<   2017年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

サシバ・・・久しぶりの出合い

c0233349_14285341.jpg

コミミズクさんがいなくなった土手は、もう訪れる方もなく、のんびり風景に見入ってしまいます。

声はすれどセッカさんはなかなか菜の花には留まりません。

腐っていると、車が止まって・・・サシバを待っているんですかと。

ついさっきサシバを撮っていらしたといた場所を教えてくださいました。

セッカさんをあきらめて行ってみると教えていただいた通りの場所に。

車の中から撮ったのでピントが甘く残念ですけれど・・・サシバさんがやってくる、そんな季節がやってきたのですね。

c0233349_14313502.jpg

c0233349_14305277.jpg

c0233349_14295612.jpg

c0233349_14292484.jpg

c0233349_14274951.jpg

c0233349_14265462.jpg

c0233349_14271300.jpg


予約投稿にて。


by akaiga-bera | 2017-04-30 06:35

オオルリ・・・やはり青ですね!

c0233349_19531126.jpg

到着間もないオオルリさん、一生懸命さえずっていました。

高い梢でしか遇えなかったのですが、帰り際低い位置で。

近くにアカヤシオが咲いていたのですが、少し離れていて残念でした。

設定を直す余裕があればもう少しお花がくっきりしたのですが・・・。

c0233349_19524623.jpg

c0233349_19522580.jpg

c0233349_19520214.jpg

c0233349_19510857.jpg

c0233349_19512709.jpg

c0233349_19563677.jpg



野菜の植え付け、芝の張り替えなど、みんなで力を合わせて。
前の芝をはがす作業がとても大変だった。
でもやり終えた後は爽快、のども渇いてビールがおいしい。
ピーマン・オクラ・トマト・なす・パクチー・パセリ・イタリアンパセリなど。
あとキウリとゴーヤを植えよう。
冬に植えたセロリがとても立派に育っていて、ミネストローネやサラダに役立っている。
レタスに似た葉物類・ルッコラ・ブロッコリー・三つ葉も家計には優しいしいつもあるのでうれしい。
料理に使うもの月桂樹・オリーブ・山椒・キンカン・レモンなども植えたので、なんとか上手に使っていこうと思っている。

Mくんは9連休とか。
普段、大変な仕事をこなしているのだから、連休はゆっくりしてほしい。
孫娘は相変わらず超多忙な生活。
一緒に暮らすようになっても・・・じっくり顔を見せてもらうこともままならなそうだ。
応援団・部活動・塾etc. 高校生って本当に忙しいんだ。

北朝鮮の危機をあおっても、閣僚の多くがGW中に海外視察?だし、肝心な安倍さんもロシア・イギリスへ。
本当に戦争が起こるならこんな悠長なGWはないだろうに。
安倍さんが行ってもロシアの態度が変わるとも思えないし、現実には飛行機で墓参ができることと経済協力を推し進めるための調査を始めることに合意しただけらしい・・・。

前の復興相今村さんも失言、派閥の長の二階さんもマスコミは!と。
なんだかんだと自分と異なる意見を持っているものは排斥の対象なんだなあと思った。
でも、反対意見に耳を貸さないというのは、自分の意見も試練にあわず、本当に正しいか否か検証の機会をなくしてしまう。
安倍さんだけでなく、多いなあこういう方々。



by akaiga-bera | 2017-04-29 14:14

キビタキ・・・渡りの途中

c0233349_10575246.jpg



c0233349_10572533.jpg

c0233349_10570517.jpg

c0233349_10564466.jpg

c0233349_10562539.jpg

受粉した桜は中心が赤くなると、つい先ごろ教えていただきました。とてもきれい。
c0233349_10555384.jpg


数日前の朝日新聞関西版に下記の投稿が掲載されていたそうです。
村上敏明さん、京都府82歳。

「妹に薬飲ませ・・・失った記憶」
 46年春、旧満州(中国北東部)四平で、中国共産党軍と国民党軍は内戦中だった。
父は徴兵されて音信不通。
砲火の中、母子5人で暮らした。
 7月、日本引き上げが決まり、家に日本人会の男性数人が来た。
1歳の妹について「長い旅に耐えられないから殺しなさい」と毒薬を渡された。
母が抱き、小学6年の僕がスプーンで飲ませると死んだ。
その後の幾つも記憶を僕は失った。
後年再会した同窓生によると、その日僕は泣きながら毒を飲ませた様子を話したらしい。
 心身共に不調だった母が荷車に横たわっていたのは覚えている。
弟2人と共に貨物列車に乗せた。
引き揚げ船出発地の葫蘆島に到着。
処方された薬を母は飲んでいたがある日、僕は別の粉薬を医師から渡された。
僕が飲ませると、母は泡を吹いて死んでしまった。
ぼうぜんとした僕。
通夜で弟2人と僕は黙り込んだ。

 8月3人で父母のふる里、京都へ。
祖母の懐に飛び込んだが、上の弟はすぐに病死した。
 
 今75歳の弟と私。
安保法制や、昔の治安維持法を想起させる「共謀罪」法案に反対だ。
「誰の子どもも殺させない。いつまでも平和を」と声を上げ続けている。


末尾の赤の部分は、関東版に載せられるとき削除されていた。
何故この部分は削除されたのか、聞いてみたい。
ツイッターで取り上げていらした方も、村上さんは単に思い出話を書いたわけではないと。
前段の悲しいつらい悲惨な過去があるからこそ、2度と繰り返してはならないと強く心に誓って行動されているのだ。
新聞社がこうして自己規制していくことこそ、真実が伝わらない原因だ。
太平洋戦争に至る過程、戦時下、ずっと報道機関はご用新聞となって、マスコミ本来の任務を忘れた。
結果、国民は判断の材料を与えられず戦争を続けることになったのだ。
「知る」権利が重要なのはそこにある。
by akaiga-bera | 2017-04-23 12:26

オオタカ・・・初めての2羽一緒

c0233349_09105872.jpg


時々、えさを運ぶ親鳥を見たことはありましたけれど、成鳥を撮ることができたのは今回が初めてです。

それも2羽がそろって・・・とてもうれしかった・・・。

地元の皆様方、本当にありがとうございました。

一人では見つけらませんでした。それも空抜けではなく青葉の中、帰ってパソコンに取り込みあらためて喜びを感じました。

♀はまだ若いようで、♂は若紫の成長を見守り育てる光源氏の心持ちでしょうか。

食い気の方が勝っているようでかわいかったです。

c0233349_09104044.jpg

c0233349_09102294.jpg

c0233349_09095592.jpg

c0233349_09092052.jpg

c0233349_09085124.jpg

c0233349_09080869.jpg

c0233349_09075275.jpg



庭の草引き、だいぶ少なくなったけれど次から次へと出てくる。
お花が咲き始めて・・・冬の庭とは比べようがないほど華やかになった。
シャガ・スズランスイセン・アイリスなど。
移植した木々や草花たちが新しい芽を出してくれるのは何よりうれしい。
昨年、新居に引っ越してきたときは、すでに芝の季節は終わっていて・・・別の芝の種をまいたのだけれどやはり見栄えがよくなくて・・・結局、芝生は作り直しということになった。

ご近所の方から採り立てのタケノコを頂戴した。
穂先は甘皮がついたまま焼いて・・・岩塩でいただいたが甘くて実においしかった。
タケノコご飯も大好評。新鮮って最高。


来日していたペンス副大統領はトランプ大統領とともに「(軍事)力により平和を達成する」と。
安倍首相もすかさずアメリカの方針を認め、アメリカも日本を守ると。
正面切った戦いは多くの犠牲を生む。
力で威嚇しあった結果、大きな戦争になっていた史実を学習していないのだろうか。
今こそ、日本の外交力が試されている・・・。

同盟を組むということは、助けてもらうだけではない。
攻撃されるリスクも同じ分存在する。
今、北朝鮮は、日本との国交正常化を懇願しているようにも思う。
昭和16年、開戦前から分かっていた日本の敗戦。
国力に圧倒的な差があった。
今の北朝鮮にも通じるものがある。
始めたら北朝鮮の負けだ。
北朝鮮だって分かっている。
体制の崩壊もあり得る武力行使は避けたいに違いない
このまま突き進むなら・・・日米韓は何らかの痛手を受けずには済むまい。

テレビ朝日の番組で、玉川徹氏が、「政府の一番の仕事は、国民を飢えさせないこと、戦争に国民を巻き込まないことだ。」と述べていたのが印象的だった。
日本の果たすべき役割、武力行使に至らないよう、双方を説き伏せる外交力を発揮することだと思う。。




by akaiga-bera | 2017-04-22 10:30

いらっしゃい!・・・ノビタキ

c0233349_09370111.jpg


桜のピンクから緑の季節に、もう初夏になったのかと思うような暑い日もありました。

今朝はひんやりとして・・・涼しくしのぎやすい。

24節季で今の時期は「穀雨」だそうです。次は「立夏」で、まさに晩春なんですね。

お山の桜も一足遅れで咲き始めていることでしょう。

こんな時季、ノビタキさんは夏羽になってやってきます。

ノビタキさんが訪れると、季節の移ろいを感じます。

まだ旅の途中、子育ての地に無事ついてたくさんのヒナを育ててくださいね。

c0233349_09382921.jpg

c0233349_09374353.jpg

c0233349_09371818.jpg

黄色いノウルシはきれいですけれど、他の植物を駆逐しそうな勢いで繁殖しているようで、少し心配です。
桜草公園でも、ノウルシが桜草の勢いをそいでいるようでした。
ノウルシの場所から帰る途中の堤防にも。
c0233349_09391644.jpg

c0233349_09385920.jpg


「捨てる」ことに慣れていず何でもとっておいてしまっていたので、今になって、大変なことになっている。
まだまだ片付かない。
ずっとそればかりをやっているとストレスがたまるので、気分転換にお買い物や鳥さんに。
途中、2回引っ越しの時はあったけれど、多くの荷物はそのままだった。
半世紀近くの堆積物、そうは簡単には片付かない。
もうしばらく頑張らないと・・・。

安倍内閣の閣僚の劣化が止まらない。
思わず発した言葉はその方の本質を表出したものであることが多い。
翌日、取り消し・謝罪したとしても、一度発したものは元には戻らない。
こんなにも問題の多い閣僚を抱えた内閣が未だもって存在しているということに納得がいかない。
政治家というのは、権力志向とお金と男女のことにしか興味がないのか。
本当に情けなく胸の奥に悲しみが広がる・・・。
このような閣僚たちを抱えた内閣が、いざというとき、私たち国民の命を守ってくれるのだろうか。

一強のおごりか。
森友問題も官邸の横暴なガードと北朝鮮問題で、国民の目先を変えようとしているように思える。
夫人付きの谷さんは、イタリアに栄転ということだ。
ノンキャリに普通はこのような人事はしないとのこと。
安倍夫人が「あなた一人に負わせません」と述べた文を元経産省の職員の方がどういうわけか受け取ったというが、本当にそうだった。
谷さんをしゃべれない状態にしたのだ。
こういうことを通して、夫人が主人からですと渡したという100万の寄付の真実性が確かになっていく。
財務官僚のあまりの答えようも国有地払い下げに首相が深く関わっていたことを裏付けている。
国会に招致すべき人たちがまだまだ多くいるのに・・・。
呼ばないということが政治家の口利きを物語っている。

現内閣の国民にしっかり説明しない姿勢は、TPP、安保法制、特定秘密保護法、それぞれひどいものだと感じていたけれど、今回のテロ等準備罪(中身はテロ等に葉なっていないようなのでこれからは共謀罪としようか)においてもまた同じ。
国会答弁でも金田法相の答えは勉強不足だ。
答弁を聞いていると、エッなんだこれは回答になっていないという場面が多い。
来歴を見ると、一橋大学から財務省の主計局というから官僚の中でも優秀な人だったのだろう。
法案を理解しようと思えば、可能であるだろうに・・・真摯に勉強する姿勢忘れてしまったのだろうか。
まあ、質問者が回答者を選ぶルールも無視して官僚に説明させるなんて・・・あまりに情けない。

安倍さんは、反対者のいないやりやすい政治を目指しているらしい。
●安倍内閣になって官僚の人事は官邸が握ることになった。→官僚も出世をや身の安全を考え、内閣には反対できない。
●日銀人事も安倍さんの意向に添う黒田さん→都合のいいように日銀は独立した機関だと言ってのける。黒田さんが安倍さんの意向に添わなければすぐにもすげ替えられるのだ。
●最高裁判所判事の使命は内閣だ。→安倍さんの意向に添う判決が出されなければこれも時期を待ってかえるのだ。
●国家戦略特区法をよく読むと→超法規的で、例外を限りなく認めることができる。内閣のさじ加減でどうにでもできるそんな中身になっている。この特区法こそ、やりたい放題を可能にする法律。現に安倍さんのお友達加計氏が経営する学園は教育の一大コンツェルンとなっている。
●新安保関連法→憲法に違反してどこにでも戦争に行けるようにした。
●特定秘密保護法→国民に見せないことが公然と可能になった。
●年間35億もの官房機密費→あふれるお金を使ってマスコミ対策等・・・何せ領収書なし・使途も明かさなくていいお金だ。使い切れないお金はどうなるのだろう???
●指導要領の改定→日本の学校を森友学園化しようとしているのかな。銃剣道を教える、道徳を正規科目とする、教育勅語は教材としては可としさらにヒットラーの「我が闘争」もOKとした。
●広告主の意向をくまざるを得ないマスコミにもかなりの圧力、NHKはお金を払っている視聴者じゃなく今や政府の機関のよう。官邸の意向を忖度している。

こうしていろいろな部分から、安倍さんのやりやすい政治が完成されつつある。
安倍さんは、美しい言葉をよく使う。
上滑りだなと感じる。
裏の真実を考えてしまう。
いったい安倍さんは何を目指しているのか。
誰も反対できない政治?

ということは、北朝鮮や中国のような独裁的な国家?
本当に笑えない。
実によく似てきているのだ。

一強を崩し、反対する勢力があってこそ、国の政治は正しい方向を向く。
反対勢力があまりに微弱なために今の状況が続いていくことを恐れる。


by akaiga-bera | 2017-04-21 11:22

桜のお池のカワセミ・・・

c0233349_23020902.jpg


優しいピンクにカワセミブルー、とてもしっくりしますね。

それにしても優しい色の桜は何だか気分をほっこりさせてくれます。

カワセミさんも子育ての時季に。そのうちヒナが青葉の中を飛び交うことでしょう。



c0233349_23071971.jpg




c0233349_23064124.jpg




c0233349_23055114.jpg




c0233349_23043520.jpg




c0233349_23040368.jpg


昨日は、久しぶりに色々な方とお目にかかりれて、嬉しかったです。

しばらく忙しく、ブログの更新は断続的になると思います。




by akaiga-bera | 2017-04-14 10:35

ノウルシとツグミ、桜とシジュウカラ・・・

ノウルシの中にツグミさんが。
ツグミさんと言えば、冬鳥さんの中では一番遅くまでいてくれる気がします。
今日も遇いました。
まとまってきているのでもうすぐ旅立ちのように思います。
数歩歩いて止まって、姿勢をただし、まっすぐ前を見つめる姿が、愛らしい・・・。

c0233349_2210507.jpg



c0233349_22204362.jpg


梅にシジュウカラさんもきれいでしたが、桜もいいですね。ほんの一瞬だけ乗ってくれました。

普段あまり撮らないのですけれど、とてもきれいな鳥さんです。



c0233349_2294394.jpg




c0233349_2210990.jpg



c0233349_2210294.jpg

米ロ・米朝・米中とアメリカ絡みの問題の多いこと。
目まぐるしく変わる世界情勢・・・変化についていくのもあわただしい。
緊迫した朝鮮の様子は近いだけに心配ではあるけれど・・・そればかりになり、国内問題をおろそかにしてはならない。

他所に目を奪われている間に、多くの重要法案が国会を通過してゆく。
良いものもあればこれからの私たちの生活の枷になるものもある。
森友学園問題は何も解決していないし、今や国や大阪府も籠池氏に責任をなすりつけようとしている。
確かに籠池氏のやりようは多くの法を犯している。BR>
しかし、あまりに一方的ではないか。
補助金はや助成金を引きだすためにウソを並べたことは許すべきではないけれど、それを積極的に許した側はおとがめなしとは・・・。

忠実な臣民を作って来た戦前回帰の思想を具現化しようとしていた森友学園の小学校。
そしてそれを後押ししてきた日本会議、その思想を持つ安倍さんや松井さん。
今国民の前にさらされることになった途端、逃げ出し、知らぬ存ぜぬ・・・そして籠池悪しで収束しようとしている。

財務省の森友学園との交渉記録、データ復元もは可かもと言われていたけれど、できないのだと言っていた。
電子化されたデータも手書きのメモも全くないというのはおかしな話だ。
それにしても吾川理財局長の答弁はそっけないし心ないと感じる。

厚生労働委員会で、森友学園の問題を出したら、自民党は怒って強行採決。
短い審議時間がさらにカットされた。
なんで自民党は、そこまで怒るのか、何も問題ないなら予算委員会でもしっかり自ら正しいことをさらすべきだった。

最近、佐川理財局長も日本会議の一員だと知った。
公正であるべき公務員の佐川理財局長は今も日本会議や安倍さん、麻生さんのために必死で戦っている。
それは滑稽なほど・・・。
なんで、ウソって思えるような答弁を繰り返すのだろう。
彼が日本会議の一員ということで納得がいった。

by akaiga-bera | 2017-04-13 22:54

梅にシジュウカラ・・・

c0233349_17062747.jpg

梅と桜は春の深度を知らせてくれる花。

どちらも美しい。それでも私的には梅は白梅、桜は染井吉野でしょうか。

白いオオシマザクラの方が好きですが、圧倒的な存在感でソメイヨシノ。

少し前のものですが、公園の小さな梅林にやってきたシジュウカラさんです。

今は、すてきな声で囀っています。



c0233349_17060856.jpg




c0233349_17054836.jpg




c0233349_17053056.jpg




c0233349_17051499.jpg




c0233349_17045818.jpg



ベニマシコ
c0233349_18043977.jpg



月曜日、あちこちの桜を見るツアーに参加した方が、上越高田の桜が見事だった、高遠の桜はまだこれから、でも途中の桜がとてもきれいだったと教えてくださいました。
びっくりだったのは、お宿が志賀高原だったそうですが、雪のためバスはチェーンを巻いたそうです。
4月も半ばですのに・・・それでももう最後の寒気とのこと・・・お花の季節ももうすぐ終わり、いよいよ緑の季節に。
夏鳥さんも少しずつ増えていきますね。

一昨日と昨日、諸手続。
転出・転入届、免許証の住所変更、その他もろもろ。
●●歳にして初めて埼玉県を出ます。
新しい場所に移る期待感よりやはり住み慣れたところを離れる寂しさの方が勝っている気がします。




by akaiga-bera | 2017-04-13 22:50

ヒレンジャク・・・少し遅れてやってきました!

c0233349_22451084.jpg

数えませんでしたが、20羽近く。

いつもより遅く山から下りてきました。

お天気もよくなくて、空バックはきれいな色が出ません。

やっと留まってくれた下の方、木々の若芽や地味ですけれどお花が季節を感じさせてくれます。

c0233349_22453047.jpg



c0233349_22454811.jpg



c0233349_22461287.jpg



c0233349_2246333.jpg



c0233349_22464780.jpg



昨日、県内の小学校は入学式らしく、ぴかぴかの一年生がお父さんお母さんに手をひかれて通り過ぎる。
今は、お父さんお母さん揃って出席なんですね。
子どもの成長、今思うとあっという間の出来事だった・・・。
夕刻、高校でも入学式だったらしく、数人が制服姿を見せに来てくれた。
女の子はスカート丈が気になるらしく・・・花のJK楽しい思い出いっぱい作ろうね。

『窮鼠猫をかむ』
追いつめれば、身を捨てる気になれば・・・なんでもできる、怖くもない、どんな強敵にも立ち向かってしまう。
そんな危ない方向へ隣国の若き指導者が陥りませんよう・・・祈ろう。
70歳のトランプさんと半分にも満たない33歳の金正恩、世界の均衡が崩れて大きな戦いに発展してしまわないよう、思慮深い対応が求められる。

草の根の付き合いだったらどの国の方々もそれぞれ優しく付き合うことができるのに。
権力を持ったものはそれを持ち続けるために・・・さまざまな動きを見せる。
名もなき一国民のことなど考えていないのだ。
国連も歯止めにはならず、大国アメリカ・ロシア・中国の指導者の冷静な対応を望む。

真央さん、お疲れさまでした。
お知り合いの中にオリンピックを目指して水泳を頑張っている方がいて、その練習の大変なこと、聞き及んでいます。
家庭はお金も時間も本当に大変なようです。
みんなを楽しませてくれた美しい演技もそういった大変さの結果として生み出されたものなのですよね。
これからは少しゆっくり枷のない生活を楽しんでくださいね。


by akaiga-bera | 2017-04-11 08:02

MFのベニマシコ・・・さよなら、また!

c0233349_14173951.jpg

しばらく同じ場所でお食事してくれたので、少しずつ背景を変えてと撮ることができました。

長くなった滞在、人間をあまり恐れません。

猛禽の方が怖いですものね。

もうすぐ北へ出発です。また帰ってきてくださいね。


c0233349_14192555.jpg



c0233349_14190464.jpg



c0233349_14184600.jpg



c0233349_14182853.jpg



c0233349_14175942.jpg

アズマイチゲのしろい花。清楚な白い花に惹かれます。別の場所でカタクリも咲いていました。


c0233349_14265514.jpg


故郷の町から見えると言えば、浅間山と赤城山。
今朝は裾を桜並木で飾り、頂いた雪がオレンジ色に輝く浅間山、少し移動すると、今度は菜の花に飾られた浅間が見えました。
まだ、ほかの山々は陽が当たっていなくて・・・浅間山だけが・・・すてきな季節です。

議会にはからずシリアを空爆したトランプ大統領。
もちろん生物兵器・化学兵器は許せないけれど・・・決断の検証は重要、他の意見も聞かなければと思います。
独断は、結果の如何にかかわらず、危険を伴います。
核兵器のボタンを握る大統領の決断、本当に難しいですけれど・・・くれぐれも慎重に慎重に。

大統領選挙中、トランプさんの補佐官だったフリン氏(すでに辞職)が駐米ロシア大使と経済制裁解除について協議したという疑惑が取りざたされています。
そうした一連の疑惑を払しょくするため、ロシア(シリア政府を後押ししている)に強く対応していると国民に見せると言う側面も否定しきれないと。
単に人道的な立場に立ったものではなく、様々な思惑の結果の空爆であるなら・・・心配は広がります。
どうか力と力の応酬になりませんよう・・・。

テレビの報道番組はここ2週間ばかり、コメンテーターや招聘される学者や評論家に大きな変化が見られます。
安倍さん応援団の人たちが今までいなかった局にも進出。
おそらく各局はピリピリになっていて、安倍政権に忖度しているうようですね。
もしかしたら「公平にやれ」なんてお触れがあったりして・・・マスコミもいよいよ自主性失くしてしまったかと思ってしまいました。

しかし、双方並べることによって、安倍さん応援団コメンテーターのあまりに乱暴な擁護ぶりにかえっておかしいと思わされる場面が多々あるのです。
どうしても違うと主張しないといけないんでしょうか。
つじつまが合わなくなってくるんですね。

それにしても「籠池悪し」で幕引きしたい官邸と大阪府、このまま終わらせてはなりません。
官邸の意向が働いて、あれだけの値引きになり、大阪維新の力が働いて小学校認可になった事実を究明して行かなければ・・・。

特区で千葉科学大学ができた銚子市は、税収も当初予定に半分ほどしかなく、お金をかけて招致したのに厳しい財政状況になっているのだそうです。
この大学を経営する加計学園グループ(順正学園グループを含む)の総帥加計孝太郎氏は安倍さんの腹心の友ということです。
特に岡山理科大学の今治市に新設する獣医学部は、わずか7日間で締め切り、他の学校が検討する時間も与えませんでした。
そして36億もの土地が無償で加計学園のものとなり、さらに多くの助成金が今治市から出されています。

安倍総理は、特区にはスピード感が必要、さらに地方を活性化するためにと国会で言っていましたけれど、なぜ加計学園のみが優遇されるのでしょう。

by akaiga-bera | 2017-04-10 16:36