<   2013年 07月 ( 44 )   > この月の画像一覧

ヨシゴイ・・・兄弟げんか

午後の陽が傾きかけるころ、ヒナたちは少しずつ動き始めました。沼畔の葦の中に二家族・・・。

時々、まぎれてぶつかるシーンもあるということですが・・・とても近くです。

この家族は子だくさん4羽のヒナ・・・あちこちの葦の中に少しずつ離れて・・・。

お腹がすいてきたのかもしれません。ずっと鳴き続けているヒナも。夕食の時間でしたものね。

2羽が接近。兄弟げんかはこれからの闘いの練習でもありますね。移動して行ったヒナが静かにしていたヒナをつついています。

頭の上でしたが、目も近くにあり・・・鋭い嘴ですから心配になりました。    

定番のシーンのみで別に回ったのですが、そこでヒナも撮れると伺って・・・またもどっての撮影でした。おもしろいシーンに出遇え、感謝です。

c0233349_6281098.jpg


c0233349_6283144.jpg


c0233349_6284940.jpg


c0233349_629512.jpg


c0233349_6291959.jpg


c0233349_6293322.jpg


c0233349_6294941.jpg


c0233349_630828.jpg


c0233349_6302387.jpg


c0233349_6304136.jpg



刺された虫は「ヤケドムシ」ではないかと思います。
NHKでやっているのを教えていただきテレビをつけると・・・症状が同じでした。
本当に厄介な虫さされ・・・皆様もお気をつけて。
どこにでもいるそうです。
付いたら息を吹きかけてはらう・・・つぶしたらいけないということです。
私も耳の後ろに違和感を感じて軽く振りはらっただけでしたのに・・・大ごとに。
by akaiga-bera | 2013-07-31 17:07

ツミ・・・くつろぎ1

以前、トラフズクさんの親が翼を広げて、日光浴をしているのを見たことがありましたけれど・・・ツミさんも午後の日差しの中、大きく翼と尾羽も広げて。

数分・・・ずっと開いたままでした。風があり、時々、広げた羽を隠してしまうのですけれど・・・。

うしろから日が当たり羽が透けて・・・緑の木々の中、そこだけランプをともしたようでした。  ツミ くつろぎ2に続きます。

c0233349_0183879.jpg


c0233349_0255782.jpg


c0233349_015222.jpg


c0233349_01336.jpg


c0233349_021385.jpg


c0233349_017489.jpg


c0233349_065672.jpg


c0233349_0172188.jpg


水は怖いのですね。
山口や島根の皆様、歴史的な大雨とか・・・お見舞い申し上げます。
雨がやんでもまだ安心でいませんね。
被害がこれ以上ありませんよう・・・。
by akaiga-bera | 2013-07-30 06:16

ツミ・・・くつろぎ2

だいぶ大きくなったヒナ、でもまだ巣立ち前。お母さんはじっと見守りを続けていました。

気も抜けず大変・・・ずっと同じ姿勢では体が固まってしまいます・・・ですからたまには伸びをしたりエンゼルポーズをしたりして、いざというときにはいつでも急発進できるようにしているのでしょう。

♂は餌さがしに?なかなか遇えません。可愛いむくむくさんも精悍な猛禽となっていることでしょう。

c0233349_15325097.jpg


c0233349_15331058.jpg


c0233349_15333427.jpg


c0233349_15335475.jpg


c0233349_15341328.jpg


c0233349_15342823.jpg


c0233349_15372725.jpg


c0233349_15374023.jpg


数年前からよく見かけるようになったアカボシゴマダラ・・・林の中をヒラヒラと。
c0233349_1540113.jpg

by akaiga-bera | 2013-07-30 06:04

美しい羽・・・ケリ

ケリさんて翼も長く大きな鳥さんですね。一見地味ですけれど、羽を開いて飛ぶ姿は優雅で美しい。なかなか撮れませんが・・・。

この時は、飛びだす寸前、グレーの翼の裏側、やはりきれいな色ですね。とても上品な色合わせの鳥さんだと感じます。

飛んでるところ撮れますように。     近くで見た セイタカシギ若者 続きます。

c0233349_1520012.jpg


c0233349_1520171.jpg


c0233349_15203588.jpg


c0233349_15205491.jpg


c0233349_15213718.jpg


c0233349_15215772.jpg


c0233349_1522172.jpg


c0233349_15225238.jpg


ヒナはアッといまに大ききなって・・カルガモさんの家族が隣の田んぼにいました。
c0233349_15231098.jpg


熱くてやりきれませんねれど・・今日はしっとり雨ですね。
熱い季節の雨は、まさに恵みです。
by akaiga-bera | 2013-07-29 11:13

セイタカシギ・・・若者

緑の田んぼにたった一羽で・・・。頭が少し黒いので子供でしょうか。

鳴いていましたので、近くにグループで板のかもしれませんね、あるいははぐれていたのかもしれません。

赤く長い足がとてもきれいに緑に映えていました。もうそろそろシギさん達が見られる季節ですね。

c0233349_23553379.jpg


c0233349_2355563.jpg


c0233349_2356249.jpg


c0233349_23564030.jpg


c0233349_2357545.jpg


c0233349_23572934.jpg

by akaiga-bera | 2013-07-29 11:07

ツミ・・・補強

ヒナたちが大きくなると巣の中を動き回ります。巣が少し頼りなく思われたのでしょうか、巣材を集めて補強するようです。

集めていたのは欅の枯れ小枝とヒノキの葉。ヒノキの木の上で具合のよいものを取ろうとしていたのでしょうか。

まるでダンスしているみたいにきれいな動きでした。結局、ここでは断念。巣材集めも楽ではありません。

ヒノキは虫よけにも消毒にもなると・・・、暑い今の時期、ヒナの無事のためにはぜひ必要なのでしょうね。

c0233349_23274425.jpg


c0233349_2328830.jpg


c0233349_23283137.jpg


c0233349_23285597.jpg


c0233349_2329152.jpg


c0233349_23294996.jpg


c0233349_23301185.jpg


c0233349_23303927.jpg


c0233349_2331644.jpg


c0233349_23314589.jpg


c0233349_2332794.jpg


c0233349_23312461.jpg

by akaiga-bera | 2013-07-28 07:13

トラフズク・・・その後は?

久しぶりにこのお社のそばを通ったので、ここで育ったヒナはどうなったのか、ちょっと気にかかりたち寄ってみました。

木の上のゴミゴミしたところに一羽、よくは見えなかったのですけれど・・・たぶんトラフズクさん。

一羽はオオタカにさらわれ、この子は木から落ちて・・・でももう一羽いたはず、もしかしたら、元気に育ったのかもしれません。

ちょっと嬉しい気分になり帰宅、そういえば落ちたヒナまだ撮ってあったんだわ・・・。

この画像は落ちた日。巣に上げたもらったのですが、もうその時は足を骨折しており、とても辛かったんですね。

画像を良く見ると、そんな感じが伝わってきました。お医者さんに行ってその後はどうなったのでしょう。

c0233349_655759.jpg


c0233349_6555995.jpg


c0233349_6561922.jpg


c0233349_656391.jpg


c0233349_657181.jpg


c0233349_6572788.jpg


c0233349_65751100.jpg


c0233349_6581391.jpg


c0233349_6584027.jpg


c0233349_659539.jpg


忙しく少しの間コメント欄閉じさせていただいています。
by akaiga-bera | 2013-07-27 08:30

アオバズク・・・見張りも大変

どんなに暑くても昼間眠くても、見守っていないと、カラスや猛禽がやってくるかもしれません。

時々、のびをしたり掻いてみたり・・・。ご苦労様ですね。

c0233349_11155030.jpg


c0233349_111698.jpg


c0233349_11162682.jpg


c0233349_1116417.jpg


c0233349_1117538.jpg


c0233349_11172118.jpg


c0233349_11173693.jpg

by akaiga-bera | 2013-07-26 11:15

オナガ・・・子育て

撮ってからもうずいぶん経過してしまいました。今頃、短い尻尾の可愛い幼鳥になっていることでしょう。

ここは町中なのにとても閑静な場所。城址公園だそうで・・・桜の季節はさぞ見事なことでしょう。

桜の木には虫がっぱい。でも親鳥は近くの芝生出虫探しをしていました。姿は上品な美しい色ですね。

子だくさんなオナガさん、でもヒナには色々困難が・・・あるみたいですね。無事にみーんな育つっているといいな。。

c0233349_227569.jpg


c0233349_2281634.jpg


c0233349_223575.jpg


c0233349_223251.jpg


c0233349_223445.jpg


c0233349_2242270.jpg


c0233349_2244623.jpg


c0233349_2217649.jpg



蒸し暑くて汗はいっぱいなので、お洗濯ものが・・・乾かずに大変。
ゴーヤやトマト、わずかですけど新鮮なものはありがたい。

見事なソルダムを頂いたのを大切に食していて、とうとう最後のをパクリ。
丹精込めて作っていただいた果物。
ありがとうございました。

少し忙しいのでコメ欄閉じています。
by akaiga-bera | 2013-07-26 07:14

コブハクチョウ・・・家族

別の沼では子だくさんのコブハクチョウさんの家族に遇うことができましたが、もう少し大きく育っていました。

ムクムクさんに遇えるというので楽しみに沼畔を探すとちょうど親子でスイスイやってくるところ。

沼辺に上がるようです。小さいので、時折親に隠れて見えなくなってしまうのですが・・・一羽のヒナ。

親に一生懸命ついてゆく姿がいじらしい。それにしても一羽とは・・・。鳥さん達も少子化?    コブハクチョウふわふわに続きます。

c0233349_14421258.jpg


c0233349_14423269.jpg


c0233349_14425117.jpg


c0233349_1443849.jpg


c0233349_14432954.jpg


c0233349_14434882.jpg


c0233349_14441620.jpg


c0233349_14443434.jpg


c0233349_14445388.jpg



「96歳の遺言」の記事を目にし・・・音読するように書いてあったので・・・。
なんと力強いメッセージ!
長い間、闘い続けていらしたのだ・・・。
そして、今は自分と・・・。
頭を殴られたように・・・感じた。
安穏と日々を過ごし、動かない自分・・・人生の先輩の生きざまに・・・老いてもまだやれることは山ほどもあるのだ。
by akaiga-bera | 2013-07-25 07:16