<   2014年 06月 ( 44 )   > この月の画像一覧

緑の中のセッカ・・・

いつもの田んぼで。

なんでセッカさんをこんなに好きなんだろう。

小さくて愛嬌があって地味で・・・表情があって・・・可愛いな。

車から写すと近くてもなんとなくピンアマになってしまいます。

c0233349_8554492.jpg


c0233349_856386.jpg


c0233349_8561481.jpg


こちらのセッカさんは、コジュリンポイントで。

広がりがある景色の中での出遇い。引いた画にできる環境は限られます・・・でも背景も葦原でした! 

c0233349_94643.jpg


c0233349_944825.jpg


c0233349_942464.jpg

by akaiga-bera | 2014-06-30 06:31

オオセッカ・・・飛翔

ディスプレイの飛翔は、半円を描くため尾が下がった感じに飛ぶように思います。

この時は、別の場所に写るための飛翔でした。尾がほぼ水平になっていますね。

c0233349_11412413.jpg


c0233349_11415862.jpg


c0233349_11422275.jpg


c0233349_11431768.jpg


c0233349_23524676.jpg



建物の裏全体がうっそうとしてしまったので、整理した。
ギボウシの蕾をつけた茎が長くのびてもうすぐ花も開きそう。
ハンゲショウが涼やかに白い葉をつけて・・・初夏だな。
フキの周りに移植した茗荷、今年は30本ほどに・・・急に増えるんですね。
もうすぐあの柔らかな色の茗荷が顔を出すことでしょう。
裏の方が「センリョウが大きくなりましたね。」
「ほんと!お正月は買わなくても大丈夫かな?」
「去年も実をいっぱいつけていましたけど・・・小鳥が食べてましたよ。」
お正月用にはできそうにありません。
by akaiga-bera | 2014-06-30 06:30

オオセッカ・・・葦の海で

比較的近くの葦原にもオオセッカさんがいるのですが、遠くて写すことができません。思いあまって遠くまで。うまい具合の高速がないので一般道をひた走って。

ちょうど良い季節なのか、カメラマンが10名ほど。私は自分の決めているポイントでの撮影。ここはコジュリンポイントでもあるのですが、オオセッカさんも少し近くで撮影できます。

今季はなんとしてもあの半円を描いて飛ぶディスプレイ飛翔を撮りたいと思っていました。半円の弧を描いて何度も飛ぶのですが葦の中から突然現れてまた沈んでしまいます。

しばらく見ていると、少し様子が分かり・・・やはり葦に留まっているようなので見える場所を探してみました。

c0233349_1031349.jpg


c0233349_10323529.jpg


c0233349_10324993.jpg


c0233349_1033438.jpg


c0233349_1046288.jpg


c0233349_10471092.jpg



それにしても良く降ること!
早い時間に上がるようですが、この雨の中出かける気にはなりません。
晴れたら近場を。

オオセッカ ディスプレイ飛翔 に続きます。
by akaiga-bera | 2014-06-29 06:31

オオセッカ・・・ディスプレイ飛翔

鳴きながら半円を描いて飛ぶ様は他の鳥さんには見られませんね。とてもおもしろくずっと見つめてしまいます。

直径は20メートルほどでしょうか。なかなか飛んだところは捉えられません。

でも目的を果たさずには帰るまいと粘りました。ほとんどピンぼけでしたが、だんだん慣れてきて・・・撮れた時はとても嬉しかった・・・。

c0233349_1293862.jpg


c0233349_1210108.jpg


c0233349_121037100.jpg


c0233349_11481671.jpg


c0233349_11483475.jpg


c0233349_11493828.jpg


c0233349_1150078.jpg


c0233349_11502093.jpg


前回の「ダーウインが来た!」でとりあげられていた「オナガセアオマイコドリ」さん、ユニークな行動にびっくりでした。
頭部が赤く、背中は濃いめの水色、そして長い尻尾・・・。
何よりおもしろかったのは師匠に弟子入りして女の子へのアピールを学ぶというところ。
弟子入りにも8~10年かかるそうな、いったい何年生きるのでしょう。
他の多くの鳥さんはもう翌年には・・・ですよね。
やはりコスタリカ、美しい鳥さんの宝庫ですもの・・・いつかは訪れてみたい。
行きたいところがたまるばかり。
by akaiga-bera | 2014-06-29 06:30

タマシギ・・・残念

北海道は一休みして。


ひどい雨に巣が水没してしまったと聞きました。

私たちにもさまざまな出来事が起こりますけれど・・・親にとって失うというのは辛いことでしょうね。

めげずにどこかで新しい恋をし子育てをしていると確信しましょう。

最近少なくなってしまった休耕田、子育てに最適でなくても選ばざるを得ないのかもしれません。

c0233349_1919727.jpg


c0233349_1919463.jpg


c0233349_19224866.jpg


c0233349_1923812.jpg


c0233349_1925579.jpg


c0233349_19282619.jpg


c0233349_19285035.jpg


c0233349_19291593.jpg


c0233349_19293864.jpg


c0233349_1930221.jpg



住む方によってお家の様相も大きく変化するけれど…国の方針変換で法律をかえれば瞬く間に変わっていく。
減反政策から大きく休耕田復活にシフトした「農業者戸別所得補償制度」
飼料作物の作付により10アール当たり35000円の交付金
さらに耕作連携の取り組みをすれば+13000円。
政府が出す金額は減反とあまり変わらないとか・・・。
まあ、田んぼの歴史を考えれば・・・祖先が大きな労苦を積み重ねて切り開き維持してきた・・・荒れ地に戻すのは大変にもったいない。
休耕田がなくなるのはいいことなんですけれど・・・長年休耕田いっぱいの環境に慣れてきた鳥さんたち、きっと戸惑っているでしょうね。

オオヨシキリに続きます。
by akaiga-bera | 2014-06-28 06:55

オオヨシキリ・・・今頃は

たくさんのヒナが生まれていることでしょうね。

公園もオオヨシキリさんの合唱はだいぶ少なくなりました。

今度はヒナに遇いに行きましょう。

チガヤの群生、風に揺れる様はとてもすてき、白い穂が柔らかに・・・風の強さなりにゆ・れ・る・・・
c0233349_5393817.jpg


葦の中以外には見たことありません。名の通り。鳴きっぷりに元気を頂けます。やわらかな葦の葉の先端をまとめてつかんで留まるんですね。
c0233349_5395755.jpg


c0233349_23145016.jpg


c0233349_23142720.jpg


c0233349_2315529.jpg


c0233349_23151630.jpg


c0233349_23152844.jpg


集団的自衛権行使を限定的に容認する閣議決定の最終案が自民・公明の間でまとまり7月1日に決定されるという・・・。
大きな変換点。
今や自民党一党でもやりたい放題にできる数・・・。
公明党も頑張ったのかもしれないけれど…この大切な分岐点を容認したことは事実。でも与党を離れることはないのでしょう。
一党の独善で決めたのではないという口実を与えたような気がする・・・。
「憲法解釈の適正化であって解釈改憲ではない」と繰り返し強調する。急がなくても・・・国民的議論が必要な重要な課題だ。
私は無党派だけれど・・・。戦争・・・子供を失うことになるかもしれない全てのことに反対です。

天皇皇后両陛下が、「津島丸」が攻撃され、たくさんの学童疎開の子供たちが亡くなったことに心を寄せて訪れたという。
両陛下はどんな思いがあっても政治には力を及ぼすことはできない。でも高齢をおされてのお出かけにお二方の願い、今だからこその願いを感じたのは私だけでしょうか。
by akaiga-bera | 2014-06-28 06:50

オオジシギあちこちに・・・北海道にて5

軽井沢・奥日光では姿を見たことがありましたが、一羽や2羽。北の地ではそこここにオオジシギさんのジークジークジジジジという声が聞こえます。

草叢ではあらあそこと思えばもう別の場所へと・・・移動しているのか・・・だとすると障害物のある草叢をすごいスピードで駆け抜けているんですね。でももしかしたら別の個体かしら?

北海道ではちょうど繁殖の時季に出遇ったのか、草地ではこの声の聞こえないところはありません。

留まっている姿もちょっと探すといっぱい。でも多くは電柱や構築物・・・なかなか枝どまりがありません。

近くでの出遇いもあったのですが、気付かれて飛ばれたり、飛んでから気づいたり。

いつかディスプレイの飛翔姿を見てみたい。

c0233349_0164574.jpg


c0233349_0171346.jpg


c0233349_021418.jpg


c0233349_0214190.jpg


c0233349_0234550.jpg


c0233349_0241839.jpg


c0233349_0215941.jpg


c0233349_0221620.jpg


c0233349_0323264.jpg



友人からお野菜を色々いただいた。
旦那様はいつも朝早起きをされて野菜の世話をしているそうな。
みな見事な出来栄え、感謝しつつ、昨夜はインゲンのてんぷらを。
なんとみずみずしく甘かったこと、感激のディナーでした。
「新鮮」それは最高のぜいたく。

緑のカーテン、今年も実質的なゴーヤにしてしまった。
朝顔にすれば良かったかな。
でもチャンプルーやジュースも買ったのよりおいしいし・・・。

お花好きという老夫婦がが越後から戻られたお家。お聞きしていたとおり。この半年で全く変わってしまった。
いつもお花が咲いていてお家が活き活きしている感じにみえる・・・そのお宅の青紫の朝顔、毎朝ゴミ出しの時に、うっとり・・・。
by akaiga-bera | 2014-06-27 07:22

深い霧の中のノゴマ・・・北海道4

真っ赤なのどのノゴマさんも、残念ながら霧雨の中。車からだけだと動ける範囲も限定的。

きれいな個体でしたけれど・・・。まあ北海道らしい風景の中ということであきらめましょう。

c0233349_1635409.jpg


c0233349_1636261.jpg

たくさんきれいな場所があるのに・・・こんなところに。安定していて留まりやすいのでしょうね。
c0233349_16351627.jpg


c0233349_16363487.jpg


c0233349_16544756.jpg

まだフキの花が残っていました。
c0233349_1702291.jpg


肥料袋にそのまま植えたトマト。
やっと小さいものですけれど2個赤くなり始めました。
すてきな薄水色の優しい感じのガクアジサイを挿し木、遠征先で遇った地元の方に分けていただき感謝。
そして・・・へぎそば・・・海藻を練り込んであるそうですが・・・おいしいですね。
by akaiga-bera | 2014-06-26 05:28

雨の中のオオジュリン・・・北海道3

こちらでは茶色の地味な鳥さん、葦の芽が伸び始めるころ北の地への旅を始めます。

ここは海岸に続く草地。ノビタキ・ノゴマ・コヨシキリ・シマセンニュウ・ヒバリ・オオジシギなどが子育てしています。

ハマナスの花はまだ・・・。

すっかり色を変えた恋の季節のオオジュリンの♂。遠目にも黒い頭と白いお腹が・・・きれいです!

この地方独特の霧のような雨、お天気の良い日に出会いたかったですけれど、これも雰囲気があるかな。

c0233349_10141391.jpg


c0233349_10143183.jpg


c0233349_1015695.jpg


c0233349_10152127.jpg

背景に白くぼけているのは、このお花でした。名知らず。
c0233349_10154665.jpg


c0233349_10161990.jpg

この時期、まだ緑の葦の中にすっくと立つ枯枝と大きなフキの群生。どこに行っても見られました。近くで遇いたかった・・・・。
c0233349_10163411.jpg



残念でした。
一番勝ちたかったのは選手たちですね。
でも、負けは永遠に負けとは限らない。気持ちが大切。
ゆっくり心も体も休めて・・・お疲れ様。
良い場面もたくさん。
課題のしっかり見えたような…W杯敗退でした。
by akaiga-bera | 2014-06-25 07:29

真っ赤なベニマシコ 1・・・北海道にて2

こちらでも赤い鳥さんのベニさんですけれど、北の繁殖の地ではもっと真っ赤でした。

いつか遇いたいと思っていた真っ赤なベニマシコさん、嬉しい出遇い・・・美しい風景の中、感動の時間。

なんと真っ赤なベニさんが留まったのはホザキシモツケ・・・昨年の花がらですけれど・・・ピンクの花にのったベニアシコ・・・さぞ美しいことでしょうね。

7月に入れば咲くとのこと。北海道ってこちらの高原と同じ時期にお花が次々と咲くんですね。撮ってみたいなあ。

c0233349_2054870.jpg


c0233349_2061810.jpg


c0233349_2063917.jpg


c0233349_207891.jpg


c0233349_2074313.jpg

少し若い子のようですね。こちらはトリネコの枝に。どうもウツギのようです。
c0233349_208246.jpg


c0233349_209127.jpg


c0233349_201641.jpg


c0233349_20192312.jpg


c0233349_2093331.jpg



続きます。
by akaiga-bera | 2014-06-24 09:29