日は、久しぶりに色々な方とお目にかかりれて、嬉しかったです。

しばらく忙しく、ブログの更新は断続的になると思います。




by akaiga-bera | 2017-04-14 10:35

カワセミ・・・背景にレンギョウ

c0233349_20341459.jpg


桜にとまるカワセミさんもきれいですが、この時は予期せずレンギョウのお花が背景に。

ビビッドな色の組み合わせもまたすてき、どこに置いてもカワセミブルーは美しい。

このあと飛びこんだのですけれど、いつものごとく留まりものだけでした。

水面にはきれいな黄とピンクが映っていたのですけれど・・・。



c0233349_20335444.jpg




c0233349_20333046.jpg




c0233349_20330752.jpg




c0233349_20323262.jpg




c0233349_20311544.jpg

大好きなオオシマザクラ。もう弾けむばかり。今頃白い花弁をいっぱいに開いていることでしょう。


c0233349_20315177.jpg



少しでも早くと思っていたのに、諸手続・片付け・お別れ会・撮影と忙しく・・・完全に移れるのは遅れそうだ。
なんとか連休明けには済ませたいと思う。
昨日は、お庭の草取りも。
実が弾けないうちにとらないと・・・また次が大変になる。
たくさんのお花や木を移植したので、混雑を免れた草木は元気にここぞとばかり。
ルッコラと青梗菜のお花がきれいだったけれど、やはり引きぬいた。
白いユウゲショウ、今年は株も大きくなって、もうなくならないくらいたくさんに増えた。
多分、見てから行かれる。

「日本会議」の方々が集まって行われた「憲法改正 誓いの儀式」なるものを見てびっくりしました。
YouTubeで見ることができますので、ぜひ見てみてください。

自民党の草案は甘い、現憲法の柱ともいえる「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」の三原則全てを失くしたいと述べています。
自分の認識がいかに甘いか、反省させられました。
画像は初めて塚本幼稚園の園児たちの画像を見たときと同じ恐ろしさを感じました。

三原則不要とぶちあげる後藤氏の脇にいたのは前文科大臣島村さん。
もう言わずもがな ・・・。
「教育勅語」も教材としては問題ないといい、安倍夫人は私人と言いつつ多くの公費を使い、ハチャメチャな論理展開も恥じない安倍政権。
教育も、司法も、警察も、マスコミも・・・監視と統制に。

戦前、天皇を担いで、自分たちの利益に走った人たちがいた・・・。
しかしそういう人たちを許し、応援した人々も多数いた。
気運がそういう人々の暴走を後押ししたのだ。
しかし、それは国民への教育のなせる技、「教育勅語」は従順な国民をつくるため、国(利益を受ける人々)のために命も投げ出せと子どもたちを教育していたから・・・。
監視社会において『反対』を表明することは家族を巻き込んだり、命がけでもあったのです。
反対の意思表示を怠ったがために、気運は戦争に加担する方向に・・・まっすぐに向いていったのです。

戦争の反省の上に否定されてきた戦前の教育を否定してきた教育を、今根こそぎなくそうする勢力が、今 政権を担っています。
気づかないうちにジワリジワリと。

森友の国有地不当払い下げ問題も大阪府の私学審議会が森友小学校を認可した問題、この二つに働いた政治の力を明るみにしなければなりません。


by akaiga-bera | 2017-04-09 07:58

カワセミ・・・満開の桜に



c0233349_16284362.jpg


桜まつりの提灯もここの毎年の風景のようです。

カワセミさんにはいつもと変わりないようで、池のそこここに現れてはカメラマンを走らせていました。

運よく近くの時もあり、対岸ありと。

ソメイヨシノの淡い色がカワセミさんの美しさを際立たせてくれます。

池畔は他の花々も咲いて・・・春・はるという感じでした。

もしかして花筏に飛びこむカワセミさんもあるのかなと・・・自分の腕も省みず思ったことでした。




c0233349_16291050.jpg





c0233349_16292724.jpg





c0233349_16294324.jpg





c0233349_163032.jpg





c0233349_16302094.jpg




c0233349_21582871.jpg






春の天気は変わりやすいのが常ですけれど・・・昨夜はまさしく春の嵐。
強い風が吹き荒れ、雨もたくさん。
こんなとき、お家のない生き物たちはどう過ごすのかしらと思いました。
雪の日、常緑樹の下で羽を休めている鳥さんを見たことがあります。
それぞれの智恵で生き抜いているのですよね、生き物はみな賢い・・・。


安倍夫人の参院選応援へのお出かけや私的なハワイ旅行にも夫人付が同行しているのだそうです。
夫人は私人といい、谷さんのファックスは行政文書ではないとおっしゃる。
たんなる私人に毎年3000万円近くのお金が支出されているのですね。
夫人が私人と言い切るなら、官邸は公私混同が当たり前になっているのだと考えます。
安倍一強の今、官邸の横暴は漏れ聞こえてくるけれど、正面切って諭す人もいなければ今や自民党内に安倍さんにもの言える派閥もありません。

公明幹部はすっかり官邸の取り巻きになってしまい、少しは意見が違っているように最初は言っても、最終的にはいつも追随。
共謀罪についても、安倍夫妻擁護の数々の発言も・・・。
公明党の下部のお一人お一人はこのような幹部に不満をもたないのかしら?

前の公明党幹事長冬柴さんの長男が、補助金や助成金の申請業務をするコンサルタントをしていて、昨夏、安保法案審議中、安倍さんが関西入りした9月4日。
翌日は安倍夫人が塚本幼稚園に講演に出向いた前日ですが。
この息子さんの経営する店で、森友学園と取引があるりそな銀行幹部と安倍さんが会っています。
その後、りそな銀行は森友学園に21億円の融資を決めているのです。
冬柴氏の息子さんが関わっていることもあり、公明は触らないとか・・・。

国交省も震災の復興事業を請け負う会社にたくさん天下りしていた事実にはあきれますね。
繋がりのある元官僚たちが談合の中心になったであろうことが想像されます。
それなのに復興大臣の心のない対応・・・この談合によって多く支払われたであろう復興工事費があったら、自主避難の方たちに少しでも援助すすることができるのではないでしょうか。

文科省も国交省もということは、そのほかの省庁でもあると見るのが自然です。
頭脳明晰な方々が、定年でそのままお仕事をしないのはもったいないかもしれません。
私たちの周りでも再就職される方々は多いのですから、でも、再就職がいけないのではなく、それによって企業が何らかの恩恵を受け、それが税金の無駄使いにつながるということは、許されてはいけないと思います。
by akaiga-bera | 2017-04-07 17:29

カワセミ・・・女の子

c0233349_1543235.jpg


餌取りはけっこう大変らしく何度も失敗していました。

『生きるのは大変だわ』なんて言っているかも。

でもめげないで頑張って飛びこんで小さいけれどぴかぴか光るお魚を咥えて戻ってきました。

(そんないい場面はブレブレでした!!!)

c0233349_15431963.jpg


c0233349_15435767.jpg


c0233349_15441090.jpg


c0233349_15445687.jpg


c0233349_1545945.jpg


c0233349_15452153.jpg



公明党が『共謀罪』法案、提出に賛成との記事。
公明党幹部は与党の蜜の味を味わってしまったのかしら?
平和の党、庶民の味方を標榜する公明党、賛成とは一体どの考えに由来するのかしら?
優しく善良な公明党員はそれで納得するのか。
罪にひっかかるものを減らしてもまだ300もあるのに・・・???
いつか自分たちの首を絞めることになる。

沖縄の基地反対運動をしている人たちや原発反対運動なども対象になる可能性が大きい。
地元の人たちにとっては切実な問題なので抗議行動をしているわけだけれど、政府の判断次第で『テロ等準備罪』に問われかねない。
これらの法律が政府のやりやすい政治に繋がり、反対意見を言うのもはばかられる時代が来てはならない。

実家の近くに小さな社がある。
その社は明治時代『秩父事件』のとき、農民たちが集まったところだと聞いたことがある。
多分祖父から聞いたものと思われるけれど、政府のやりように抗議した農民達がそこここで蜂起したのだという。
多分我が先祖も。
どんな時代も・・・より良い生活のために声を上げるべきと思う。

今朝の新聞広告欄に『明治維新という幻想』と『暗闘』という新刊本のPR。
ちょっとそそられた。
図書館に新刊本が供えられるのは少しあと。
本は基本図書館と決めてからは図書館頼みだ。
少し時期遅れにはなるけれど、十分楽しめる。
読みたい本はメモしておいて、訪れたときにパソコンで探す。
電子書籍も考えるけれど、費用面を考えれば、やはり公共施設利用かな。
by akaiga-bera | 2017-01-29 06:26

カワセミのお食事・・・

c0233349_8104670.jpg


獲ったのはドジョウのようです。

6枚にまとめましたけれど、振り回す・打ちつける作業をずいぶん長くやってから、やっと飲み込みました。

もう少し光が欲しかったなあ。いや、やはり技術の問題。

いつか暇な時間が増えたら、カワセミさんをじっくり写してみたい。

ただシャッター圧しているだけではだめなのですよね。

c0233349_811274.jpg


c0233349_8111492.jpg


c0233349_8112743.jpg


c0233349_8114077.jpg


c0233349_8115259.jpg


やっと年賀状を作り終えた。
玄関脇の物入れを片付け始めたのはよいのだが、終わらず。
玄関がものであふれている。
29日まで連日仕事もあるからなかなか終わらない。ため息。

トランプさんがツイッターで、ロシアに対抗して「核戦力強化」すると述べた。
プーチン大統領が国防省高官との協議で「核戦力強化」を打ち出したすぐ後のことだ。
ヨルダン川西側はイスラエル建国によって逃れた人たちが住んでいる。
そこにもイスラエル人の入植はとどまることを知らない。
さらに土地を追われる人々が・・・。憎しみは増すばかり。
オバマさんはそんなイスラエルの姿勢に警鐘を鳴らしていたけれど・・・トランプさんは親イスラエル、強硬派のネタニアフ首相とも仲良しとか。
大使もその考えに沿った人が選ばれた。
中東はさらなる紛争拡大の要素でいっぱい。
西側が後押しするイスラエルは核保有国。
イスラエルには核保有を認めていて対する国々には認めない。
こういった二重基準が当たり前の世界の強国の考え・・・おかしいよね。
やはりトランプさんが大統領になるのは心配。
by akaiga-bera | 2016-12-25 09:17

カワセミ・・・久方の公園で

c0233349_6332671.jpg


明るい池では、水の色が刻々と。風もあったのでさざ波も。

逆光の葦にカワセミさんが来て留まりました。

カワセミさんも風にゆられる葦にゆられて・・・。

c0233349_633582.jpg


c0233349_6341228.jpg


c0233349_6342553.jpg


こちらは暗い池にて。時々飛びこむのですけれど、陰になったりごちゃごちゃの中だったり。
カワセミさんは皆様きれいにお撮りなのでいつもすごい!と見させて頂くのですけれど、自分ではお魚獲ったところとか・・・撮れたことがありません。
まだまだです。
c0233349_634387.jpg


c0233349_634514.jpg


c0233349_6352283.jpg


c0233349_6353696.jpg



閣議で、かけつけ警護可能に。
隣国ケニヤも手を引いた南スーダン、ここ数カ月の間にも大きな戦闘がおこり犠牲者も増え続けている。
国連職員・民間企業やNGOの職員にことあらば駆け付け警護するというものだ。
当然そこは危ない場所となる。
危険リスクは高まるだろう。
政府の出した文書を見たけれど、リスクは軽減されるとあった。

警護を受ける立場の人たちも歓迎の声、かえって刺激して仕事がやりづらくなるなどの声が交錯していると言う。
今や日本は武器を持たず平和に仕事をする国から武器を持った他の先進国と同等にみられる国となった。
南スーダンの人たちの中にも国連そのものに憎悪の感情を持つ人たちもいるという。
国連といえどもその国のどちらの勢力にも手を貸すべきではないと思うけれど、双方に手を差し伸べることは不可能・・・敵対する勢力からはうとまれるのだろう。

口早にとても重要なことをさらっと棒読みした防衛大臣・総理大臣・・・こうして少しずつ武器を持って出ていくことが当たり前になっていく・・・とても不安。
大きな方向転換をした一昨年7月の安保法制の閣議決定。
そして昨年の国会通過・・・そして今、安保法制が大きく動きはじめた。

青森の自衛隊駐屯地の町では不安が広がっているそうだ。
それでも自衛隊員の方々は『税金で暮らしを成り立たせていただいているのだから、危険だからいかないと言うわけにはいかない』と。
なんて健気な・・・税金を私的なことにも使っていた議員や税金だからと平気で無駄遣いしていた役人に聞かせたい。


昨夜のサウジ戦、勝つことができて。本当によかった。
少ししか見ることができなかったけれど・・・お見事。
陣営についてはいろいろ言われているけれど、とにかく勝ち!
ずっと雲で見えなかったりぼやけていたりの十六夜の月。
一昨夜のスーパームーンは見えなかったけれど、みんなの気持ちを表しているように、試合が終わったころに煌々と輝き始めた。

怖いような強風、まだおさまりませんね。
by akaiga-bera | 2016-11-16 10:02

蓮池のカワセミ・・・またしても

c0233349_9522391.jpg


3羽のヒナを連れて時々やってくるカワセミさん、もう少しで子育ても終わりです。

生きていく上には上達しないと困る餌とり、訓練は不可欠、この池がその場になっています。

お花もつぼみもまだいっぱい残っていますけれど、またも留まってはくれませんでした。

ここのお花は日陰の部分も多く涼しいせいかとても長く咲いているように思います。

美しい緑の中で、カワセミブルーはさらにうっとりです。

c0233349_952787.jpg


c0233349_9523741.jpg


c0233349_9525212.jpg


c0233349_953533.jpg


c0233349_9532023.jpg


c0233349_953345.jpg

黄色いカンナ、つる草が勢いよくのびてきています。
c0233349_9534926.jpg



7月はヒナから幼鳥への季節。
たくさんの幼鳥たち、初々しくて惹かれる。


安倍さんはアベノミクスのエンジンをふかすとてさらなる大型予算を発表。
空ぶかしにならなければいいけれど。
日銀も相乗効果を狙って追加緩和を決めたけれど行き詰まり感が大きい。

GPIFの年金資金の運用の状態、参院選が終わってやっと。
見え見えだけれど参院選前には出したくない数字だ。
2015年度は5・3兆円のマイナス、今季4-6月期もマイナスと試算されるという。
こういう話を聞くと、年金から差し引かれる額も年々増加しており、もしかしたらもともとの支給額も減額になるかと・・・杞憂が杞憂に終わらず現実のものになるのかな。

そもそも年金資金を株式市場に入れて株価を押し上げると決めたのは安倍さんだ。
消費税1%で2兆円というから、2.5%の消費税収入分が消えてしまったことになる。
先に8%にアップのときにも、その収入は社会保障費にといっていたにもかかわらず社会保障費に充てられているのはほんのわずかだ。

またまたバラマキ予算で散財、財源は早々見つからない、結局は赤字国債の発行となる。
いくらばらまいてもバラマキのつけは現政権時には表れないだろう。
しかし散財のつけは必ずやってくるのだ。

いくら景気高揚策をふかしても国民が将来の不安を抱えたままでは購買意欲は上がらない。
物が売れなければ物価は下がる。
学校で習うように市場価格は需要と供給のバランスで決まるのだから。

消費税を上げてもそれが将来の不安解消となるような社会保障に充てられなければ解決しないような気がする。
またぞろ、別なところに使われてしまうのかもという疑心暗鬼・・・つまり信用ならないので、みなアップには反対なのだと思う。
使わないという自己防衛しか庶民には方策がない。

甘利さん、検察審議会結果も不起訴相当、秘書は不起訴不当との結果。
多分、秘書が罪を被って、ガス抜きして、幕引きして、シャンシャン。
まあ、政治家はみんなやってるかもだから、起訴相当にしたら、政治家いなくなっちゃうか?
病気療養もうしなくていいのでしょ、すぐに元気なお顔を見せてくれそうだ。
睡眠障害も治りきっとスッキリ笑顔でおでましかな。

石原前都知事、息子陣営側への応援スピーチ・・・何だか劣化しているなあ・・・・。内容なし。
by akaiga-bera | 2016-07-30 11:40

美しいです・・・蓮の花

c0233349_1035935.jpg


内から光を放つような蓮の花。赤いのもいいけれど、この薄紅色が好き。

色々な表情のお花に遇うことができました。

c0233349_1084660.jpg


c0233349_1091852.jpg


c0233349_1094484.jpg


c0233349_1010268.jpg

蓮の花に乗ったカワセミさんを獲りに行きましたのに・・・留まったのは池の脇の木でした。
c0233349_10103056.jpg


c0233349_1011111.jpg


c0233349_10113573.jpg


c0233349_10115298.jpg

草陰で、スズメさん、求愛給餌。
c0233349_10122622.jpg

by akaiga-bera | 2016-07-05 10:17

公園のカワセミ・・・

c0233349_1858158.jpg


久しぶりの出会いでした。ちょうどお食事時だったようです。

何度も何度も水に・・・それでも一枚も撮れません。仕方なく留まりものだけを・・・技術不足!

ちょっと離れていましたけれど、嬉しい距離です。

このところ運がいいのか悪いのか、色々な鳥さんに近すぎています。

c0233349_18573018.jpg


c0233349_18582667.jpg


c0233349_18585211.jpg


c0233349_1859685.jpg


c0233349_1859204.jpg



ラジオ深夜便で「長崎の鐘」と「白い花の咲くとき」を。
「長崎の鐘」は長崎の原爆で家族を失いながらも被曝した人たちのために尽力した永井博士の事をうたったもの。
「白い花・・・」のほうは詳しくは知らないけれど・・・はっと思いだした。
小6の卒業式のあと行われた謝恩会のとき、校長先生がお歌いになった。
きれいな歌だなと。へえー、校長先生、こういう歌が好きなんだ~と印象深く。
そんな謝恩会で、友人とおもしろくもない漫才をやったことも思いだした。
過去にも現在にも心は飛んで、年を重ねるのも悪くはないなあ。

昨日は延期に延期を重ねていた姉妹でのお食事会。
近況を報告し合い、元気で会えてよかったね と。
姉は喜寿を迎えた。若いと思っていた義妹は還暦と・・・みな年をとったものだなあ。
年をとる・・経験を重ねる・・色々な心を体験すること。
みなそれぞれに今充実して健康に過ごしている・・・自分たちを育ててくれた出会いに感謝しつつ・・・。
やはり心の持ちようが大切だねと。

新党大地の鈴木さんのお嬢さん、繰り上げ当選で議員になられたのだが、娘の将来を案じた宗男さんが民主から自民党への鞍替えを直訴したとか。
自民党からの働きかけでなく鈴木サイドから・・・。すぐには色々問題があってできないようだが。
民主のまとまりのなさにはがっかりだけど・・・議員の多くは政治信条を持っているのかなあ。
領地安堵じゃないけれど、自分の身分の方が大事で・・・世のため人のためなんて人はほとんどいないんだなあとつくづく思ってしまう。
結局新しい党を作ったのも自分のため、見えてしまうその心のうち。
勝ち馬に乗る輩、嫌いだね。

多くの議員がいつも自分の懐具合を考えているなんてあっちゃ困るのだけれどそれが現実だ。
儲かる仕事は手離せないということか。
by akaiga-bera | 2016-02-09 09:16

カワセミ・・・市街地の川で

c0233349_10205697.jpg


町中を流れる小さな川にもたくさんの鳥さんたちが住んでいます。カワ瀬見さんは常連ですね。

川下・川上とすごい勢いで行ったり来たり。それでも時々は留まりやすい場所に留まって餌を物色しています。

カワセミさんから鳥さんの世界に入った方がたくさんいらっしゃるのもうなずける美しいカワセミブルー。

獲った魚は枝に叩きつけてから・・・。お魚の気分になるとつらいですけれど・・・・。
c0233349_10212137.jpg


c0233349_10225044.jpg


c0233349_1023831.jpg


c0233349_10233948.jpg


c0233349_10243069.jpg



今日は冬至ですね。
昨夜いただいた柚でゆず湯につかりましょう。
かぼちゃは友人のところからのいただきもの、この日のためにとっておきました。

中国のシェンチェン、残土が崩れてたくさんの方が生き埋めになっているとのこと。
発展をいそぎ、何が大切か忘れてしまっているとしか思えない。
汚職が蔓延している状況、習政権がその取締りに躍起になっているとのこと…いろいろなひずみが大きな事故につながってゆく。
自分が豊かであれば、自分だけが豊かになりたいと思う考え方が根底にある。

日本も今急速に二極化が進みつつある。豊かなものと貧しいもの。
少数の人が富を独占し、あとは食うにも困るという状況が続いていったら、それは豊かな国と言えるのか。
国民が購買力を持たなければ、物価は上がらず、お金も回らないということになり、結局は経済的損失につながるという。
安倍政治は弱者をたくさん作っていく政治と思える。
子育て家庭にも優しくない。
非正規雇用者がもう半分以上になり、若者の貧困化も。
夢を見ろって言ったって夢が見られないのが現実だ。
このつけは今は豊かな人たちにもいずれは回っていく。

参院選に向けてばらまきが始まっている。国の増え続ける借金はいつ返せることになるのか。
社会保障の充実のために使われるはずの消費税もすでに軽減税率導入で1兆3千億円が・・・。
政権維持のためには、孫子のことなど全く考えないのかな。
どうするんだろう???
by akaiga-bera | 2015-12-22 17:55