アカハシハジロ・・・名前の通り赤い嘴

c0233349_13074954.jpg

アカハシハジロさんの頭部の色と形をみて、思わずトランプさんを思い起こしてしまいました。

アカハシハジロさん、ごめんなさい。

ホシハジロさんが近くにいたのですが、少し大きく、赤い嘴が遠くからも確認できました。

しかし、ほとんどお休み中で、背中に頭を埋めて動きません。

水鳥は、必ず、一日のうちに、水浴びや羽繕い・羽ばたきをするので、待つしか無いのですが・・・いつしかカメラマンも一人また一人と少なくなっていきます。

帰り時間を気にしながら、ひたすら待ち。愛らしい鳥さんでした。
c0233349_13061444.jpg

c0233349_13062657.jpg

c0233349_13064187.jpg

c0233349_13080323.jpg

c0233349_13081704.jpg

動いていても暖かな日差しに・・・ねむいのかな。
c0233349_13083427.jpg

c0233349_13084587.jpg

潜って餌を探します。藻のようなものを食べていました。
c0233349_13055275.jpg



成人式に晴れ着を着ることができなかったお嬢さんたち、本当にお気の毒。
親御さんは、もう数年前から準備を重ねていたことでしょうに。
悲しい出来事。業者の心のない対応に腹が立つ。

だいぶ使い込んではいるけれど、ストーブのお鍋は本当に役立つ。
お正月の黒豆も昆布巻きも煮物も、みんなこのお鍋に頼っている。
短時間でふくよかに炊ける。みんなの笑顔がこのお鍋からという感じ。

憲法改正をいうなら、国民的な議論を。
 国の根幹と行く末を決める憲法。
 安倍さんは改正に強い意欲を示している。
 ずっとお相撲や不倫をすさまじい取材力で報道してきたマスコミ。
 もちろん重要なこともないわけではないけれど、一時期報道していた自民党の改憲草案もこのところ全く目にも耳にもしない。

現憲法とどのような違いがあり、改憲となれば、私たちの生活はどのように変わっていくのか、広く国民的な議論を起こすべきだ。
 単純な言葉で『改正』という自民党。
 改憲の意図の真実は語らない、隠されている。
 自民党案が通れば、今までとは180度違った生活になるかも知れないのだ。

 安倍さんは今人気の芸能人たちと会食を重ねている。
 おそらく『改憲』に協力をお願いしているのだろう。
 『国民投票法』では、当日も個人発信の意見・宣伝は可能であり、自民党の資金力を持ってすれば、テレビや新聞が、
 改憲賛成派のコマーシャルで埋められてしまうだろう。
 さらに、投票率は問題にならず、どんなに投票率が低くてもその過半数が賛成なら改憲がなってしまうのだ。
 その会食費は税金から出されている。

 成人式に晴れ着というのが世の中の流れのようだけれど、成人の若者たちに、着飾ることよりも大事なことがあることを知って欲しい。  それが親の役割と。
 若者たちに戦前のような未来が待っているかも知れぬのだから。

三菱UFJ銀行インドネシア大手銀行に出資
 国内は思った以上の不況。
 日銀の0金利政策で銀行も食えない。
 日銀が国債を買いあさるので国債でも食えない。
 出口を考えたらこわい日銀の政策。

『憲法のあるべき姿』 それは権力者の暴走を縛っている現憲法でしょう。
 安倍さんが憲法改正を言い出すべきではないけれど・・・
 譲ってもそれを言う前に『一国のリーダーとしてあるべき姿』を示して!
 安倍さん、嘘を国民に知らせるのをやめて『人としてあるべき姿』を示してください。
 
●もうこれ以上沖縄を放っておいてはいけない。
 憲法改正をいう前に、『日米地位協定』を見直して
 沖縄の方々の基地負担を減らし、日常の安心を取り戻すことが政府の役割では無いか。
 いつまで米国に隷属するのか。弱腰!

※籠池夫妻を死ぬまで入れておくのか。
 自分を守るためとはいえ、人非人だなあ、一刻も早く保釈を。



  

 
 

by akaiga-bera | 2018-01-09 13:09
<< ミコアイサ・・・青い水に映えて カワセミ・・・いつもの公園で >>