<   2016年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

お世話になりました!

2016年、平成28年もあと二日。
今年もまたたくさんの方々に助けられた一年でした。
年を追うごとに感謝の気持ちなしに一日を終えることができなくなった気がします。
皆様、本当にお世話になりました、ありがとうございます。


今年は大きな決意の年になりました。
仕事をやめる決心をしたこと。
長年親しんだ埼玉を離れ、終の住処を決めたこと。
そのためたくさんの思い入れの品々を捨てたこと。

仕事のない生活はどんなものになるか想像がつきません。
自由に時間を使えるということがどんなものか分かりませんけれど、感謝の気持ちを今度はお返しするときかなと考えます。
何か小さなボランティアと今まで学びたくて学べなかったことも・・・。

最後の画像に何を選ぼうか思案しましたが。
珍鳥撮影に出掛けたおり、釘づけになったハトさんカップルに。
いがみ合わず「睦む」ということはなんと素敵で感動的なんでしょう。

c0233349_8124958.jpg


c0233349_813382.jpg


c0233349_8131568.jpg


c0233349_8132739.jpg

チフシャフさんも、仲間たちの過ごす繁殖地に再び帰れますように。
c0233349_8163151.jpg



昨夜、お届けものがあって、7時ころ歩いて近所へ。
帰り道、金星が燦然と輝いて深い深い群青の空に一際美しかった。
輝きを増す星にこれからの平安を祈った。
by akaiga-bera | 2016-12-30 08:34

ハイイロチュウヒ♀・・・たぶん?

c0233349_5511218.jpg


ハイイロチュウヒさんとチュウヒさんをはっきりと見分けられません。

ハイチュウさんは尾の付け根が白いとか顔がお面を被っているようと本には書いてあるのですが、自身がありません。

まあどちらでも、猛禽が空を気持ちよさそうに飛ぶ姿はとても素敵。

葦原は11月の雪で少し圧されて、私のような背の低い者にも見ることができるようになりました。

葦原の中に何か見つけるのでしょうか、なかなか顔を向けてくれません。

この日は抜けるような青空、景色も最高でした。

c0233349_5512658.jpg


c0233349_5513764.jpg


c0233349_5514883.jpg


c0233349_552573.jpg


c0233349_5521916.jpg


c0233349_552336.jpg


c0233349_5524431.jpg


c0233349_5530100.jpg


昨日で年内の仕事は終了。
今日は打ち揃ってお墓参りに。
大いにお世話になった娘の友人家族も集まる。
さあ、やるぞと気合を入れてがんばろう。。
by akaiga-bera | 2016-12-29 06:04

アカハラ・・・小枝に

c0233349_22415672.jpg


忙しくて、撮りためたものも整理の時間がありません。

少し前に探鳥中に出遇ったアカハラさんに穴埋めしてもらいましょう。

下で落ちた木の実を探していたのでしょうか。足音に驚いて小枝に乗りました。

夏は高原の木のの天辺で美しい声で囀るアカハラさん、今の時季はほとんど声もありません。

遇えない年もあったので、今年はMFの公園でも何回かの出会いがあります。

きれいな草地や、春先の初々しい芽のついた枝にでも乗ってくれるの期待しましょう。

c0233349_22411232.jpg


c0233349_22412653.jpg


c0233349_22414214.jpg


c0233349_22422540.jpg


c0233349_22424945.jpg



年内最後の歯医者さんに。
歯のお掃除、ついでに怪しいところがないかチェックしてもらう。

少し前に頂いたスイセン、硬い蕾だったのできっとずっと後だろうと思っていたのが咲き始めて、優しい芳香を放っている。
和室は締め切りのことも多いので、ふすまを開けたとたんにいい香りが。
初春の呈。
by akaiga-bera | 2016-12-28 09:12

チフチャフ・・・聞き慣れない名

c0233349_882538.jpg


通常の生息域はユーラシア大陸だそうです。

播磨平野に伺ったとき、マナヅルさんに行ってしまい、淀川沿いのコミミさんとチフチャフさんは諦めた経緯があります。

近くに来ているとお聞きし、もう今年は出掛けない予定だったのですが、11時には撤収と決めて。

すぐに遇えたのですが、虫食いの一種、すばやいすばやい、手ごわいです。。

柳の木で小さな虫を獲っているらしく、スッキリした場所にはなかなか出てくれません。

この前の珍鳥モリムシクイさんから見るとほとんど黄色味はなくて、ウグイスのような鈍色。

小さな声で鳴くので、その声をたよりに。初めてでしたがキュートな鳥さんでした。

c0233349_884414.jpg


c0233349_89116.jpg


c0233349_893986.jpg


c0233349_895610.jpg


c0233349_8101934.jpg


お友達がおいしいちらしずしと煮ものを届けてくださった。
そして美しい色紙2枚。
25年もお習字を習っている。
どんな額に入れようかな。
芸術と音楽と手仕事苦手の私の周りには、それを補ってくださる友人たちがいる。
本当に感謝。

K氏の年賀状もやっと終わり・・・毎年長文の賀状。
いつも私が作る・・・。
でも例年私の小鳥画像を使ってくれるのでこちらも感謝すべきか。

来年、トランプ氏が大統領になる。
各国との力関係にも大きな変化がありそう。
世界の構図が少しずつ変わっていく・・・。
オバマさんと全く方向が違う新大統領・・・どうなるのかな?

安倍さんが真珠湾に。
いつか他の国にも公平にしなければならない。
by akaiga-bera | 2016-12-27 11:34

ゴジュウカラ・・・やはりこの態勢がすてき

c0233349_082093.jpg


ゴジュウカラさんもシンプルカラーの美しい鳥さんです。

派手ではありませんが押さえた色数と優しい色合いが気に入っています。

そしてこの態勢、やはりゴジュウカラさんはこの格好を撮りたい・・・。

c0233349_08489.jpg


c0233349_0313066.jpg


c0233349_092412.jpg


鋭いくちばしで木肌の中の虫や卵を上手に引き出します。

寒い場所でも住めるのはこの食糧確保の方法があるからですね。
c0233349_093619.jpg


日頃よりハードな仕事量に久々に疲れたけれど充実感の方が勝って、頂くビールもおいしい。
体が慣れたころに終わるのだけれど・・・。
長い長い時間をこうして過ごしてきたなあと最近は日一日と終章に近づいていく寂しさも味わっている。

日露首脳会談は成果があったかというネット上のアンケートがあって、全くなかったに投票した人が43%だった。
それで、またロシアに出掛けて再び交渉しないとということになったのかしらん・・・。
動きが派手でも実質的な結果を出せないでは・・・。
by akaiga-bera | 2016-12-26 06:06

カワセミのお食事・・・

c0233349_8104670.jpg


獲ったのはドジョウのようです。

6枚にまとめましたけれど、振り回す・打ちつける作業をずいぶん長くやってから、やっと飲み込みました。

もう少し光が欲しかったなあ。いや、やはり技術の問題。

いつか暇な時間が増えたら、カワセミさんをじっくり写してみたい。

ただシャッター圧しているだけではだめなのですよね。

c0233349_811274.jpg


c0233349_8111492.jpg


c0233349_8112743.jpg


c0233349_8114077.jpg


c0233349_8115259.jpg


やっと年賀状を作り終えた。
玄関脇の物入れを片付け始めたのはよいのだが、終わらず。
玄関がものであふれている。
29日まで連日仕事もあるからなかなか終わらない。ため息。

トランプさんがツイッターで、ロシアに対抗して「核戦力強化」すると述べた。
プーチン大統領が国防省高官との協議で「核戦力強化」を打ち出したすぐ後のことだ。
ヨルダン川西側はイスラエル建国によって逃れた人たちが住んでいる。
そこにもイスラエル人の入植はとどまることを知らない。
さらに土地を追われる人々が・・・。憎しみは増すばかり。
オバマさんはそんなイスラエルの姿勢に警鐘を鳴らしていたけれど・・・トランプさんは親イスラエル、強硬派のネタニアフ首相とも仲良しとか。
大使もその考えに沿った人が選ばれた。
中東はさらなる紛争拡大の要素でいっぱい。
西側が後押しするイスラエルは核保有国。
イスラエルには核保有を認めていて対する国々には認めない。
こういった二重基準が当たり前の世界の強国の考え・・・おかしいよね。
やはりトランプさんが大統領になるのは心配。
by akaiga-bera | 2016-12-25 09:17

ハイイロチュウヒ・・・やはり美しい!

c0233349_9143649.jpg


昨日は年内最後と思って出掛けました。

強風なので期待もなく・・・しかし、景色は最高、見ているだけでゆったりした気分になります。

諦めて帰ろうかと思い車を走らせると、途中、お知り合いに。

ポイントを教えて頂き、ハイイロチュウヒさんにもう少し粘ってみようかと思いました。

誰もいなかったのですが、ミコアイサさんの一団とヨシガモさんがいるので粘る気になりました。

そんなとき遠くに。光は夕陽に近かったですが、順光。

♀やチュウヒさんも飛んでくれて、いつになく楽しいハイチュウさん撮影でした。

お礼に戻ると、そこでもまだ飛ぶ回るハイチュウさんに。でもピントが・・・ほとんど捨てでした。

c0233349_9144992.jpg


c0233349_9145979.jpg


c0233349_9151192.jpg


c0233349_9152457.jpg


c0233349_915357.jpg



コーヒー屋さんになかなか行けなくてしばらくぶりのコーヒー。
香りで満たされる。
お正月は横浜で迎える予定なので、夢ちゃんも連れて行かねば。
夢ちゃんの新居とトイレと首輪とリードなど新調。
爪とぎは未だになじんでくれず、お稽古用の着物のボディを持っていかないとならない。
新居は気に入ってくれたのだけれど、前の晩喧嘩したようで今や丹下左膳のような傷。
ピンクのお家に丹下左膳は全くにあわない。
娘のところに画像を送ったら大笑いされた。

拉致された家族の皆様、もうみな高齢になられた。
一日も早く取り戻してあげないと・・・。
あれだけ声高に言っていた安倍さん、みな誰に頼むこともできない・・・。
就任当時、拉致問題は安倍政権の懸案事項でもあった。
どうか、最優先の事案として頑張ってほしい。
何か手はないのかと考えるけれど、いくつかネット上で参考になるものもある。
北朝鮮をよく知る蓮池さんがいくつか手立てを提案していた。
どうかどうか一日も早くそんな日がきますよう、祈りましょう。
by akaiga-bera | 2016-12-24 09:40

お山のウソ・・・

c0233349_110476.jpg


目的の鳥さんは、もう同じような画像しか撮れないので、少し歩いて見ることにしました。

歩きながら鳥さんがいてもいなくても自然にはいろいろ発見があり、おもしろい。

数年前、5月に訪れたときのことを思い出しながらゆっくりと。

冬場にこの地に来たのは初めて。

あらっ、ヌルデの実がある、鳥さんいないかなあ・・・と見上げると、十数羽の鳥さんの群れ、ウソさんでした。

c0233349_1111745.jpg


c0233349_1113366.jpg


c0233349_1115998.jpg


c0233349_1122386.jpg


c0233349_1123879.jpg


ご近所の方から頂いた沢庵が超美味。
ご主人が家庭菜園をなさって奥様はそれを無駄にしないよう、佃煮や漬けものをお作りになる。
いつも頂く自家製の味は絶品。
朝からお茶うけにポリポリ頂いてしまった。



糸魚川の大火事・・・大変なことに。
強風にあおられ延焼して9時間も。
避難された方々はここまでの大火事になるとは思わず、多くのものは持ちだすことはできなかったそうだ。
火事は、貴重品だけでなく思い出の品々も焼いてしまう。
本当にお気の毒。
楽しいクリスマス・お正月を控えて・・・・・・。
お怪我をされた方数名と・・・でも命が失われなくて良かった。
あらためて火って怖いものだと・・・。

宮城ではカキからノロウイルスが検出され出荷停止、いくつかの県では鳥インフルエンザで亡くなった鳥が発見され殺処分に。
一生懸命に育てた方がたの落胆を思う。
この方がたも、浮かれ気分にはなれないだろう。
年末、悲しい事件事故がもうありませんよう・・・・・・。
by akaiga-bera | 2016-12-23 07:26

カシラダカ・・・シックな色合い

c0233349_2323911.jpg


冬鳥さんのカシラダカ、冬枯れの景色の中で撮ることが多いのですが、近くの篠竹に留まりました。

地味な中にも白とのコントラストがとてもあでやか。

カナムグラの群生の中、あちこちへ飛びながら食事中。

MFの公園は散歩のつもりで歩いています。

ですから、たとえ出遇いが少なくてもがっかりはありません。

多くは場所を選んで半周ですけれど・・・楽しみな時間です。

c0233349_232548.jpg


c0233349_2322144.jpg


c0233349_2342042.jpg


c0233349_2335863.jpg


c0233349_234355.jpg


かなりの広さのカナムグラの群生、夏はきっと圧倒的な量の草に覆われていたと思います。
モズ・アトリ・スズメ・アオジさんなどたくさんの鳥さんの餌場になっていました。
c0233349_881084.jpg



今、メジロさんの声が・・・きっとお庭の匂い椿に。
全てを美しくベールをかけてくれる川霧・・・。
鮮やかなオレンジの朝日が欅の裸木のシルエットを浮かびあがらせる・・・。
優しい色に暮れてゆく夕景・・・。
日々白さを広げていく遠山・・・。
美しいものに触れられる喜び、幸せを感じるそれぞれのとき。

鳥友からカレンダーを頂いた。
彼女は毎年カレンダーのテーマを決めている。
今年は『採食』、色々な鳥さんのお食事風景。
来年はどんなテーマで撮るのかな?楽しみ。
私の撮影はテーマがないので、少し考えなければと思っている。
まあ、いいのかな、私のは「癒し」があればよかったのだから。

出生数がとうとう100万人(2015年100万5677人、2016年98万1000人)を下回ったとの記事。
タンス預金が増加しつつあるという記事。
どちらも根っこは同じかしら?
将来への不安。
これを取り除かない限り景気の根本的解決はなさそう。
by akaiga-bera | 2016-12-22 08:31

ルリビタキ・・・♀

c0233349_1602653.jpg


同じルリビタキさんなのに違う個体のようにも見えます。

背景が異なるだけでずいぶん感じが違ってきます。

シノダケの生い茂る林の中、ルリさんの好みの場所ですね。

鳴き声で気づき、しばらく待つと見えるところに出てきてくれました。

c0233349_1601593.jpg


c0233349_1603945.jpg


c0233349_1605139.jpg


c0233349_161524.jpg


新潟県で福島の原発事故で自主疎開なさっている子どもさんが友人からいじめを受けていたという。
子どもたちだけでなく先生もということで問題になっていた。
悲しいことですねで済まされない大きな問題だと思っている。
学校で説明会があって多くの父母が集まったと。
もちろん先生の心ない発言は許しがたい。
子どもの心に深く突き刺さってしまったことだろう。
父母のみなさんも先生のみが悪いと決めつけるだけで終わってほしくない。

子どもの発言を形成するのは多くは家庭・父母の考えだ。
小学生の子どもはまだまだ多くの知識があるわけではないのだから、家庭内で差別的発言や考えがあれば、自然その方向にいってしまう。

やむを得ず故郷に住めない人たちにもう少し思いやりを持って接したい。
子どもがいじめをするならまずは親がそれを正さねばならない。
子どもたちのいじめを知っていたなら親もまた加害者でもある。
もし、自分がその方たちの立場になったらと考えて欲しい。

原発事故の補償してくれるとて、こういった心の問題まで補償することできるのか。
国策として原発を進める国は、こういう問題まで想定しうるのか。


垣根のトリミングをやっと終えた。
切ったままにしていた枝もさらにのこぎりで小さくして、何だかスッキリ。
頂いた大きな肉まん、横浜中華街のものとか。
ご近所さんのおすそわけ。
今日は冬至。
柚子をあちこちから頂いた。
カボチャも前に頂いたのを。
by akaiga-bera | 2016-12-21 06:01