タグ:カワセミ ( 31 ) タグの人気記事

河畔のカワセミ・・・

c0233349_12554116.jpg


河原は暑いけれど、時々は涼風が吹いて・・・もう風には秋の香りが。

もう子育ては終わったのかな?

夏鳥さんも見つけづらいですし、渡りの途中の鳥さんもまだだし・・・しばらくカワセミさんにお世話になりそう。

c0233349_12555576.jpg



c0233349_1256769.jpg



c0233349_12561891.jpg



c0233349_12563278.jpg


ヨウシュヤマゴボウ。つぶして遊んだね。服汚してしかられましたが。
c0233349_15074223.jpg



今朝は朝から草引き。
その後、教えていただきながら、ネギとジャガイモを植えました。
ジャガイモは12月に収穫できるそうです。
娘からのリクエストで、紅芯大根(輪切りにすると中の紅色がとてもきれい、サラダにいいかな)・サラダ用のいろいろなレタスのお仲間・
小さな大根・にんじん・青菜・青梗菜・春菊などの種を買い込みました。
今月末から来月初めに蒔くつもり。ちょっと楽しみ。

隣のフリーライターを辞めて有機農業に取り組んでいる息子の年齢の青年(もう青年とは言いがたいかな)に作っているお野菜畑を案内してもらいました。
まずは草との闘い。除草剤は使わないので、まさにそれは闘い。
いろいろなものを作っていて興味深かった。
キュウリもナスもにんじんもオクラもピーマンも、夏野菜には違いないのですが、見たこともない色や形の品種があるんだなとびっくり。
「まだお若いからこれからね。」
「大変なので後継者がいないかなと思っているんですが、なかなか。」
「この間、農大卒業したばかりの青年が土地探ししてましたって聞きましたよ。」
「へええ、そんなやついるんですね。」

この仕事が性に合っていると。
ヤマブドウの青い房がかわいかったので、懇意のレストランにテーブルに飾ってとお持ちしたら?季節感があってきっと喜ばれると思いますよ。とつい余計なことを。
儲かるといいのにな。
片腕が見つかるといいのにな。
感じの良いお隣にこれからの家庭菜園が楽しみ。
草取りの後に早速やってきたのはハクセキレイさん。近くには小スズメ軍団、動きが幼くかわいい。

今日のいろいろ

●今治市加計学園獣医学部の建築設計図の全容が流失。
 最先端の研究・教育を刷る獣医学部としてはかなりいい加減な設計のようです。
 このようないかがわしい建物もOKなのかなと失望しまくりですけれど・・・。
 
 今治市民の方がツイートしていたのですけれど、今治の公立の小中学校には空調設備の整っていないところもまだ多くあるらしく、父母に不要の扇風機を使わせてもらえないかとのお願いがこの夏あったとか。
 
 96億円も加計に出すなら一気に全部の学校にエアコンつけられそうですね。

一旦、認可の時期をずらした文科省。
 認可の時期を安倍さんが退いてからにして、加計の理事長も別の人を形だけ立ててその方がマスコミに出るような話もあります。
 なんとしても加計氏を表に出したくないようです。
 よほどの問題点があるのでしょうね。
 これだけ知らぬ存ぜぬとは・・・隠したいことがロッキード事件以上の大きなことだってご本人が認識してるってことかな。
 補助金サギ。
 それを国のトップが応援してしまっているという・・・政治の私物化のツケはこれからずっと後の政権まで引っ張って・・・張本人は知らん顔。
 後始末にたいへんなのだろうなあ。

 それはそうと、約束したのに社会保障に使わないのですから、消費税は元に戻して、今や留保している余裕がある大企業の法人税率も元に戻してほしいなあ。
 無駄な税金があちこちに使われているのだから。

小池さんが特別秘書二人に払っているお金は年間1410万3761円×2。
 ジャーナリストの開示要求の訴えを受け開示しました。
 
 都にも秘書はいるだろうに。
 私的なこともたのめる個人的な秘書と思われるので、自費から支払うのが良いのでは。
 野田数さんと宮地美陽子さん。
 都民ファーストでは、当選した議員たちにSNS等での発信も勝手に取材に答えることも自分の意見を公言することも禁止しています
 これって前時代的言論統制。いくら国政進出のため、エラーを少なくしたい気持ちは分りますけれど・・・やり過ぎは・・・本性見えますもの。

●埼玉県初の夏の甲子園優勝。
 花咲徳栄高校、おめでとうございます

 
 
 
by akaiga-bera | 2017-08-24 16:22

カワセミ親子・・・

c0233349_10214586.jpg

カワセミの子どもがじっと同じ場所に。親がやってくるかなと辛抱強く待っていると、やってきました。

やはりずっと一人にしておくと心配なのか、ご飯の時間だったのか・・・夕刻のことでした。

子どものお腹の部分はオレンジではなく少し茶色を帯びていて地味に見えます。

毎年同じ場所で子育て、育った子どもたちはどこで生活するのでしょう。

近くに餌取りできる場所があるのかも知れません。
c0233349_10220994.jpg

c0233349_10222699.jpg

c0233349_10224379.jpg

c0233349_10230427.jpg

c0233349_10232494.jpg

シモツケはシモツケソウと異なり木です。お花も少し異なります。日陰に咲いていました。
c0233349_10234411.jpg


お天気の悪い日が続き、海の家は閑散としていました。
暑い季節は晴れて暑くないとお仕事も大変。
ここ数日の天気ははっきりしないようで、早くからりと晴れてほしいです。

若者から「帰ってきたよ!」と元気な声。
3月に分かれた中3男子。
「お土産買ってきたけど・・・今は横浜なの?」
しばらく近況報告。
友人たちの様子も。
「20日過ぎに帰るから、そのときお茶しようね!」

かねてからオーストラリアに行くと行っていたのですが、目標もはっきりしていて、夏にはホームステイにと。
高校に行ったら一年留学予定。
だから留学で単位が取れる高校を選ぶという。
そして大学では中国語をを学びたいと。
意志が決まっているというのはすごいことですね、目標に向かって一歩一歩進めています。

今日は「終戦」の日です。
戦争で亡くなられた人々すべてに合掌。

勝っても負けても多くの国民を殺し合い、安心できる日常を人々から奪う戦争、庶民にとって良いことは何もない。
戦争は科学技術を発展させるという方々もいらっしゃるけれど、穏やかな生活を犠牲にした発展なんてどのような意味も見いだすことはできません。
折しも北朝鮮と米国は一触即発のようにもみえます。
しかし、どんなにほじくり出してみても両国が戦争を始める大義名分は見つからない。
日本が米国に協力して北朝鮮を叩く理由も。

河野太郎現外務大臣の父洋平氏、終戦記念日の神奈川新聞のインタビューで安倍さんの外交政策を批判。
「政治とは戦争をしないことだが、安倍政権はその逆をやっている」と、対米追従一辺倒の姿勢に警鐘をならしている。
息子さんも北朝鮮から話し合いの仲介を求められています。
今こそ、河野談話(身内の否を認めるのは勇気がいると思う)があったことがプラスになるときが来ているのです。
私は息子さんは好きではないけれど、好き嫌いの問題ではない、衝突回避に向けて頑張ってほしいですね。

北と米国がお互いミサイルを撃ち合ったときは、今のままでは日本も一緒に戦わなければならなくなる・・・。
北朝鮮は、たとえ核攻撃されても、地上戦になればベトコンのように戦うことでしょう。
米国は第二次大戦後もずっとどこかで戦争をしてきた。
そしてそれは皆勝ちになったわけでもない。
米国のたくさんの若者が死んだのに米国は学ばないのだろうか。

おそらく経済的徴兵制(貧しくて食えないから軍隊に入るしかない)で集められ、単にコマとして命を失う人たちと、戦場にも赴かず戦争をしてもうける産業や人たちがいる・・・つまり命を失う人たちともうける人たちは別だということ。
すべての家族から戦争の死者を出しているわけではない。
米国では命もお金に換算される・・・それが現実だ。
日本も食えない若者が増加している。
平均値では見えない現実。
河野洋平さんが指摘するよう、対米追従外交はやめて、私たちは日本国憲法の精神に則り、戦い好きな国をいさめていかなければならない。

今朝、録画しておいた「本土空襲」を見ました。
昭和19年7月、サイパン島(日本から2400キロ)が陥落すると、B29が本土に。
無条件降伏して8月15日を迎えるまでの11ヶ月間で、ヒロシマ・ナガサキを含め全国66都市が空襲を受け、459564人の命が失われました。
その様子はいろいろな方々が語っていますが、亡くなった方が以外にも怪我をされた方々はこの数倍はいることでしょう。
悲惨な情景が映し出され、目を覆いたいところもありました。
しかし、これが現実。
「本当に戦争なんてやるもんじゃない」

第二次世界大戦で多くの人を失った戦勝国も負けた国も庶民は再び戦争はしたくないと決意したことでしょう。
しかし、その後も戦争は繰り返されています。
誰が戦争を望むのでしょう。
戦争には莫大なお金がかかります。
そのお金は兵器産業や一部の特権的人々の懐に入るのではないでしょうか。
そういう人や産業のために命を差し出す必要はありません。

私は死にたくない。
戦争には行きたくない。
といえる勇気が必要と思います。
決して卑怯ではありません。

稲田さんがまだ野党の時、日本は若者の血を流しても国を守るべきと。
それならまずは自分の子どもたちの命を差し出して!
あなたの命を差し出して!
私はイヤだ!!!



by akaiga-bera | 2017-08-15 10:28

カワセミ・・・求愛給餌1

c0233349_21313424.jpg

しばらく木陰で動かないカワセミさんの♀、もう1度目の子育ては終わって、1羽だけでしたがヒナが元気に動き回ってもう自分で餌取りをするようになっている様子です。

二番子の準備でしょうか。

♂が餌を獲ってくるのをずっとずっとじっと待っていました。

キキキキイーと声がして、♂が同じ枝に。

すぐに♀が受け取るのかと思ったのですが、求愛給餌にもそれなりの駆け引きがあるようでした。

すぐに飛びついてもらうというわけではありません。

これも言葉がなくてもなんとなく想像がつくシーンでした。
c0233349_21264093.jpg

c0233349_21265925.jpg

c0233349_21271741.jpg

c0233349_21273721.jpg

c0233349_21571074.jpg


昨日早朝、真っ赤に朝やけした東の空。
車を出して、見晴らしの良いところに移動すると、燃えるような太陽。
その前日には美しい夕焼け空。
娘から、今迎え火を炊いているけれど、あんまり空がきれいだからと●●が来たんだと思ったと・・・ラインで画像が
送られてきました。
何か神がかりのような空だったのですね。
孫娘からも学校のお庭から虹ときれいな空の画像が・・・。
梅雨が明けたのかもしれません。



by akaiga-bera | 2017-07-16 06:10

カワセミ・・・求愛給餌2

c0233349_21405606.jpg


なんとか短くまとめたのですが、実際にはかなりの時間駆け引きが。

頑張って獲ったお魚、やっともらってもらえそうです。

♂は辛抱強く待っていました。
c0233349_21411177.jpg

c0233349_21412664.jpg

c0233349_21414432.jpg

c0233349_21423796.jpg

優しい色の蓮池ですが、所々に少し赤い古代蓮でしょうか。咲き始めていました。
c0233349_21511282.jpg


ヤイロチョウでお世話になった方から、巣立ちましたよ~とメールが届きました。
厳しい自然の中ではヒナの無事な巣立ちもそうそう簡単にはいきません。
本当に良かった・・・。
ミミズを咥えているのしか撮れませんでしたが・・・かわいい表情の美しい色の鳥さんでした。
感謝。


by akaiga-bera | 2017-07-16 06:09

カワセミ・・・求愛給餌3

c0233349_21584984.jpg

辛抱強く待った甲斐が。

受け取ってもらえました。

♀が受け取るとすぐにどこかに飛んでいってしまいました。

また戻ってくるかもと持ちましたが、撤収まで戻ることはありませんでした。

c0233349_21590471.jpg

c0233349_21591811.jpg

c0233349_21593494.jpg

c0233349_21594370.jpg

c0233349_22001537.jpg


時として、大新聞やテレビなどよりとてつもなく正直なのが週刊誌や夕刊紙。
それは庶民が嗅覚を働かせてクンクンした感覚的な悪への嫌悪感を引っ張り出す力があるように思います。
若い頃、田舎の実家でふすまをの張り替えを手伝っていたとき、下張りに新聞紙が。
見るとなんと明治22年に刊行された新聞。
その文面がとても正直で、断定的に書かれていなくて・・・「~との噂あり」「~と推察される」と。
新聞も今の週刊誌のようだったのかもしれないととても興味深く読みました。

作家の室井佑月さんが、安倍さんは何かあるごとにマスコミ各社の首脳陣と食事会を繰り返し・・・メディアをコントロールしていると批判していました。
今や政権批判をすると、コメンテーターとしての立場を失うかもしれない状況。
女手一人で子育てを頑張っている彼女。応援しないとまた一人いてほしい人がいなくなってしまう・・・・

官邸機密費からでるのかしら?つい2・3日前、安倍さんからごちそうしていただいたメディアの方々です。
●朝日新聞編集委員: 蘇我豪
●毎日新聞特別編集委員:山田孝男
●読売新聞グループ本社論説主幹:小田尚
●BSジャパン社長:石川一郎
●NHK解説副委員長:島田敏男
●日本テレビ報道解説委員長:粕谷賢之
●時事通信特別解説委員:田崎史郎
食事中、どんなことを話したのでしょうか、聞いてみたいものです。
おそらく閉会中審議の報道の仕方に関してでしょうね。

多くの日本人はこういう攻撃には弱い。
ごちそうされたけれど、言うとおりには動きません、心は別ですよなら良いのですが・・・どうも最近の報道機関の対応を見ていると、前川前事務次官のように「面従腹背」はなさそうで・・・。
素直なワンコのよう・・・。ワンコに悪いですね、このたとえ。

安倍さんは、内閣改造で何か変わると思っているのでしょうか。
変わってほしい人は安倍さん自身ですのに。
もう安倍丸は沈みかけています。
一緒に心中しようという人も多くはないでしょう。
それでも大臣のいすと名前は魅力的ですかしら?

安倍さんが閉会中審議に出席するようですけれど、「今度はソフトに行く」そうです。
ついカッとなって激しく答弁してしまったけれど・・・とか。
多くの人が思っているのは答弁のやり方ではなく、隠している真実を白日の下にさらしてほしいということ。
「出る」だけでは今までと同じ。
疑問点を本気で解決する姿勢が見えなければ結局同じように不信感は去りません。。

●今治市が今になって今まで開示していた書類を非開示に。官邸の意向が働いたのですね。
●安倍さん、統一教会と親密。何故隠すのかな。高村さんもどのような団体か知らないなんて言っていました、よくご存じなのに。
●豊中市議の新たな情報開示請求で、森友学園用地のゴミは20000トンではなく200トン未満だった。官僚は嘘をついていましたね。
●佐川前理財局長が文書がない理由を「ファイル自動消去」が働いたそうだが、それはどんな装置か、明白にしてほしい。
●和泉補佐官・杉田官房副長官・加計氏・藤原前内閣府審議官・昭恵夫人・森友学園の前の酒井弁護士、今治市関係者・松井府知事など、関係者を呼ばないと事実の解明はできない。何故呼ばないのでしょうか。
自ら説明責任を果たすと言っていたのですから。
前川発言に対して、前川氏が間違っているとは言っていませんね、ない。記憶にない、承知しないでは解決しません。
自民党議員には、他にもたくさん、政治家として恥ずべきスキャンダルがあります。
本当に緩んでいるんですね。


by akaiga-bera | 2017-07-16 06:08

カワセミ・・・ここの蓮が好き

c0233349_06554773.jpg


近くにはもっとピンクの鮮やかな蓮池もあるのですが、わたくしはこのオフホワイトのお花が好き。

つぼみの先がほんのり赤くて薄紅を引いたよう・・・。

行く度に蓮の池に占める割合が増えているように思います。

繁殖力強いんですね。

カワセミさんは、現在ひなに餌を運んでいるところとか。

そのうち子連れでこの池にやってきます。そのころにはお花ももう少し咲いているかもしれません。
c0233349_06572617.jpg

c0233349_06571203.jpg

c0233349_06564127.jpg

c0233349_06565875.jpg

ネムのお花がきれいでした。
c0233349_07005965.jpg



福岡・大分の方々・・・。
心よりお見舞い申し上げます。
被害の様子が時間を経るごとにひどくなっていって・・・。
明らかに雨の降り方に異常な集中がみられて・・・国同士戦っている場合じゃない。
自然を怒らせてしまっているのかなと。
もう少し地球にやさしくないといけないのかと・・・胸が痛みます。
そう自分もその温暖化の部分を担ってしまっている・・・・。


予定を立てた2回も鳥さんの様子や天候で取りやめに。
他の予定も合わず、一人で遠出することに。
結局一人で夜中運転して現地に。
たくさんのカメラマン・・・お友達は台湾まで行ったけれど会えなかったそうですから…皆様の熱意の程伝わってきます。

もういっぱいの撮影場所。
近くの方のご配慮でわきに入れていただき、何とか念願のヤイロチョウさんに会うことが叶いました。
何度も情報をお聞きしたのにいつも『おおきに』と快く応じてくださった滋賀の方・・・。
現地でどちらに行ったらよいのかわからなかったとき、ご案内してくださった愛知県のお二方・・・。
お隣で楽しいお話を聞かせてくださった関市の方・・・。
こうしてみると、一人では決して成し遂げることができないことも多くの方々のご助力で・・・感謝の気持ちお伝えしきれませんけれど…本当にありがとうございました。

昨夜は七夕。
昨年までは、子供たちと七夕飾りを作ったっけ。
今年はちょっと寂しい。

10日閉会中審議が行われます。
一番出るべき人がいなくて・・・。わずか一日でやるのだとか。
やる気ないのでしょうか。
新たに分かったこともありますのにね。

加計学園の今治の獣医学部新設に関して。
見積もりは加計グループのISD創研。
受注業者は加計さんの知り合いばかり。
相場の2倍の坪単価。
工事は補助金で賄えてしまうくらいのものだそうで・・・一体50億ものお金どこにどう化けているのでしょうか。
政治家や建設業者・加計学園自身に?

維新の片山虎之助代表。
加計学園から名誉博士号や寄付を受けていました。
森友の時の公明の初芝元幹事長の息子さんの件も含め、自民・公明・維新はみな絡んでいるのですね。
ですから安倍さんに協力的ということなのかな。

安倍さんは会見で、いかにも日本が有利に交渉が運んだように言っていますけれど・・・。
残念です。EUに完敗だそうです。
甘利さんが農家との約束を反故にしてTPPの交渉をしたが今度は安倍さんが。
自動車のために農業を売ったともいえます。
ユーロは上がってます!
何よりの証拠。

自民党の国会議員は、このままいけば今度は都議選と同じになってしまうと思いますけれど。
このまま安倍さんを立てて、今度は自分も国会議員を辞めるのかな。
早く中から声を上げてほしい。
臨時国会を開き、安倍さんをはじめとする関連の方々を証人喚問したほうがいい。



by akaiga-bera | 2017-07-08 07:51

カワセミ・・・蓮のお花が咲き始めました

c0233349_06523694.jpg


もうそろそろ蓮のお花の開くころと思って、帰りに立ち寄ってみました。

毎年お会いする方にもお会いできて。

もう少し赤いお花の咲くお池もあるのですが、わたくしは個々の蓮の花が好き。

オフホワイトの中心にほんのり紅をさして…とても素敵。

もう少し開いていてくれるとよかったのですが、開くとカワセミさんは留まりづらいのかお花には止まってくれませんもの…仕方ないかな。
c0233349_06522327.jpg

c0233349_06521258.jpg

c0233349_06513315.jpg

c0233349_06511499.jpg

c0233349_06505909.jpg

c0233349_06502028.jpg

小魚を振り回して蓮のつぼみにぶつけていました。
c0233349_06500550.jpg


もう子育ては終盤とのことです。
2番子のために新しい巣穴をほっているのではということでした。

安倍さんのやってきたことで、福島県民はもっと怒るべきだと思うことがあります。
第一次安倍政権の時、共産党の吉井議員が国会で福島原発の構造的欠陥を指摘していました。
しかし、阿部さんはその時、このように答えています。
『そうならないよう万全の体制を整えています。』

吉井議員は京大で原子力発電について学ばれた方で、福島原発の危険性を丁寧に説明し阿部さんに答弁を求めています。
吉井『冷却に失敗し核燃料棒が焼損した場合の想定をしているのか』
安倍『そうならないよう万全の体制を整えています。』

吉井『原子炉が破損し放射性物質が拡散した場合の被害予測を教えてほしい。』
安倍『そうならないよう万全の体制を整えている。』

吉井『すべての配電施設についてデータ偽造が行われた期間と虚偽報告の経過を教えてほしい。』
安倍『調査・整備等の作業が膨大なものになることから答えるのは困難。』

吉井『これだけのデータ偽造が繰り返されているのに、なぜ国はそうしたことを長期にわたって見逃してきたのか。』

安倍『質問の意図がよくわからないので答えることが困難。とにかくそうならないよう万全の体制を整えている。』

今になってやっと、東電の責任について裁判が。
国策として原発を推進し、県民から心配を訴えられていたにもかかわらず放置して事故を起こした責任は大きいと思います。
『想定外』という言葉で片づけてほしくないと思います。
事故を想定できるからこそ心配で、県民から上がってきた声を国会で吉井議員は訴えたのです。
想定できないとは想定する気持ちがないからと言えるでしょう。
原発を稼働するにあたり、最悪の事態を予想しておくことは絶対に必要です。
安倍政権は、原発事故の折の民主党の対応を非難するけれど、総理自身が言った言葉をお忘れなんでしょうか。

質問があったとき、政府も東電も考え行動すればあの事故は防げたのです。
ですから安倍さんの
『絶対に』
『しっかり』
という言葉を信じられないのです。
『説明責任を果たしたい』
それなら国会を開き、堂々と身の潔白を証明してみてください。

言葉は重いです。
『万全の体制』をとっていたら。

by akaiga-bera | 2017-07-08 06:53

桜のお池のカワセミ・・・

c0233349_23020902.jpg


優しいピンクにカワセミブルー、とてもしっくりしますね。

それにしても優しい色の桜は何だか気分をほっこりさせてくれます。

カワセミさんも子育ての時季に。そのうちヒナが青葉の中を飛び交うことでしょう。



c0233349_23071971.jpg




c0233349_23064124.jpg




c0233349_23055114.jpg




c0233349_23043520.jpg




c0233349_23040368.jpg


昨日は、久しぶりに色々な方とお目にかかりれて、嬉しかったです。

しばらく忙しく、ブログの更新は断続的になると思います。




by akaiga-bera | 2017-04-14 10:35

カワセミ・・・背景にレンギョウ

c0233349_20341459.jpg


桜にとまるカワセミさんもきれいですが、この時は予期せずレンギョウのお花が背景に。

ビビッドな色の組み合わせもまたすてき、どこに置いてもカワセミブルーは美しい。

このあと飛びこんだのですけれど、いつものごとく留まりものだけでした。

水面にはきれいな黄とピンクが映っていたのですけれど・・・。



c0233349_20335444.jpg




c0233349_20333046.jpg




c0233349_20330752.jpg




c0233349_20323262.jpg




c0233349_20311544.jpg

大好きなオオシマザクラ。もう弾けむばかり。今頃白い花弁をいっぱいに開いていることでしょう。


c0233349_20315177.jpg



少しでも早くと思っていたのに、諸手続・片付け・お別れ会・撮影と忙しく・・・完全に移れるのは遅れそうだ。
なんとか連休明けには済ませたいと思う。
昨日は、お庭の草取りも。
実が弾けないうちにとらないと・・・また次が大変になる。
たくさんのお花や木を移植したので、混雑を免れた草木は元気にここぞとばかり。
ルッコラと青梗菜のお花がきれいだったけれど、やはり引きぬいた。
白いユウゲショウ、今年は株も大きくなって、もうなくならないくらいたくさんに増えた。
多分、見てから行かれる。

「日本会議」の方々が集まって行われた「憲法改正 誓いの儀式」なるものを見てびっくりしました。
YouTubeで見ることができますので、ぜひ見てみてください。

自民党の草案は甘い、現憲法の柱ともいえる「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」の三原則全てを失くしたいと述べています。
自分の認識がいかに甘いか、反省させられました。
画像は初めて塚本幼稚園の園児たちの画像を見たときと同じ恐ろしさを感じました。

三原則不要とぶちあげる後藤氏の脇にいたのは前文科大臣島村さん。
もう言わずもがな ・・・。
「教育勅語」も教材としては問題ないといい、安倍夫人は私人と言いつつ多くの公費を使い、ハチャメチャな論理展開も恥じない安倍政権。
教育も、司法も、警察も、マスコミも・・・監視と統制に。

戦前、天皇を担いで、自分たちの利益に走った人たちがいた・・・。
しかしそういう人たちを許し、応援した人々も多数いた。
気運がそういう人々の暴走を後押ししたのだ。
しかし、それは国民への教育のなせる技、「教育勅語」は従順な国民をつくるため、国(利益を受ける人々)のために命も投げ出せと子どもたちを教育していたから・・・。
監視社会において『反対』を表明することは家族を巻き込んだり、命がけでもあったのです。
反対の意思表示を怠ったがために、気運は戦争に加担する方向に・・・まっすぐに向いていったのです。

戦争の反省の上に否定されてきた戦前の教育を否定してきた教育を、今根こそぎなくそうする勢力が、今 政権を担っています。
気づかないうちにジワリジワリと。

森友の国有地不当払い下げ問題も大阪府の私学審議会が森友小学校を認可した問題、この二つに働いた政治の力を明るみにしなければなりません。


by akaiga-bera | 2017-04-09 07:58

カワセミ・・・満開の桜に



c0233349_16284362.jpg


桜まつりの提灯もここの毎年の風景のようです。

カワセミさんにはいつもと変わりないようで、池のそこここに現れてはカメラマンを走らせていました。

運よく近くの時もあり、対岸ありと。

ソメイヨシノの淡い色がカワセミさんの美しさを際立たせてくれます。

池畔は他の花々も咲いて・・・春・はるという感じでした。

もしかして花筏に飛びこむカワセミさんもあるのかなと・・・自分の腕も省みず思ったことでした。




c0233349_16291050.jpg





c0233349_16292724.jpg





c0233349_16294324.jpg





c0233349_163032.jpg





c0233349_16302094.jpg




c0233349_21582871.jpg






春の天気は変わりやすいのが常ですけれど・・・昨夜はまさしく春の嵐。
強い風が吹き荒れ、雨もたくさん。
こんなとき、お家のない生き物たちはどう過ごすのかしらと思いました。
雪の日、常緑樹の下で羽を休めている鳥さんを見たことがあります。
それぞれの智恵で生き抜いているのですよね、生き物はみな賢い・・・。


安倍夫人の参院選応援へのお出かけや私的なハワイ旅行にも夫人付が同行しているのだそうです。
夫人は私人といい、谷さんのファックスは行政文書ではないとおっしゃる。
たんなる私人に毎年3000万円近くのお金が支出されているのですね。
夫人が私人と言い切るなら、官邸は公私混同が当たり前になっているのだと考えます。
安倍一強の今、官邸の横暴は漏れ聞こえてくるけれど、正面切って諭す人もいなければ今や自民党内に安倍さんにもの言える派閥もありません。

公明幹部はすっかり官邸の取り巻きになってしまい、少しは意見が違っているように最初は言っても、最終的にはいつも追随。
共謀罪についても、安倍夫妻擁護の数々の発言も・・・。
公明党の下部のお一人お一人はこのような幹部に不満をもたないのかしら?

前の公明党幹事長冬柴さんの長男が、補助金や助成金の申請業務をするコンサルタントをしていて、昨夏、安保法案審議中、安倍さんが関西入りした9月4日。
翌日は安倍夫人が塚本幼稚園に講演に出向いた前日ですが。
この息子さんの経営する店で、森友学園と取引があるりそな銀行幹部と安倍さんが会っています。
その後、りそな銀行は森友学園に21億円の融資を決めているのです。
冬柴氏の息子さんが関わっていることもあり、公明は触らないとか・・・。

国交省も震災の復興事業を請け負う会社にたくさん天下りしていた事実にはあきれますね。
繋がりのある元官僚たちが談合の中心になったであろうことが想像されます。
それなのに復興大臣の心のない対応・・・この談合によって多く支払われたであろう復興工事費があったら、自主避難の方たちに少しでも援助すすることができるのではないでしょうか。

文科省も国交省もということは、そのほかの省庁でもあると見るのが自然です。
頭脳明晰な方々が、定年でそのままお仕事をしないのはもったいないかもしれません。
私たちの周りでも再就職される方々は多いのですから、でも、再就職がいけないのではなく、それによって企業が何らかの恩恵を受け、それが税金の無駄使いにつながるということは、許されてはいけないと思います。
by akaiga-bera | 2017-04-07 17:29