キビタキ・・・今頃は卵を抱いているかな?

c0233349_02231968.jpg

少し前、お山には山桜が咲いていました。

到着したばかりのキビタキさんが美しい声でさえずっています。

あちこち動き回って・・・まだ住処は決まっていないようでした。
c0233349_02241472.jpg

c0233349_02251366.jpg

c0233349_02245599.jpg

女の子は地味ですけれど愛らしい表情をしますね。
c0233349_02271892.jpg


しばらく出すこともなかった思い出の品たち。
開けてみることもなく、納戸にしまったままだったが、再び残すものを厳選しなければならない。
時期も迫って、結局そのまま持ってきたのだが、箱から出して見るたび、みんなで大笑い。
ああ、こんなことがあったっけ、あら、ここに行ったときは・・・と。
やはりなかなか捨てられない。

衆議院議員の選挙は「小選挙区比例代表並立制」
前回の衆議院選挙の選挙区では自民党の得票率は48%、しかし議席の占有率は76%だった。
各小選挙区では1位しか議員になれない。
だから多くは死票となる。
投票者の意思をしっかり表しているとは言いがたい。
しかし、利点もある。
時の政権が国民を無視すれば・・・そしてそれに国民が気づけばだが・・・容易に変わりうる。
衆院法務委員会での強行採決で思ったことは、国民は選挙で意思を示すしかない。

今、株価は19000円台。
四つの大資金を持つ日銀・GPIF(年金資金)・ゆうちょ・かんぽは、株・国債市場に参入。
政府は政権維持のために高い株価を官・元官を使って維持しようとしている。
しかし、こうした官の介入は市場を混乱させることになる。
なりふり構わぬ介入・・・一旦ことあらば大変な事態を招くことになる。

特定秘密保護法で国民に重要事項は知らせない。
新安保関連法で世界のどこにでも出かけて行って戦争ができる。
内閣による人事権の掌握(官僚・最高裁長官・日銀・NHK会長などなど・・・)によって、自己の不利益になる人事をしない・・イエスマンのみを当てる。
国家戦略特区法で自分の思想や友人知人に有利に。この法律は本当にまやかしだなと思う。内閣のし放題が許される。
ほかにも多々あるけれど、これは皆安倍政権になってから作られたものだ。

そして恐ろしいことに「共謀罪」法案が衆院法務委員会で。
この日、加計学園のことの追求を恐れたのか、安倍さんは法務委に欠席。
森友も加計学園問題も状況的には真っ黒。
「関わっていたなら総理も国会議員も辞める」とおっしゃったのだから、違うなら堂々と皆証人喚問して黒白をはっきりしたらいい。
政治を私的に動かしたことが疑われているのだ。


# by akaiga-bera | 2017-05-22 06:27