タグ:カイツブリ ( 17 ) タグの人気記事

ハジロカイツブリ・・・かな?

c0233349_21280620.jpg

朝一番に出遇いました。冬羽ではミミカイツブリさんもよく似ているのですが、多分ハジロカイツブリさんだと思います。

遠くでしたが、待っていると少し近くに。

赤い目が愛らしいですね。この沼は都会ですが自然あふれる場所にあります。

猛禽もやってきますので、豊かな場所なんですね。
c0233349_21281721.jpg

c0233349_21282726.jpg

c0233349_21285095.jpg

c0233349_21332937.jpg

ジュウガツザクラ。コヒガンザクラの園芸種ということです。
桜が大好きというおばあちゃまが植えられたそうで、春には別の桜さんたちに彩られます。
この桜に、ジョウビタキさんの女の子が留まらないかと楽しみに時々みつめています。
c0233349_21290348.jpg


昨日も寒かったけれど、今朝も曇り空の故かとても寒々しい。
こんな日は暖かなお料理が一番。
コーヒーの湯気も温かさを誘う。
最近、ココアをいただくようになった。
はじめは孫娘が飲みたいと言ったのだけれど・・・今は私たちも。

お庭のポタジェのブロッコリーがぐんぐん大きくなっている。
お正月には食べられそうだ。
元気がないのがアサツキ、球根だって初めて知った。
手巻きの時、細いおネギが欲しかったので、植えたのだけれど、肥料が違うのかな、調べないと。

●憲法に「緊急事態条項」を付け加えるとは?
 「緊急事態」とは、国家の緊急時、大災害の時などを想定していると言っているが・・・。
 この条項を付け加えると、法律が憲法を超える力を持つことになる。
 時の政権が、「緊急事態」と判断し、これを発動すれば、憲法が保障する国民の権利はなきものとなる。
 権力者が最もほしがる法律だ。
 ヒトラーも「全権委任法」を制定することに成功し、独裁への道を突き進んだ。
 
 9条に第3項を付け加え、事実上、1・2項をないものにする憲法9条の変更も不安だけれど、「緊急事態条項」の付け加えはもっともっと心
 配。
 一旦、これが発動されれば、時の政権が国会や裁判所を超える力を持つことになり、国民の命や財産は時の政権の恣意的決定に左右され
 る。
 戦前の「国家総動員法」のように、赤紙一枚で招集されるようにもなってしまう、怖い条項。
 今9条にばかり目が行っているけれどこちらの方がよほど怖い。

中国特使が平常へ 
 安倍さんは、今でも制裁の強化を主張し、言うことを聞かないならば武力の行使もというスタンス。
 中国もトランプ米国も、戦争を望んでいない。
 もちろん北朝鮮もだ。
 安倍さんは、丁寧に説明していくと言った自信の言葉さえ反古にし、所信表明でも加計・森友問題に全く触れなかった。
 まあ、15分で国の未来を語ろうというのだから無理があるけれど・・・。
 あまりにずさんな獣医学部を官邸のご意向で認可したこと、いつになったらしっかり説明するのかな。

都段階の公明党、小池都知事との連携は解消するかもという。
 もう風が吹いていないからかな。
 公明党執行部は、権力にすり寄り、一般会員たちの「平和と福祉」への思いを踏みにじるような自民党に手を貸してきた。
 選挙には必ず行って、公明党や公明党の指示する政党・候補者に投票するという一般会員。
 衆議院選での議席6減は、執行部への批判の現れとみていいだろう。
 執行部には大きな痛手になったろう。
 反対がポーズだけでないことを一般の会員のためにも祈りたい。

by akaiga-bera | 2017-11-18 09:31

カイツブリ・・・母子

c0233349_08030605.jpg


曇りの日、農産物直売所に立ち寄ると、池でくつろぐ家族を見つけました。

3羽の子どもたち。お母さんがあっちに行けばあっち、こちらに来ればこっちと、とにかく絶対に離れません。

ずっとお母さんの動きを近くで・・・こんな風にして少しずつ覚えていくのですね。

でも今頃、お母さんがあの子はどこかしらと見つけなければならないほど動きが活発になって親を悩ませているかもしれません。

ここには蛇もたまには猛禽も来るので・・・無事に育ってほしいです。

c0233349_08031730.jpg

c0233349_08033280.jpg

c0233349_08034480.jpg

c0233349_08040099.jpg

c0233349_08025068.jpg

移植したヤブカンゾウにクロアゲハが。顔を埋めたのしか撮れません。
c0233349_10584373.jpg



昨日は、孫娘の高校の野球の応援に。
チア部がないのでダンス部が応援に加わるのが習わしとか。
今年は1年生の入部が多かったようで、応援も力強くなりました。
家族みんなで。
応援しているうちについ夢中になってうちわを傷めてしまい、娘ににらまれてしまいました。
でも一生懸命応援した証拠よと。
汗が噴き出て、ぐしょぐしょ・・・でも爽快。
いい試合でしたが負けてしまい、孫娘の方を見たら、顔をくしゃくしゃにして泣いてました。
はち切れる若さの中でおばあちゃんも少し時間を巻き戻して・・・愉しかった。

今治市は一般会計で九百億円近い借金があるそうです。
これ以上の負債を抱えれば第二の夕張になるやも知れずですのに。
加計学園に無償で36億円の評価額の土地を提供し、さらに工費の約半分の98億円を負担する・・・。
工事を請け負ったのも岡山の業者で、いったい今治市にはどのくらいの益があるというのでしょう?
その今治市が、今まで開示していた文書を非開示に。
官邸の力が働いたとしか思えない態度の変更、「見せない」ために地方にまで官邸の力を及ぼしているのですね。
でももうすでに、見えたものもありますから・・・内閣府との関係・やりとりも次第に明らかになるでしょう。

加計学園は、27・28・29年度と、日本私立学校振興共済から52億円の借金があるそうです。
これは建物の補修などハードの整備に関して貸し付けられるもので、他の用途に使ってはならないとか。
加計学園グループは、多くの学校を抱える教育コンツェルン。
しかし、毎年生徒数は減っていて運営はうまくいっていない、赤字という学校も。
借りれたお金はこれらの学校の赤字の補填に使われているのではないかとも言われています。
この借入金の利息の返済が30年から始まるために、今治の獣医学部新設による補助金や助成金が必要であったのでは?
そのために急いだのでは?

少子化の現在、大学の定員は高校卒業生の数を超えています。
しかし、行きたいという希望は偏っており、しっかりした教育をしていない大学は淘汰されつつあります。
加計学園も補助金や助成金を目当てに地方に進出してみたものの学生は集まらず・・・というわけで自転車操業が続いているのです。
京都産業大学は新たなニーズに対応するよう膨大な資料添えて文科省に書類を提出。
岡山理科大学はたった2枚。
これだけを見ても、総理の力で認可にこぎつけ学部ができたとしても、教育に対する気持ちのが入っていないのですから、今後ずっと素晴らしい人材を輩出し続けることができるかは疑問です。
こういう加計学園に対するえこひいきは良い教育を生み出すことはできず・・・また大きな赤字を生むのではないでしょうか。

もうこの国の税金に群がる企業のあり方は変えて行かなければならないし、そういう企業から多くの献金を受けてたり、裏でお金を受け取ったりという政治は、国の行政のコストアップにつながり、せっかくの税金を無駄遣いしていると言えます。
もう、やめましょう。
いい加減に。


by akaiga-bera | 2017-07-17 12:20

タシギ・カイツブリ・・・

c0233349_2313967.jpg

沼の帰り、田んぼでじっとしているタシギさんに遇いました。

くつろいでいた様子でしたので、お邪魔虫さんな私でした。


c0233349_22123318.jpg


c0233349_23135081.jpg


沼では潜るのもだいぶ上達したカイツブリさんのヒナ。

泳ぎも力強く、遅れをとっていたお母さんにもすぐに追いつけます。

今頃はこんな時期のことは忘れるくらい立派に成長していることでしょう。

c0233349_21313890.jpg


c0233349_21320279.jpg


c0233349_21322389.jpg


c0233349_21324191.jpg


昨日は柚子を収穫しました。
我が家のは大きな柚子ではなくカボスくらいの大きさのものです。
68個、以前に採ったものもあるので80個以上、今年は小さな木なのに大豊作でした。

久しぶりに女子のゴルフを見ました。
若い女性たちの闘いでしたが、とても面白くて・・・見終わってから慌ててお買い物へ。

鳥さんに使わない日曜日。めったにない。
とても寒かったので、少し早いけれどこたつに模様替え・・・安心。


新潟県知事選、原発の再稼働には慎重な新人の米山隆一さん(共産・社民・自由党推薦)が当選。
自民公明の推薦する方を破りました。
鹿児島の三反園知事も原発には慎重姿勢です。
福島の事故をずっと見ていた地元の方々の不安の反映であると思えます。
柏崎刈羽原発は現在7基が停止中で原子力規制委員会が適合を審査中。
知事には原発を止める権限はないそうですが、地元の皆様が突き付けたNoは大きいと思います。
自民公明は勝てる選挙と思っていたようなので結果には驚いていることでしょう。

東京10区の応援に安倍さんと小池さんがご一緒に。
政治家というのはよくわかりませんが、小池さん、とりこまれないで下さいよと思ったり、もともと根っこの考えは同じなんだから・・・ついこの前まで一緒だったしと思ったり・・・。
小池さんも今は華々しいけれど・・・大丈夫かなと思った画像でした。

by akaiga-bera | 2016-10-17 06:14

カイツブリ・・・親子

c0233349_18343126.jpg




いつもの沼のカイツブリさんのヒナたち、まだ、お母さんについてはいますが、えさは自力でとれるようになったようです。

この画像は少し前のもの、まだえさをお母さんからもらっていました。

親子の風景、いいですね。一羽でもちゃんと育ってよかった・・・・・。

子育てには、ほんといろいろなことがあります。蛇や大雨・大きなカエルさんも・・・・。

c0233349_18344388.jpg


c0233349_18345650.jpg


c0233349_1835980.jpg


c0233349_18352456.jpg


c0233349_18353973.jpg


c0233349_18355721.jpg



孫娘の文化祭へ。
ばあば二人でダンスの発表を見に行ってきました。
長距離走から変わってダンス部へと聞いたときはびっくりしましたけれど、体を動かすのが大好き、踊るの大好きと楽しい日々を過ごしているようです。
頭を動かすのは好きではないよう・・・ちょっと心配ではありますけれど、日々充実していることは大切・・・パワフルなダンス、若さって最高。

お庭に小径作りました。
4時間ほどかかりましたけれど、できあがったものを見て、達成感いっぱい。
手作りもまたいいものです。

治水対策にもたぶんお金をかけていないのでしょうね。
北朝鮮の大水の被害はかなりのもののようです。
水害に遭われた方々は本当にお気の毒。
支援はしたいけれど、支援したお金がまた核開発やミサイルになってしまうのかと思うと・・・普通でしたら隣国のことですから支援の輪も広がるところなのに・・・。
そう遠くなく北朝鮮の人々も立ち上がる時がくるのでしょうか。
by akaiga-bera | 2016-09-18 17:57

カイツブリ・・・幼鳥

だいぶ大きく成長しました。独りで行動する時間帯も増えてきたようです。
c0233349_18385318.jpg

いろいろな不思議に出遇います。
c0233349_18391062.jpg

c0233349_18402375.jpg

あらら、行きどまりですよ。
c0233349_18395469.jpg

これは食べられませんよ~。
c0233349_18404335.jpg

やっぱり、おかあさーん。
c0233349_18405638.jpg



気まぐれ姫さんに、孫娘の冬の制服のすそ上げをお願いしてあって、出来上がったというのでお土産のプルーンを持って出掛けました。
私たちの青春時代もミニスカートがはやっていました。
子どもたちが小学生のころ、独身時代のオーバーコートを見つけて来てみたら、半コートのようでした。
お願いした寸法だと余りに短いので、切ってしまってよいのかと「2センチ長くしておいたから」と。
横浜に届けに行くと、やはりちょっと長いかなと。
スカートの長さももう私たちミニスカート時代の人間にも納得できないくらい短くなっているのだと改めて驚いたことでした。

いつも拝見している岩手県の方のブログ「農家の嫁の事件簿」、しばらくお休みで心配していたのだけれど、やはりひどい状況だったらしく、数日後画像をアップしてくださいました。
いつもは上手にお描きになる絵なのですけれど・・・。
まだ、今日も雨が予想されています。
農業にも大きな被害があったようで、もうこれ以上被害が広がりませんよう祈りましょう。
by akaiga-bera | 2016-09-06 08:52

力を合わせて・・・カイツブリ

c0233349_11285920.jpg


二人、力を合わせて、新居を建築中。水の中には、蓮の茎や葉やその他の堆積物がたくさんあるのですね。

一生懸命を目にすると思わず応援したくなります。

今年こそ何事もなく子育てが順調にいきますように。楽しみです。

c0233349_11291035.jpg


c0233349_11292154.jpg


c0233349_11293383.jpg


c0233349_1129495.jpg


c0233349_1130426.jpg


c0233349_11301648.jpg


c0233349_11284012.jpg



96歳。叔父が逝った。
姿勢のよい人だった。
そして、かわいらしい人だった。
いつか別れはあるものだと言い聞かせてきた・・しかし父母の兄弟姉妹がみないなくなってしまったと思うとさびしい。
「母にもらった命だから大切にできるだけ長くきる」と常々言っていた。
本当に長く元気に生きた。
今目の前に叔父の大切にしていた画像がある。
「俺が生まれていない前の若い母」と大切に枕元に置いていた、私にとっては祖母の写真。
生にはいつか終わりがある・・・。
叔父の生き方は私たち兄弟姉妹にとって指標だった。
残念でならないけれど・・・・・・・。
by akaiga-bera | 2016-07-20 06:31

ホオジロガモ ・カイツブリ・・・

c0233349_1722865.jpg


遠くからも白い頬の大きなドットが目立ちます。

青い空を写した碧い水面にシンプルな色の♂のすがた、とても美しい。

♀は圧すとは大きく異なり優しい茶色。今度は女の子をきれいに撮ってみたいと思います。

c0233349_17222110.jpg


c0233349_17223461.jpg


c0233349_17224750.jpg


c0233349_17215421.jpg


そばにカイツブリさんが着水しました。

c0233349_10554497.jpg


c0233349_10555936.jpg



最寄りの公園も冬鳥さん達がみなやってきて・・・じっと待ちさえすれば色々な鳥さんに遇える。
日本海側が大雪になると、鳥さんの多くは山を越えてやってくるのだ。
公園を歩いていると、もう囀りと思しき声が聞こえる。
春はもうすぐそこなのだ。


それにしても子どもが虐待死する事件が頻発している。
子どもが生まれたときの状況を考えれば、本当に愛らしい存在だったろうに。
なぜかわいいはずの子供を痛めてしまうのだろう。
若者達を見ていると、何か一つ自分を支える自負できるものを持たせたいと思う。
自分を律するものは自負心だ。
それぞれ人はみな能力が異なる。
私も仕事がら、こういう場面をよく経験する。
しかし、万能な人がいないように人にはにはそれぞれ別の能力があるように思う。
良いところを発展させて、自信をつけてほしいと思う。
なんでもいい。学力だけがその人のすばらしさを決めはしない。
時々、雑談の中で、思わぬすばらしさを発見することも多い。
そして子どもは惜しみない愛情を持って育てるべきだ。
虐待をする親は、愛情あふれる子ども時代を送っていないことが多い。
でも優しさは親からだけでだけではなく、他の人からうけることもある。
人に優しく。
自身にも言い聞かせたい。
by akaiga-bera | 2016-02-02 06:39

家族・・・カイツブリ

c0233349_23135378.jpg


カイツブリさんは、4個ほどの卵を産むことが多いですね。どんな出来事があったのかは知る由もありませんが、今、夫婦の子はこの一羽のみ。大切に育んでいました。

お父さんが、エビを獲ってきました。頭はとってありましたが、大きかったようで、飲み込むまでにはかなりの時間がかかり、途中落としてしまう場面も。

すかさずお父さんが拾って再びヒナに。本当に愛らしいヒナ・・・両親にとっては宝ですね。見守る目がやさしい・・・。

どうかどうか無事に育ってほしいなあ。この沼ヘビ・ライギョなど天敵がいっぱい・・・・。

c0233349_23142427.jpg


c0233349_2314496.jpg


c0233349_23153273.jpg


c0233349_23161134.jpg


c0233349_23164368.jpg


c0233349_2318451.jpg


c0233349_23183775.jpg


c0233349_23195925.jpg



お天気が安定しませんね。今週末辺りから、若者達の運動会や体育祭が予定されています。
しっかり晴れて、一回で実施できるといいですね、お母さんたちもお弁当づくりが一回で済みますもの。

昨日の中央公聴会はぜひ聞きたかったので、ネットで。
今はネットがなければ知ることができないこと、遅れてしまうことが多くなった。
何か知りたければ行動を起こさなければならない。
ネットを使えない人にもテレビを通じて伝えるのがマスコミの役目と思うけれど・・・。
NHK・日本テレビ・フジテレビは安保関連のニュースはほとんど伝えない。

多くはこの間ずっと聞き続けた意見だったけれど、一つ、この法案が成立し、自衛隊員が世界のあちこちへ出かけて行ってアメリカとともに戦わなければならない状況になり、捕まった時、宣戦布告をして行う正式の戦争(書くのも嫌だが・・・)ではないので、捕虜として扱われることもないのだという点が気になった。
どんな風に扱われるかも未知だ・・・でもこれからは考えなければならないのだ。

私たちにとっては、自衛隊員はスコップを持ち、災害時には被災者の命救おうと頑張ってくださる人たちだ。
そして、そういうことがある度、私たちは深い感謝と尊敬の念を持ってきた。
その自衛隊員に武器を運ばせ、武器を持たせ、もしかしたら人を殺さなければ身を守れない危険な場所に身を置かせて良いのか。命を失う危険性は大きくなるだろう。
教え子にも教え子の親にも自衛隊員がいる。絶対にそんな場には行かせたくない。
そして、今は行かない人々にもいつかそんな時が来ないと言えないことは、太平洋戦争を見れば明らかだ。
赤紙一枚で招集されて命を落とした多くの私たちの先達・・・私たちは同じ過ちを繰り返してはならないと思う。

若者は練れてはいないだろう。
それはなんとしても生きてきた時間が短いのだから。
でも代わりにもっているエネルギーや感性は豊かである。
昨日のSEALDsの奥田さんが、冒頭言った一言は新鮮だった。
発言の順番を待っているとき、ずっと委員会の様子を見ていたのでしょうね。
なんでこんなに大切なことを話しているのに、みな寝ているのだろうと不思議???に思ったのでしょう。
若者の単純な疑問です・・・議員にとっては、公聴会など通過儀礼、もう聞く気もないのだ。

言葉というのは不思議、カメラは委員会室全体をいつも写してくれるとは限らない。
奥田さんの一言で、委員会室がそんな不謹慎な空気に包まれていることをカメラよりリアルに伝えてくれたのだから。

とりあえず今日は元気だ。
今日にも委員会採決の予定と鴻池さん・・・やはり参議院の独自性発言はかっこつけということは分かったが・・・。
夕刻までには帰らないといけないけど・・・行ってきます。
by akaiga-bera | 2015-09-16 09:05

カイツブリ・・・ヒナ

言葉のいらない愛らしさ。

見に行った最初は親の背中に甘えて乗ってばかりいたので、泳げないのかと思いましたが・・・やはり水鳥、小さくても立派なものです。

夕刻になると親鳥2羽はヒナを少し離れた場所に連れ出し、夕ご飯タイムです。

ちゃんと上手についていきます。ご飯をお腹いっぱい食べるとまた巣に戻ってきました。

c0233349_094253.jpg


c0233349_0101185.jpg


c0233349_0104179.jpg


c0233349_0113426.jpg


c0233349_0153538.jpg


c0233349_016052.jpg


c0233349_0161436.jpg


日中は見えなかったカワセミさん、夕刻やはりご飯の時間なんですね。硬い蓮のシャワーヘッドに留まりました。
c0233349_016272.jpg



若い命二つが奪われ・・・胸が締め付けられるような事件。
れば・たらでも、親が外に出さなければ・・・お家にいたなら・・・悪い人がいなければ・・・・出遇わなければ・・・と考えてしまいます。
私も本当に苦しい・辛い思いをして初めて分かったこともあります。
せめて、私たちは、二人の命を教訓に次に再び同じ苦しみを味わう事のないよう心しなければいけないのですね。悪いことの全てが同時に起きることを防ぐためにできることがあるはず・・・。
そうでないと、二人が生まれた意味が・・・。


そういった意味でも私たちは先の大戦に学ばなければならないと感じます。
大戦で亡くなった全ての人の命を無駄にしないということ・・・それは再び同じ殺戮をしてはいけない、殺されてもいけないこと・・・平和の大切さを心に感じ守っていくことだと思います。


時々、全く根拠のないこともありますけれど・・・週刊誌というのは、新聞には書けない本音も伝えていることがあります。
週刊ポストの広告。
「各方面に配慮しまくって、結局、中身ゼロ」
「偽りと厚塗りの『安倍談話』が最後まで『おわび』しなかった本当の理由」
「会見3時間前の『官邸vs宮内庁』緊迫の攻防、全真相! 強行突破を図った総理と、天皇の深き憂色・・・」

私は若いころ、天皇陛下万歳といって亡くなった多くの人を思い、天皇の存在自体がとても許せないものと思っていた時期があります。
でも時間を経て、天皇を利用した多くの人がおり、機関があったことを知ったこと、現天皇の心をこめての戦没者供養の気持ちを目にするにつけ、変わってきました。
今、象徴というお立場、政治に口出すことはできない中で、精いっぱい。『再び戦争の道に国民が舵をきってはならない』とのメッセージを伝えようとしていると思えます。



8月30日(日)午後2時~  国会前で安保関連法案反対の集会があります。
解散総選挙がない限り、次の選挙は来年7月の参院選。
今はこうして声を上げるしか意思示すことができません。
反対・疑問をお持ちの方、お時間がありましたら、出かけましょう。
by akaiga-bera | 2015-08-22 14:25

なんてかわいい!・・・カイツブリ

台風に建設途中の巣を壊されたり、ヘビに卵を食べられたり、カイツブリさんの子育ても本当に大変。

そんな艱難辛苦を乗り越えて、ヒナが2羽元気に育っています。

撮影中地元の方が、ヘビが卵を飲み込んだところを撮影したのを見せてくださいました。

4個あったとのこと・・・。この子たちは無事に育ってほしいな。あまり可愛いので大きくしてみました。

沼にはまだ卵を抱いているカップルもいます。頑張ってほしいですね。

c0233349_19563485.jpg

甘える様子がかわいい。
c0233349_19565030.jpg

この子たち、もうしっかり泳げるんですよ。孵って間もなく泳げるのだそうです。
c0233349_1957106.jpg


c0233349_19573115.jpg


c0233349_19574413.jpg


c0233349_19575985.jpg


c0233349_19581550.jpg


c0233349_1958304.jpg



「こうのとり」が打ち上げに成功。宇宙でお待ちの油井さんたちに、食糧などの物資・実験機材などが届くことになりよかった・・・・。
野田市から放たれた「コウノトリ」3羽も元気に過ごしているとか。
発信機をつけているのでどこにいるかは分かっているようですが、群馬県に現れた時は、こうのとりの里の職員の方々が訪れ、ストレスを与えないようお願いしていたそうな。
遇えなくてよかったかな。

今日は甲子園で決勝。公立の高校が抜け落ちていくのはちょっとさびしいけれど・・・。
大砲があっても一人の力では勝つことは難しい・・・高校野球はやはりチームワークなのかしら?
どちらが勝ってもさわやかな笑顔をみたい。

岩手県知事選で、3選を目指す現知事を野党5党共闘するとのこと。
自民党・公明党は候補者を立てないということで不戦勝に。
いろいろ問題含みのようですけれど、いまこそ小異を捨てて大同についてほしい。
国会も中谷防衛相のころころ変わる発言・・・隠そうとする姿勢が安定しない発言につながるのではないかしら?


8月30日(日)国会前にて、安保関連法案に反対する集会が行われます。
反対・疑問をお持ちの方、足を運んで今国会での成立にNOの意思表示をしましょう。
by akaiga-bera | 2015-08-20 07:05