水辺の風景・・・シマアジの川

カルガモとシマアジ
c0233349_15191537.jpg


今年も同じ川に来てくれていたそうですね。

昨年はだいぶ遅くになってしまったのですが、たくさん撮って記事も作っていてそのままになっていました。

シマアジ・・・最初はお魚の名前かと。

美しい水鳥さんですね。菜の花の咲き乱れる美しい川辺でした。

c0233349_15193549.jpg


c0233349_1519495.jpg


c0233349_152024.jpg


c0233349_15201888.jpg


c0233349_15203264.jpg

カラスさんもきれいに見えました。
c0233349_15235995.jpg


稀勢の里、優勝。
怪我もあるのに本割と優勝決定戦で、照ノ富士に勝っての優勝。
意思の強い人なんですね。

お隣には無慈悲な独裁国家、やたらと僕は強いぞと。
下隣りは大統領が罷免され政治は空白状態。
ちょっと離れた大国は我がままのし放題。
シリアとイラクではアメリカの空爆で300人近くの民間人が犠牲に。
ウクライナではロシアの反プーチンの指導者ボロネンコフ氏が亡命中暗殺される。
特にプーチン大統領は、自分と思想的に異なるもの、従わない人、背く人はみな抹殺してしまう・・・。
関与をしていても絶対にばれぬように・・・。
怖いですね。
論理も信義も仁愛もないことが世界中で起こっています。


世界中、あまりに多くの出来事が起こっていて、何が何だか理解に苦しむことが多いですけれど・・・日本の政治もなんだかゴチャゴチャ。

森友学園塚本幼稚園の教育の在り方について・・・多くの人が画像を見てびっくりしたのではないでしょうか。
でもあれは今安倍内閣のほとんどの閣僚が入っている『日本会議』の思想そのもの・・・戦前の日本を取り戻そうという考えのもとに行われています。
その『日本会議』議員連盟のトップ2が安倍さんと麻生さん。

安倍さんは、思想的に応援したのかと思いました。
国会での発言も最初は「妻からすばらしい養育をしていると聞いている」と。
私たちから奇異にみえる教育も安倍夫妻にはすばらしく見えていて、なんとか便宜をはかってやろうと思ったのでしょう。
でも、表ざたになり、国民の多くが塚本幼稚園の教育が奇異に映っていると見るや態度を変えました。

どのような結末になるのかは分かりませんけれど・・・自分が信じる思想と今の地位を天秤にかけてしまったのでしょう。
それだけ信じるものに対する強さがないとも言えますし、もしかしたらその思想は利用すべきものととらえていたのかもしれません。
もし、本当に日本がその思想を体現したら良い国になると堅く信じ、そのために全てを投げ出す覚悟があれば、100万の寄付など堂々と認めてよいのでは。
選挙区以外で寄付するのは違反ではありませんし、講演料ももらう方が当たり前です。

私は「愛国」を標榜する人たちが、本当に国を大切に思い、そこで暮らす民に心を向けているか・・・疑わしく思い続けてきました。
また神道を中核にした明治時代に戻った形での天皇制の護持を叫ぶ人たちが本当に天皇に寄りそっているのかと言えばそれも否だと思えます。
今上天皇のご一家は、孫の愛子さまに至るまで、戦前のあり方を深く反省し、そこから脱却した日本の未来を、いつまでも平和日本でありますようにと祈っていらっしゃると思います。

『日本会議の正体』の著者 青木理さんは、宗教学の権威である東大名誉教授島園進さんが述べた次のことを書いています。
「私なりの結論を一言でいえば、戦後日本の民主主義体制を死滅に追い込みかねない悪性ウイルスのようなものではないかと考える。その数が増えて、体全体に広がり始めたら重大な病を発症し、死に至る。」と。
# by akaiga-bera | 2017-03-27 07:06