湿原のヒナたち・・・ノビタキ・ホオアカ

ノビタキのヒナ。
c0233349_13435137.jpg


湿原では、子どもたちのデビューの季節。

少し動きも鈍く注意深さもまだ成鳥のようではありません。

そのちょっと危なっかしいのがまた愛らしい。

斜面を下った湿原の端にはシダが群生しています。

営巣場所はそのシダの中のようです。

ホオアカのヒナ
c0233349_13440438.jpg

同じズミの古木に。先に飛んでいったのはノビタキのヒナでした。
c0233349_13441482.jpg

c0233349_13442768.jpg

c0233349_13443945.jpg

ヤマゴボウ
c0233349_13452911.jpg

ミソハギ
c0233349_13464018.jpg


3泊4日で神戸の大会に出かけていた孫娘、やっと帰ってきました。
昨夜遅く帰宅したのに今朝はもう全国大会の練習に。
お土産のおいしいプリンと肉まんに舌鼓を打ちました。
出かける暇も無い忙しい夏休み、入賞はできなかったとのことでしたが、良い思い出になったようです。

8月6日に放送されたNHKスペシャル「原爆死~ヒロシマ72年目の真実」を昨日。
ずっと見続けるのも苦しい・・・。
どんなにひどい苦しみの果てに亡くなられたのだろうと考えるだけで・・・つらい。
なすすべもなく看取った人たちもどんなにつらかったことでしょう。
決して、このような惨禍が繰り返されてはならないと思いました。

次回のNHKスペシャルは13日 日曜午後9時~。
「731部隊の真実」
旧満州で細菌兵器の開発を続けたエリート医学者たち。
何故人間を実験材料にしたのか。
是非見ていただきたいと思っています。

今日のいろいろ

小野寺防衛大臣、グアムに向かう北朝鮮のミサイルを迎撃するとか。
 そんなことやったらお隣の指導者はすぐに日本に狙いを定めるでしょう。
 もちろんすぐさま攻撃を受け、北朝鮮も大きな痛手を受けることでしょう。
 トランプさんにも北朝鮮にも、自重を求めて戦争にしないことがすべての人にとって一番の幸せです。
 戦いをやって得するのは兵器産業のみです。
 北朝鮮は我が国のどこかでも侵略しましたか。
 彼らだって自らの死を欠けて戦うのは得策でないことは知っていることでしょう。
 何しろ米国が怖いのですから。
 
 ミサイルが落ちたらとこうせよとの訓練を画像で見ましたけれど、原爆や空襲の画像を見たあとでは漫画みたいに感じました。
 内閣の威信をかけて戦争を回避するのが国民を護るということです。
 戦争をするということは国民をくるしめることにほかなりません。

東京新聞社会部の望月衣塑子記者
 管官房長の定例会見にお出になるようになり、産経新聞あたりからは名指しで非難されています。
 ネット上でも口汚くそしる方々も。
 しかし、彼女はひるむことなく、管さんに直球の質問を投げかけています。
 彼女はそれらの批判に対して
 「会見とは、国民になり代わって、記者が、政府への疑問や疑念をぶつけ、より国民にとって開かれた政治を作っていくきっかけになる 場だと思います。
 私は、取材や出ている報道に基づいて質問しています。
 それらに基づいた記者の主観を質問できないなら、取材からわき出てくる疑問や疑念をどう国民に代わって伝えろというのでしょうか。
 それを否定する管官房長官の発言はジャーナリズムへの冒とくだと思います。」
 と。
 多くのマスコミの政治部記者が何も訊ねずジャーナリストとしてどうなのかと思いつつ会見を多々見てきましたが、彼女の質問は記者として普通のことと思います。
 それでも多くの男性記者たちと比べると果敢。勇気ある行動と思います。
 彼女の発言に触発された記者の方々も少しずつ増えていっています。
 戦争遂行に力を貸した戦前の新聞に再びなりませんよう・・・しっかり取材し事実を伝えてください。
 国民が正しい判断をすることができる正確な材料・情報をお願いします。

経済成長率順位
 なんと190カ国中なんと155位。

 アベノミクス三本の矢・・・失敗。
 アベノミクス新三本の矢・・失敗。
 とうとう言い出した、ローカルアベノミクス。いったい何をするのでしょう。
 言葉遊びはやめてほしい。



by akaiga-bera | 2017-08-11 13:47
<< ケリ・・・青空で遇いたかった! ウグイス・・・まだ伴侶募集中 >>