タグ:アオバズク ( 14 ) タグの人気記事

アオバズク・・・まだ卵を抱く前でした!

c0233349_04172947.jpg


夕方になると2羽が並ぶときがあるよ とお聞きし、4時過ぎに。

数人の方がいらっしゃったのですが、下からお団子が二つあるように見えるだけだとおっしゃって帰られてしまいました。

森の中は暗くなるし、高い梢で動きません。

あちこち見える場所を探し回りましたが、後からいらっしゃった方が ここならみえる!と少し離れた場所を教えてくださいました。

暗くなってしまったのですが、抱卵前の2羽並びは撮っておいた方がいいよと。

画像が汚くなってしまいましたが・・・。
c0233349_04182523.jpg

c0233349_04180655.jpg

c0233349_04174677.jpg

c0233349_04171728.jpg

まだ花の記憶が残ったままなのに・・・もう収穫できそうなほど丸々としていました。
c0233349_04203325.jpg



昨日は、孫娘のダンスの大会。
一家族一名しか見られないとのことでしたが出かけることに。
ぶらぶらと時間をつぶす・・・今まではあまりない生活でしたけれど・・・いろいろなお店に。
結局、父の日用のお買い物。
その後、また合流して、お食事。
小学生の頃会っただけの娘の友人のお嬢さんも加わって。
輝くような美しいお嬢さんになっていました。
年も考えずガールズトークに加わって愉しい一日。
こちらでの新しいつながりもできそう・・・。

銚子市のことは何度か書いてきました。
前市長(加計学園の本拠地岡山の副知事を務めたことがある)によって誘致された千葉科学大学。
市は用地を無償提供し建設費の役半分77億円を負担。
今、34億円を償還できず、税収減もあり300億近い負債が。
その後、前市長と対抗する考えの新市長となったが・・・。
ゴミ袋・・・・・1.5倍
火葬費用・・・・2倍
市の職員・・・・給与カット
市長・・・・・・給与3割カット
と、第二の夕張にならないよう必死で頑張っているそうです。

地方は人口減に悩んでいます。
しかし、苦しい市財政の中から応援した千葉科学大学も学生数は減るし・・・。
加計学園は、地方創生を叫ぶ安倍さんと密着し、たくさんの不動産を手に入れ一大教育コンツェルンに成長しています。
なのに・・・市民はさらなる負債を抱えてしまいました。
本当に地方創生になっているのでしょうか。
地方を食い荒らしているように見えます。

木曽功内閣官房参与は千葉科学大学学長
萩生田光一官房副長官も千葉大学客員教授(以前は岡山理科大の客員教授だった)
安倍昭恵さんと下村前文科大臣夫人も、系列御影インターナショナルこども園の名誉園長。
萩生田さんは都連の副会長でもあるんですね。
加計さんは入学式で見ただけの関係と言っていたのに、自分の過去のブログで仲良しを強調する画像を出しているんですね。
「嘘つきは泥棒の始まり」と子どもの頃教えられましたよね。

今夜、安倍首相が記者会見をするそうですが、一方的な発言で説明した終わりにするのは納得いきません。
やはり閉会中ではありますけれど委員会を開き、関係者全員を証人喚問するべきと思います。
疑われている人の一方的会見では疑惑は増幅するばかりです。

「都民ファースト 選挙終われば 小池ファースト」という川柳が載っていましたけれど、本当にずばりの指摘かと。
国段階でも都段階でも、勝手し放題だった自民党、都議選では勝ってほしくありません。
しかし、銃剣術の都の会長にもなっている小池さんも基本は自民党的考え。
ついこの間までのらりくらりと自民党員でした。
それもかなり右より日本会議のメンバーでもあります。
隠しても少しずつ見えつつあるようですが・・・。

そして委員会採決を抜かして「中間報告」という形で審議を終わりにさせだのは公明党の方。
公明党は都議選では都民ファーストの会と一緒にやるのですよね。
都議選に影響が出るのを避けるために暴挙に出たようなのですが、議会制民主主義を自ら否定していますよね。
相次ぐ公明党の自らの矜恃もも捨ててしまっています・・・今や庶民の味方ではありません。
都民の懸命な選択を期待したいです。

by akaiga-bera | 2017-06-19 05:23

アオバズク・・・今年も巣立ちました

c0233349_853528.jpg


近くの森なのに、意外に頻繁にいきません。巣立ちの日を逃してしまいました。

安全な少し高い位置に移動してしまい、ごちゃごちゃなのでなかなか全身スッキリは撮れません。

地元なんだから毎日くればたまにはいいときもあるとの言葉に、いつもちょこっと寄ってみることにしました。

夏中、ここで過ごすということなので、チャンスはまだあるかなと思っています。

クリクリのおめめがやはり印象的、表情の豊かな幼鳥です。飛ぶところを見てみたいな。

c0233349_853187.jpg


c0233349_8533179.jpg


c0233349_8534612.jpg


c0233349_8544523.jpg


c0233349_8545713.jpg


c0233349_8551452.jpg



K氏のボランティア仲間の畑は年々種類も収穫量も増えている。
協力してくれる仲間も増えて畑は草もなくきれいになっているとのこと。
3日に収穫物を5つの児童養護施設へ。
ジャガイモ・夏野菜いろいろ。中ににんにくの大きいのが。
今年はとてもうまく行ったとのこと。

養護施設というと小さな子どもたちを想像するけれど、中・高校生が中心だとか。
18歳になれば施設を出なければならず・・・子どもたちの数も聞いたけれど・・・こんなにもたくさんの親と暮らせない子どもたちがいるのかと驚きだ。

かかる費用を寄付した方がいいのではといつも言っているのだけれど・・・やはり労働して作った物は大切なのかもと改めて思った。
少しは理解を示さねば。
私が協力できるのは、ポスターや印刷物や名刺の作成などだけれど・・・お礼状の文面に、ちょっと反省、もう少し協力しよう。
by akaiga-bera | 2016-07-22 09:23

見守り中・・・アオバズクのお父さん

c0233349_22151743.jpg


現地でお知り合いにお遇いし、アカショウビンの声がしたので、探しているとアオバズクを見つけたと教えて頂きました。

お父さんかな?じっと動かず緊張の続く見守り、お疲れさま。

♀は抱卵中ですもの・・・間違えていました!

近所のアオバズクさんもただいま抱卵中。ヒナの誕生が待たれますね。

c0233349_22154536.jpg


c0233349_22155817.jpg


c0233349_22161112.jpg


c0233349_22162449.jpg


c0233349_22163659.jpg

この時期にこんな赤い実をつけるなんて何でしょう。調べましたが分かりません。
c0233349_2227895.jpg



小さな野菜花壇を作った。
ミント・シソ・ルッコラ・セロリ・ねぎ・モロヘイヤ・パセリ・レモングラス・バジル・ニラ・ローズマリーなど。
日当たりのよくない場所にみょうが・フキをハンゲショウ・シャラ・ホトトギスなどと一緒に。
木ものは月桂樹・山椒・オリーブなど。
お料理に欠かせないものが手近かにあると本当に便利する。
お花が咲けば楽しめる、娘は早速使っているという。


舛添さんを途中から追求し始めた自民・公明。
世論の大きなうねりに抗しえなかったということか。
参院選を前に、いかにもありそうとう感じ。
中には「1円でも・・・」といってきびしく追及していた議員も。

しかし、豪華な旅行をしていたのは舛添さんばかりではない。
ロス五輪の見学に1億近くかかるという・・・それが批判を浴びれば全面的に取りやめということに。
止められるくらいならいく必要がなかったということだ。
必要なら、少し人員を減らして、実務者を同行させる方が東京五輪のためになるのでは?

ラグビーワールドカップの折にも舛添さんだけでなく都議もたくさん行っている。
視察というなら、しっかりレポートを出すべきではないのか、いまだにそれすら出ていないのだ。
議員の立場を利用して「視察」を隠れ蓑に物見遊山を何度繰り返してきたのだろう。
共産党と生活者ネットの都議がリオの視察を辞退したらすぐに自民・民進で穴埋め元の28名に、当初予算より3500億円も上乗せになっているというのに・・・人々の血税を使っているという意識が全くない。
選挙の前じゃなかったらそのまま実施されていたに違いない。

国会議員・地方議会議員にもあるんだろうな。
by akaiga-bera | 2016-06-26 07:10

アオバズク ・・・巣立ち

昨年と全く同じ日に巣立ち・・・カレンダーもないのに・・・昨年の日記を見て、お友達にメールすると、いま撮っていますと。

午後の陽のほうが写しやすいかもと慌てずに出かけました。

巣立ったヒナは樫の木の中に・・・とても暗いですけれど教えていただいてなんとか見ることができました。

ほとんど動きは無いのですがヒナは少し動いて小枝で見えなくなったり、物音がすると下をのぞいてみたりと愛らしい。

動きのない状態も6:30過ぎると、親が餌を撮って与えるとお聞きして、待つことに。

お聞きした通り6:30を回るとヒナにも親にも動きがありました。

c0233349_55309.jpg


c0233349_5572320.jpg


c0233349_5573887.jpg

エンゼルさんになったり
c0233349_5575097.jpg


c0233349_55879.jpg

伸びをしたり
c0233349_5582392.jpg

すでに日は落ちて残照がわずか、暗くて・・・画像ざらついていますが・・・やっと母子がお隣に並んだので。この後親は蝉をフライングキャッチしてヒナに与えました。
c0233349_5584381.jpg

明るいうち・・・お父さんはマッタリでもしっかり見張っていました。まだ洞にヒナが巣立ちしないでいるのかもしれません。
c0233349_5532944.jpg


昨日、お出かけの途中、300メートル離れた場所の奥様方が、ふらふらしている猫をなんとか捕まえて介抱しようとしていたところに自転車で通りかかりました。
我が家の陽ちゃんによく似ていたのですが・・・こんなところまで来ないよなあと思いながら駅へ。

途中、やはり陽ちゃんかもと戻ると、ネコちゃんは橋の下に。
見れば見るほどよく似ていて・・・橋の下では一方向しか見えず、陽ちゃんかどうかは確認できませんでしたが、いざってさらに奥に。
なんとかして、助け出さないと・・・。
ご近所に長い三脚がないかしらと見るとすぐご近所のお宅に。
川に三脚を立て川に降りて、橋の下に立てかけ直し、首に巻いたバスタオルにくるんで抱きました。

三脚を支えてくださる人、猫を受け取ってくださる方・・・みなさんの力、本当に感謝です。
でも陽ちゃんではありませんでした。ホッとはしたもののぐったりしてる猫ちゃん(どうも飼い猫のようです)、かわいそう・・・奥様方に探していらっしゃる方がいらしたら私●●なんですけれど、連れて行ったとお伝えくださいねとお話しして連れ帰りました。

もう虫の息でした。ずっと横になったまま・・・ずっと撫でてあげると時々尻尾をほんのわずか動かすのです。
そんな時間を過ごして…夜8時過ぎ息を引き取りました。
つらい一日でした。
by akaiga-bera | 2015-07-24 07:20

今年も・・・アオバズク

アオバズクさんは名の通り青葉の季節にやってきて子育てをします。

今年は昨年と違う洞で。アオバズクさんが子育てできるような大きめの木の洞はどんどん消えていきます。

しかし、神社の林だけは静かにアオバズクさんの訪れを待っていてくれます。

この画像は、その洞をじっと監視し続けるお父さんです。日中ほとんど動くことなくこの場所で・・・でもたまに、体を伸ばしたり・・・これはそんな時の画像です。

今年も昨年と全く同じ日に巣立ちしました。体内カレンダーがあるのでしょうか・・・ホント不思議。

c0233349_1012751.jpg


c0233349_10123211.jpg


c0233349_10125173.jpg


c0233349_10131028.jpg


c0233349_10132456.jpg


c0233349_10134042.jpg


c0233349_1013587.jpg



安倍さんは支持率が下がっても・・・と言ってらっしゃるけれど・・・やはりすごく気にしているのですね。
新国立見直しも支持率にはあまり影響がありませんでした。
全く違う問題で支持率を変えようとしても、それぞれ違う問題ですもの。
安保法案の危うさがなくなるわけではありません。

と言うわけではないかもしれませんけど、安倍さんが次に言いだしたのは「安保法案の修正」
多分、維新案を少し取り入れて、修正したよと・・・そして維新が採決で賛成に回るようにということなのでしょうね。

Moreに続きます。

More
by akaiga-bera | 2015-07-22 11:57

アオバズク・・・巣立ち1

もうそろそろ巣立ちかなと立ち寄ってみると、たくさんの車が。本当ににラッキーでした。

お知り合いもたくさんいらしていて・・・皆様早ーい。

ヒナは2羽だそうで両親に見守られながら枝で眠っていました。朝のうちは良い場面がいろいろあったとか。

なかなか良い場所は見つかりませんでしたが、可愛いヒナを今年も見ることができ嬉しかった・・・・。   巣立ち2に続きます。

c0233349_16402555.jpg


c0233349_16404465.jpg


c0233349_16412311.jpg


c0233349_16504663.jpg


c0233349_16513495.jpg


c0233349_1718149.jpg


c0233349_1653890.jpg


c0233349_16523964.jpg


c0233349_1652080.jpg



佐世保の事件は、本当に痛ましく・・・聞くのも辛い悲しい事件。
何があったのでしょう?
人と人との関係も国と国との関係も・・・難しい。
イスラエルの攻撃でガザ地区ではすでに1000人を超える死者が出ているという。
イスラエル建国にっよって新たな地に移らなければならなかったパレスチナなの人たち・・・。
その気持ちを考えれば急進化する集団もいくつも生まれてきたのだろうと思える。
ネット上で、イスラエルの横暴を批判する声も・・・。
そして日本での報道の小さな扱いを嘆く声もあった・・・。
by akaiga-bera | 2014-07-28 07:10

アオバズク・・・巣立ち2

眠っていたヒナたちも目が覚め、可愛い表情を見せてくれました。

ヒナエンジェル
c0233349_16591020.jpg


c0233349_16593874.jpg

お母さんエンジェル
c0233349_17392945.jpg

お母さんていい匂い。
c0233349_175024100.jpg


c0233349_17505422.jpg


c0233349_17513089.jpg


c0233349_170868.jpg

お父さんかな。
c0233349_17584255.jpg


夏の甲子園、埼玉代表は春日部共栄に決まった。
それにしてもスポーツはドラマ以上のドラマですね。
石川の星稜の逆転劇、あまりにすごくて伝説になるかもしれません。
十数年前、横浜高校の準決勝だったかな、松坂が登場し6点差を一気に覆した試合を思い出してしまった。
最後まであきらめてはいけないことを改めて胸に刻んだ。

白鳳・・・やはり偉大な横綱・・・。
by akaiga-bera | 2014-07-28 07:09

アオバズク・・・今年も

アオバズクのお父さん。ずっと見守り、お疲れ様。

欅の古木は葉がうっそうとしていて暗い場所、洞も葉に隠れた良い場所にありました。

抱卵中のようでしたので、ちょこっとだけ。エンゼルポーズ、早くやってくれないかなと思っていると、撮ったらすぐ帰ってねというようにサービスしてくれました。

短い撮影でしたが…とにかく暗くて・・・・。

c0233349_10543362.jpg


c0233349_10475843.jpg


c0233349_1049798.jpg

 アオバズクさんは成鳥でもかわいらしい。でもこんな顔してぎょろり睨む時もあるんですよ。
c0233349_10494462.jpg


c0233349_10492772.jpg



いろいろな生き物の子育て時期がもうすぐ終わり、子供たちも一人で飛んできたりします。
でも、やはりどこか幼く、不注意で、大胆で…ですからまた可愛いのですけれど。

火曜日朝からウインブルドンで全英オープンテニスが始まる。
見ちゃうだろうな。
テニスにサッカー、寝不足の日々が始まりそう・・・。
by akaiga-bera | 2014-06-22 08:53

アオバズク・・・天使たち

言葉はいらないほど・・・。

c0233349_11211351.jpg


c0233349_11213827.jpg


c0233349_1122253.jpg


c0233349_11222557.jpg


c0233349_11224749.jpg


c0233349_11231173.jpg


c0233349_11233372.jpg


c0233349_11235340.jpg


c0233349_11242299.jpg


c0233349_11283027.jpg


浦和学院と仙台育英の試合、いい試合でしたね。
選抜の覇者 浦和学院 でもいつも勝てるとは限りません。
勝ち負けは時の運。敗戦から学ぶことが多いことでしょう。心も技術も・・・。
悔し涙は明日の活力・・・。
by akaiga-bera | 2013-08-11 07:20

アオバズク・・・父母

どちらがお父さんなのか良くわかりませんが・・・しかkり見守っていました。

この杜にはオオタカのヒナの声が絶えず聞こえました。飛び交う気配も・・・、これでは昼間お休みというわけにはいきませんよね。

始終目を開いていたのが印象的でした。3羽、何事もなく育っているでしょうか。

c0233349_1130518.jpg


c0233349_11303058.jpg


c0233349_11305374.jpg


c0233349_11311295.jpg

一番下のヒナ、この子が一番大きいように感じました。
c0233349_11393747.jpg


c0233349_1140122.jpg


 一番上が親、二番目にヒナ2羽、そしてその下にヒナもう1羽、その裏側に見えませんけれどもう1羽の親が。
c0233349_11401894.jpg

帰りに美しい蓮の咲く沼が。
c0233349_1274451.jpg



向日葵の花を切ってお持ち帰りして良いと書いてあったのでいっぱいいただいてきました。
家中、黄色があふれ、元気をもらいました。
今年は去年のように開いたのでなくすべて蕾を・・。
一晩水揚げをすると・・・さわやかな優しい花弁が・・・ホントすてき。
by akaiga-bera | 2013-08-03 07:30