タグ:エナガ ( 51 ) タグの人気記事

エナガ・・・・力を合わせて

c0233349_154122.jpg


少し前のお山はまだこんなでした。

今は緑にあふれていて・・・緑が体の中まで入ってきそう。

子育てはうまくいったのかな?

7月はヒナの季節。

今朝、電線に数羽、ツバメさんの子どもたちでした。

ちょっとだけ飛び立ってまた電線に戻るを何度も繰り返しています。

巣立ったばかりなのでしょうか。

ちょっと怖そう。

数日後にはきっとスイーと素晴らしい飛翔姿を見せてくれることでしょう。

c0233349_1543067.jpg


c0233349_1545439.jpg


c0233349_1551322.jpg


c0233349_1553811.jpg


c0233349_1555117.jpg


c0233349_156694.jpg


森友問題も籠池さんだけ。
8億値引きに便宜を図った財務省も、
小学校認可に便宜を図った大阪府も、
同じ思想としっかり応援してしまって私人でありながら財務省も文科省も動かしてしまった昭恵夫人も
おとがめなし。

加計問題は、どんな文書が出てきても頑として知らぬ存ぜぬ。
閉会中審査ももちろん臨時国会も開かない。
まあ、安保法制であれほど荒っぽい採決をしたのに・・・その後の選挙で安倍さんは勝ったのだから、今度もそのように思っているのかも。
馬鹿な国民だと多寡をくくっているのでしょうね。

早朝、車の中でテレビを聞きながら(画像は見えません)思ったこと。
「暴れん坊将軍」や「水戸黄門」では、悪徳役人や悪徳商人が必ずおとがめを受ける決まった筋書き。
あんなに同じ終わり方をするのに、みな結構「勧善懲悪もの」好きですよね。
現代社会では、選挙権を持つ私たちが、「遠山の金さん」や旗本に変装した将軍」であったり「光圀公の印籠」にならないと世の中いい方向には行きません。

現政権の大臣らしからぬ大臣を多々見てきたし、私たち有権者が選んだ議員たちの不祥事も枚挙にいとまがありません。
いい加減、反対勢力に力を持たせて政治を刷新しないと私たちたちはいつの間にか不都合な社会を自分たちの手で選び取ってしまうことになります。
選挙は本当に重要、私たちには今やそれしか残されていないのですから。

都議選が告示されます。
小池さんと自民党という対立構図を思い描いていると、また方向を誤ってしまうかもしれません。
豊洲移転を上手に利用して今の立場につきましたが、まあ都議会自民党の利権政治よりはましかもしれませんけれど、同じですから。
考えもかなり右ですし、防衛大臣だったときのこと、みな忘れてしまったのでしょうか。
都政ではそれはあまり問題にならないかもしれませんけれど、小池さんの目に見えているのは国政、総理になることです。

再側近の若狭さんも、弁護士ですけれど、「共謀罪」に賛成してから自民党をやめました。
今般の選挙では、小池風を利用して政治の世界に登場しようという方々もたくさん立候補しますよね。
さらに国政での不人気をなんとか小池さんの風を利用しようとする都議会公明党も。
あるいはすこし人気落ち気味の議員たちも・・・なんだかいやらしい。
少しずつですが、小池さんが都民に目が向いていないことに気づかせる諸々が出てきています。
「都民ファースト」が「都民ワースト」にならないといいのですが・・・・。
くれぐれも都民のために頑張ってくれる方を選びたいものです。





by akaiga-bera | 2017-06-23 06:06

春ですね・・・ ウグイス・エナガ

c0233349_9251242.jpg


この間ウグイスさんの初音を聞きました。

とてもお上手な囀り・・・春がやってきたんだなあと感慨深い。

おなじ梅林で、エナガさんが巣材を集めていました。

仲よく共同作業です。奥の鬱蒼とした草と木々の中に入って行きます。

ヒナの生まれる季節にはもういられないとは思うけれど・・・無事たくさんのヒナを育ててくださいね。

c0233349_9253452.jpg


c0233349_926089.jpg


c0233349_9263760.jpg


c0233349_9265664.jpg


c0233349_9271220.jpg


c0233349_9272913.jpg



風雲急を告げて・・・事件はごちゃごちゃのまま、何か深いところに進んでいく気配が。
政権中枢は籠池さんをトカゲのしっぽとすでに切っていた。
官僚も知らぬ存ぜず・・・でも眠れぬ時間を過ごしているだろう。
日本維新も・・・何も言わない公明党も・・・もう見え見えの展開なのに。
まだ言い逃れするのかしら?

ことは重大だ。
この事件の最もはっきりすべきことは、籠池さんという変わった方が問題なのではない。
国民の財産、これからは国の財産とは言わないことにしよう が不当に払い下げられたという問題だ。
大きな力が作用して普通でないことが行われたのだ。
そして、さらに今治市の加計学園に無償提供された土地は今治市民の財産だ。
国家戦略特別区域法という政令、聞こえのいい政令によって、安倍さんの極親しい方に渡ったのだ。
さらに今治市はその学園に100億を超える助成金を出すのだという。
こんなことが許されていいはずがない。

「私が口利きしました」と名乗り出た川田裕介という方。
鴻池ー麻生ラインに目が向かないようにやったと周りの人に言っていたらしいのだが・・・。
塚本幼稚園にお子さんを通わせていてPTAの役員。
この方、亡くなられた鳩山さんの事務所参与の肩書で行動していたとのこと。
まだ40歳そこそこだけれど・・・。

三井物産の嘱託社員のあと独立、大阪でブローカーを始めたそうな。
このころ保守系の政治家や日本会議と近しくなった。
安倍夫人を呼んだのは自分だと豪語していたという。

その彼が明かしていない経歴があるそうな。
それは『新建産業』という会社に在籍していたこと。
この会社は「麻生セメント」の特約販売店で、社長の奥寺氏は麻生財務大臣の有力な後援者。
川田さんとこの奥寺氏の息子は飲み友達で、奥さんは橋下徹さんの後援会長。
さらに長男剛光さんは、橋下さんの大阪市長のときの特別秘書、現在日本維新の会の大阪7区の衆院候補者になっている。
小学校の許認可をつかさどる大阪府の対応が怪しいのはこんな人間関係の故でしょうか。

鴻池さんは麻生さんの側近で現在麻生さんはその財務大臣なのだ。
そして国有地安値売却の折の迫田理財局長は安倍さんと同じ山口県の出身で・・・。
2015年7月に理財局長、ことが済んだ後の2016年6月には国税庁長官に出世。
余りにうまくいきすぎてはいませんか。
by akaiga-bera | 2017-03-17 06:27

エナガ・・・もう伴侶を見つけたようです

c0233349_07322632.jpg


近くの公園のはずれにある1本の河津桜。

毎年、メジロさんを待っています。

メジロさんはなかなか来なくて、お隣の木にやってきたのはエナガさんのカップルです。

巣材集めかなと思ってみていましたが、この時はどうやらお食事に来たようです。

エナガさんに赤ちゃんが生まれるころは今年はこの地で見ることはできないけれど、たくさんのお子を授かりますよう・・・そしてみな無事に育ちますように。

河津桜に来ないかなあ。



c0233349_07321315.jpg




c0233349_07313806.jpg




c0233349_07312529.jpg




c0233349_07311141.jpg




c0233349_07305106.jpg


母の命日でお墓参り。
久しぶりで兄弟で昼食を一緒に。
なかなか会えないけれどせめてお墓参りの日には無理しても会おうねと。

兄から菜の花の胡麻和えを頂いた。
義姉が転地療養しているので、気ままな独り暮らし。
さぞかしご飯には苦労しているのかと思いきや、すっかりお料理上手になって・・・時々お漬物やら持たされる。

そのあと、田舎の畑の一角に移植したスイセンの様子見に。
お花が咲かないとどんな種類か分からないので伸ばしていたのだけれど、まだお花には少し早かった。
代わりに消えてしまったと思っていた福寿草が大きな株になっていた。うれしい。
早速シャベルを取り出しヨイショ。

地球から約39光年先の宇宙に生命が存在する可能性のある惑星が7個見つかったとの記事。
水や海がある可能性があるとのこと。
7個の惑星を持つ恒星トラピスト。
木星と比べると直径が2割ほど大きく、明るさは太陽の1000分の1以下。
何だかワクワク。






by akaiga-bera | 2017-02-23 08:01

ジョウビタキと遠くのエナガ・・・

c0233349_23575981.jpg


♂のジョウビタキさんも今季初めてです。

まだあまりフレンドリーではなく警戒心が強いように思いました。

どんなに人見知りでも春旅立つ頃には、こんな今の状態が信じられないくらいになります。

そんな時季も楽しみですね。

白い紋がきれいでした。しばらく見ていましたが、かなり広い範囲が縄張りのようです。

c0233349_23582430.jpg


c0233349_23584193.jpg

お天気がよければなあ。
c0233349_2359922.jpg


c0233349_23592533.jpg


c0233349_23594534.jpg



全てオープンで話をすると見えてくるものがある。
横浜市が東京都に送ったという文章・・・興味深く一字一句読んでしまった。
相当な圧力があったのだろうとは想像がつく。
今まではこういうことがみなの知らないところで行われ無駄使いがあちこちで発生していたと思われる。
小池さんにも政治的野心は感じるけれど、もっとひどい人たちがたくさんいたんだなと改めて思う。
悪しき慣習は変えるべき、前の知事さん達何やってたんでしょう?
by akaiga-bera | 2016-12-02 06:01

エナガ・・・寒さに負けず

c0233349_891275.jpg


寒いでしたが空は晴れ渡っていました。独特なジュルジュルという声が聞こえ、近くにエナガの群れが来ているようです。

なかなか見つかりません。見つかってもすばやくて追うだけで精いっぱい。

散り残ったもみじにも、きれいでしたが、ぶれていたりで残念。

c0233349_8182240.jpg


c0233349_892874.jpg


c0233349_894643.jpg

何の実でしょう?
c0233349_8113778.jpg


c0233349_8122934.jpg


c0233349_8125298.jpg



幹だけにして移植した利休梅に小さな小さな芽が出ていて、感動だった。
茶花だけれど、花の繊細さからは想像できないほど強じんな木。
繊細な感じなのに、つぼみはとても愛らしいし咲き乱れると純白なのにあでやかでもある。
大好きな白い花のの中でも一番に近い。
小さな小さな菜園には一月前に植えたサラダ用の葉ものが元気に育っていて、食卓に直行。
いなかであればの楽しみ。

いつもの公園に小さな生き物を写していらっしゃる方がたがいらっしゃる。
私もこの前、小さなきのこや毒ガの幼虫など教えて頂いた。
友人は、ウソさんには遇えなかったようなのだが、珍しいきのこ数種を教えていただいたようですごく喜んでいた。
新しい発見だったらしく、気付かずにあの世に行ってしまうところだったと。(笑)
色々なことに挑戦している彼女、いつも何かに心動かされている感じで・・・またまた感心してしまった。
by akaiga-bera | 2016-11-29 08:51

エナガ・・・大にぎわいの水場

c0233349_939325.jpg


少し前のものですが、もうお山には常駐の鳥さんしかいないようでした。

夏鳥さんがみな旅立って、今度は冬鳥さん達がやってくる季節になりました。

再会を楽しみにしましょう。

というわけで、水場にはエナガさんが。今年生まれもいるようですが、見た感じでは親鳥とほぼ同じに。

どれを撮っていいかわからぬほどすばやく動き回っていました。



c0233349_9392216.jpg





c0233349_9393636.jpg





c0233349_9395136.jpg





c0233349_940798.jpg




旅のチョウ アサギマダラに遇いました。もう季節外れなのに。南屁の途中のお立ち寄りでしょうか。道を急がないと寒くなってしまいますよ。
c0233349_15155517.jpg


東電の福島原発の廃炉作業には、約30兆円がかかるのだそうです。
これでは東電だけでは負担できませんよね。
こういう試算・・・概算ですが・・・ができていてなお原発が安いと言いきれる意味が分かりません。
また次々と再稼働を進めていこうとする各電力会社・政府の姿勢には疑問を感じます。

昨日は撮影に出かけましたが、目的の鳥さんには遇えずじまい。
でも開けた風景の中、さわやかな風が吹いていて・・・しばらくぶりのお友達とのおしゃべりも楽しく・・・こんな日もありと。


by akaiga-bera | 2016-10-21 06:44

お山の出遇い・・・エナガ・ヒヨドリ

c0233349_959324.jpg


少し成長してもうすぐ親鳥と同じになる段階でしょうか。

でも、動きには子どもらしい幼稚な感じも多々。親に比べると注意深さがありません。

エナガさんは、一羽でくることはほとんどなく、必ず2羽以上でやってくるようでした。

もう少し前の成長段階に遇いたかったな。抱きしめたいほどかわいい。

c0233349_9591620.jpg


c0233349_9593039.jpg


c0233349_959418.jpg


c0233349_959559.jpg

ヒヨドリの若者。
c0233349_1061769.jpg



遠出を諦めて近くの田んぼでも見て回ろうと出掛けたのだけれど、鳥さんポイントを通るルートを行くとツツドリポイントにカメラマン。
数日前は見つけることができなかったけれど、立ち寄ってくれているよう。
最初は見ていただけだったけれどとうとうカメラを。
いらした皆様の目と親切に助けられて今季初めてのツツドリさんゲット。
お世話になりました。

従軍記者としての猛省から終戦の日に新聞記者を辞められ、その後、秋田県横手でずっと戦争に反対を掲げて『たいまつ』を30年間も発刊、むのたけじさんが亡くなられた、101歳。
戦争を直接語ることのできる人たちがどんどん少なくなってきている。

むのさんはジャワへの従軍前に台湾で占領後のジャワ統治に関する要綱を入手した。
それは開戦の2年半ほど前に作られていた冊子で、占領後はそのタイムスケジュール通りに進められた。
つまり国民が知らない間に戦争は準備されていた。
知らない間にシナリオが書かれ、知らない間に国民は導かれていたのだ。

今も少しずつ戦争のできる国へと準備がなされている。
勿論、中国や北朝鮮の動きも気になるところだけれど、必要以上に国民の不安をあおっていることはないのか。
別の紛争解決手段を考える機運や機会を葬っていく方向に流れていないか。

むのさんは戦争に至る過程や戦時中、報道機関が次第に自己規制していく怖さも訴えていた。
国民に真実を伝えなければならない報道機関が戦争賛美へと傾いていく。
戦争はある日突然に起こったものではないのだ。
防ごうとすれば可能であると。

戦争の悲惨は、今度は戦後生まれの私たちが語り継いでいかなければならない。

むのさんの安かれを。合掌。
by akaiga-bera | 2016-08-29 08:31

高原の出遇い・・・いろいろ

ヤマボウシの白いお花、今盛りですね。そういえばマタタビの葉も白くなっています。

10日ほど前にカッコウ、一昨日ホトトギスさんの声も。オオヨシキリさんの声と共に初夏を感じさせます。

伊勢志摩サミットも終わり、静かになったでしょうか。

少し前の撮影ですけれど、忙しくなかなかまとまった時間はとれず・・・遠出もままならない6月になりそうです。


クロツグミ・・・今季はクロツグミさんには良い場面で遇えません。
c0233349_2154720.jpg


c0233349_21542768.jpg

エナガ・・・1羽しかでしたが2羽で追いかけ合って・・・。
c0233349_21564866.jpg


c0233349_2157426.jpg

キビタキ・・・林脇の倒木の小枝にひょいと・・・うしろタンポポでした!
c0233349_2336012.jpg


c0233349_2336138.jpg



山椒の実、買う方は大人買いでたくさん買われるので・・・とお店の方。
数日前に売り切れで求められなかったので、昨朝は開店時間前に。
なんとしても1年分は確保しなくちゃ、と。
塩ゆでして冷凍保存、じゃこと炊いたり、煮魚の匂い消しに使ったり・・・アクセントになる味。
10パック、私も大人買い。
お店の方、覚えていてくださり、よかったですねと。

お庭の花々と農産物直売所でユリのお花など求めてお墓参り。
2時間もうだうだと・・・。
3つのお墓をきれいにするには時間がかかる。
どなたか・・・先客あり。

植木の市場のようなところに。メインに何を植えようかくまなく探して、なんとかこれというものを見つけた。
田舎の畑によって3年前移植した木々の移動のため、切り詰め・根切り。
植物は栄養たっぷりの畑で大きく育っていてとても手作業では不可、小さなユンボがあるというので改めて出直そうということに。
家にある木々も移動の難しさを感じて・・・やはり養生してあるのを求める方がいいようだ。


安倍さんがサミットでリーマンショックによく似た状況であると示した資料について、各国メディアが色々伝えている。
リーマンショックや大震災のような事が起きない限りアップすると言っていたけれど、本音はそれでは参院選は戦えない。
アベノミクスが失敗したとは認めたくないし・・・なんとかして消費税アップをしない理由を作らなければということなのかしら、あまりに我田引水の資料だったらしく、各国首脳もしっかり安倍さんの意図を見抜いていたようだ。

仏ルモンド紙・・・自国経済への不安を国民に訴える手段にG7を利用した。
英フィナンシャルタイムズ・・・世界経済が着実に成長する中、安倍氏の資料は説得力がない。2008年との比較を持ち出したのは増税延期計画を意味している。危機とは言えない。キャメロン氏は安倍氏と同じ意見ではない。
ドイツ メルケル首相も今の状態で大きな財政出動には反対。
中国は先進国の中で一番の不良債権を抱えている日本の方が危機リスクが大きいと。財政出動をやってる場合じゃないと手厳しい。

そもそもアベノミクスはデフレ脱却のための安倍さんの経済政策だった・・・しかし、物価目標は達成されず、実質賃金も目減り、格差も広がった。
本来なら以前の3本の矢、
 ①大胆な金融政策
 ②動的な財政出(公共事業)
 ③民間投資を喚起する成長戦略 だった。
新3本の矢を言う前に以前の3本の矢の総括をすべきだと思うが、そのことには触れず。
新しい矢は、
 ①希望を生み出す強い経済政策
 ②夢を紡ぐ子育て支援
 ③安心につながる社会保障
はあ???と・・・聞いたときびっくりぽんだった。言葉は美しいけれど・・・・ねえ。

8%増税のときに社会保障費に充てるといってたのじゃなかったかしら?
企業の税金減らしにつっかっちゃったし・・・。
「安心につながる社会保障」の財源・・どこから出すの?
各国の首脳も一応開催国の提案にはご祝儀のように大きな反対はしないんだそうな。
それでも認められない安倍さんの提案、お粗末。
それでもさすが恥を感じない安倍さん、国民むけには、リーマンショックは出せなかったけれど、うまく言いまわしていたね。
こりゃだめだと諦めの気持ち・・・いっぱい。
羅針盤失くした船のような日本国・・・心配。
by akaiga-bera | 2016-05-29 06:58

エナガ・・・奮闘の巣作りは振り出しに 1

c0233349_7521038.jpg


こちらではすでにヒナは巣立っていますけれどお山ではまだこれからというところ。

偶然に車を止めて探鳥した場所での出遇い。一生懸命に巣作りに励む2羽。ひっきりなしに巣材を運んでいました。

巣はもうほぼ完成・・あとわずかすれば卵を産み落とすばかりに。

しかし10日ほどして再訪した場所に巣はありません。

10日の間に激しい雨と風の日が2日ほど、近くにはこの前にはなかった倒木も何本か・・・悲しい思いで巣のあった木の股を見つめました。

また一からやり直し。めげずにまたがんばるんだろうなと思うと・・・そう私たちにもあるそんな落胆の瞬間・・・みな生き物は自然と闘っている・・・・。

c0233349_7523826.jpg


c0233349_75248100.jpg


c0233349_753086.jpg


c0233349_7531754.jpg


c0233349_7533161.jpg


c0233349_7534320.jpg


お母さんが運転する車で走行中、大きな落石が直撃し命を落とされた女子学生の方・・・。
事故というのは全ての悪い状況が一度に合致して起こってしまう。
もし一秒の何分の一でも時間がずれていたら・・・ああ、驚いたで済んでしまうけれど・・・お気の毒で頭から離れない。
お母様はどんなにかご自分を責めるのだろうなあ・・・お母様の所為ではないのだけれどそう思うしか悲しみは昇華できない。
大切なものを失った悲しみ・・・癒えることはないけれど・・・でも生きなければ、娘さんの分も。

5月は私にとって心騒ぐ季節だ。
青葉は美しいけれど、ひっくり返せば悲しみをたたえた美しさだ。
悲しみはいつもは沈殿しているけれど、はっと表面に浮かんでくる・・・その触媒は、新聞記事や本の一節であったり風景だったり、街角にある何気ないものであったり会話であったり・・・・・
でも鎮痛剤はいつも息子が日々精いっぱい何にも取り組んでいて楽しく過ごしていたこと思い浮かべること。

エナガさんたちにも悲しみや落胆はあるのだろうか・・・でもきっとまた今度はもっと安全な場所にと学習し、新たな巣作りを始めたことだろう。
by akaiga-bera | 2016-05-10 09:22

エナガ・・・奮闘の巣作りはふりだしに 2

c0233349_7554619.jpg


c0233349_8115911.jpg


c0233349_8121232.jpg


c0233349_812244.jpg


c0233349_8123594.jpg


c0233349_8151942.jpg



ブログを数日お休み。
お友達は「飽きてしまいましたか」と・・・きっといつもの私を見ているとそんな感じに見えるんだなあと。
図星。ちょっと疲れたなあ、ゆっくりしようと・・・おさぼり。
今朝はその疲れも吹っ飛んだので・・・。

週刊誌の広告のみだしより・・・。
「アベノミクスはハイパーインフレを引き起こす!」
来年以降は『危険水域』 量的緩和政策は出口なし・・・

核のゴミ最終処分場に栃木県塩谷町が候補に・・・まだ続いているのか。
おいしい湧水が出るという水場もある。
通ると最終処分場反対の立て看板が各家に。
冷たい美しい水が流れ、おいしいお米のとれそうな水田が続く。
『いんね』と土地の言葉で書かれたもの、みな思い思いの言葉で反対を表明している。

原子力発電を国が認める限り、国が責任を持って最終処分できるよう考えるべきだ。
そこまでしっかり責任を持てないなら、やめた方がいい。
福島原発は、地元より関東地方特に首都圏に電力を供給していた。
享受するものがリスクを負うのは当たり前のことだ。
土地のあるなしにかかわらず、原子力発電は危険なものだという認識があるから、人口の少ない地域を選んで作っているのではないか。
もし、危険じゃないと自信を持っていえるなら、都会に隣接して造ればいい。
送電のコストも少なくて済む。
やはり危ないのだ。
少し高くても危険を避ける電力づくりにかえて行かなければ・・・。
塩谷の方々にエールを。
by akaiga-bera | 2016-05-10 09:18