タゲリ・・・餌はトカゲでした!

c0233349_10224566.jpg

墓参の帰り、タゲリさんがいるかもとポイントを探しましたが見つかりません。

メインの道路からちょっとたんぼ道に入ると、20羽ほどのタゲリさんがゆったり過ごしていました。

近くでは耕耘機が土を起こしていましたが、それに動ずることもなく・・・慣れているのですね。

一羽の動きが妙なのでレンズを向けると、餌をゲットしたところ、仲間から離れてゆっくり食べたいのでしょうか。

咥えたまま早歩きで群れの端に・・・それでも一羽追いかけていきました。きっと美味しい餌なのでしょう。

最初タゲリさんを見たときは冠羽の妙な形と羽の地味な玉虫色にも驚いたものです。
c0233349_10230108.jpg

c0233349_10231068.jpg

c0233349_10232261.jpg

c0233349_10233377.jpg

c0233349_10234464.jpg

c0233349_10235399.jpg


毎朝のように霜が降りるので、庭の芝生もすっかり緑がなくなってきた。
近くのお宅の10月桜、霜の前まではどんどん華やかになって、寒いときにこの華やかさすごいなと。
寒さに強い桜も霜には勝てないようですっかり勢いをなくしてしまった感じ。


山本太郎議員・・・最初登場の時はその型破りな行動故に、違和感も感じていた・・・。
 しかし、それはほんのわずかな露出時間しか持たない弱小野党ゆえ、最も効果的な方法を考えてのことだったのだと今は納得できる。
 彼は実によく勉強し、データに基づいて発言している。
 時間をもてあまし、つまらぬ質問やおべんちゃら、全く関係ないパフォーマンスで時間をつぶす与党議員を見ると・・・
 もっと勉強しろよと思わず叫びたくなる。
 山本太郎議員にこの時間を与えてあげたらと思ってしまう。

 その山本太郎議員。2012年1090万人だったワーキングプア。
          2016年1132.3万人
  42.3万人も増加、アベノモクスって一体何なの?

 女性のワーキングプアは、37.7万人が増加。女性が輝く社会?
 男性の平均賃金は、2012年 502万円 2016年 521万円
 女性の平均賃金は、2012年 268万円 2016年 280万円
 男女格差           234万円   →   241万円

 多くの女性たちも決していい加減な仕事をしているわけでもなく、価値のない仕事をしている訳でもない。
 非正規というだけで低いのだ。
 
 ユニセフ事務局長が日本の子どもの貧困膣に懸念を示している。
 母子加算は引き下げ学習支援費は廃止・・・ますます貧困率が上がりそうだ。

沖縄でヘリ部品が保育園の屋根に落ちた件で、『自作自演』だろうという非難があるという
 直接電話でも言ってくるらしい。
 子どもたちの命に関わることだから、小さいことでも許せない。
 そしてその後すぐに小学校にヘリのドアが落下したじゃないか。
 沖縄の人々は毎日、米軍の恐怖にもそんな非難の恐怖にも耐えないとといけないのか。
 日本国内で米軍は自分たちの住宅の上は飛ばないらしい。
 でも、日本の子どもたちのいる学校の上はお構いなしに飛ぶんだね。
 日本を未だに植民地って思っているのだろうな。
 同盟国って名ばかりだね。
 悔しいねえ。そんな米国に味方して沖縄の人たちを批判する人たちってなんなの?

 ●国交省、国会が終わったので、今度は省益を考えて、認めたのだろうか
 年末の忙しい時期にこっそり。
 森友から撤去した<ゴミ194トン。
 算定19500トンの100分の1と判明。
 佐川理財局長答弁は全くの嘘だね。

●850万以上給与所得者は増税、自分たちには関係ないと思っている方々、手取額全家庭減ります!
 
四国電力伊方原発3号機(現在定期検査中)の運転差し止めを命じる判決を出した広島高裁。
 原発は今や世界の潮流から外れつつある。
 世耕経産大臣は『原発は今のところ最も安価』だからこれからも国策で続けるという。
 百歩譲って安いとしても、もしかしたら住めない土地ができてしまうというリスクをどう考えるのか。
 実際に多くの学者も、廃炉費用も含め、もし事故が起こったときの保証まで考えたら決して安価でないと言っている。
 現実に東電は多くを国に頼らざるを得ないではないか。

 一万年に1回の火山の噴火を考慮するのはばかげているという方もいらっしゃっる。
 でもその万が一が福島で実際に起こっている。
 やはり画期的な判決だと思う。

 この判決を出した『野之上判事』、今月20日で退官という。
 今や司法も上級の裁判所に行けば行くほど判決には行政への忖度が見られる。
 裁判官は良心と法によってのみ拘束される・・・。
 その言葉もないに等しい司法の現在。
 野之上判事も、あと少しで退官という状況で、初めて裁判官として自由に考えることが可能だったのか・・・・。
 

 
# by akaiga-bera | 2017-12-15 10:24