ホオアカ・・・お気に入りの湿原にて

c0233349_15402002.jpg


今夏2回目、お気に入りの湿原へ。

ここの湿原は出遇える鳥さんの種は限られていますけれど、それぞれの季節に美しい花々が添えられているので大好きです。

毎年初旬はお仕事で行けなかったのですが、仕事のない今年は少し早めて。

いつもは種をつけている花々も、新鮮な色合い。

日差しを遮るもののない湿原は本当に暑い、朝の霧が晴れて次第に空は真っ青、雲は真っ白、そして時折吹いてくる涼風、暑くても我慢できるのはこの風のおかげ。

ヤナギランは今年は当たり年でしょうか。きれいに咲いていました。

もう下の1・2段目までは花はしおれていましたが、まだ見頃。

ホオアカさんはノビタキさんより少し重いのでヤナギランにのることは少ないんです。

ヒナにも遇えましたけれど、まださえずっているのも・・・。
c0233349_15403210.jpg

c0233349_15404810.jpg

c0233349_15410256.jpg

c0233349_15412134.jpg

キンミズヒキとトンボ
c0233349_15413675.jpg


帰り道、2時間ほどは明るそうだったので、景色を見たくて一般道を走ることに。
高原のお花は人家にある栽培種でも色鮮やかなことが多くきれい。
途中夕立にも。
暗くなってさあ、高速へと思って交通情報を聞くとひどい渋滞。
まあ、いいかとそのまま一般道を楽しみながら。
20号はカーブが多く気が抜けなかったけれど、渋滞にはあわずに帰宅。

戦争の記憶のある気まぐれ姫さんは、今まで戦争のことはあまり考えないようにしてきたと。
ですから関連の写真や本や映像もきっとできるだけ避けてきたのだと思います。
でも最近・・・棺桶の方が近い年齢になって、このままではいけないと思い始めた。
憲法の9条を骨抜きにしようという会見が取りざたされている今。
昨夜のNHKの原爆の特集をみて、改めて戦争はいけないと思ったと。

私はまだ見ていないけれど、娘が録画してくれたので、あとで見ることに。
遠征の帰り、ラジオで別の特集を。
原爆ドーム前に退職後11年間立ち続け、訪れる外国人に原爆の悲惨を訴えていらっしゃる元高校の英語教師の方への取材。
胎内被爆者。
母上のお父様が爆心地近くで被曝。
瓦礫の中から助けられて家に戻ったが、10日後どろどろの液体をバケツにいっぱいはき出しながら亡くなったと。
息子さんから活動への協力を求められたが、お母様はそれを文にすることがなかなかできなかった。
思い出すこともつらいし、息子が胎内被曝したことについても自分を責めていらしたから・・・。

昨日多くの言葉を述べられた方々の中で、ついこの前国連で採択された『核兵器禁止条約』について触れなかったのは安倍さんだけ。
皆様の熱い想いに、安倍さんの言葉の白々しさだけが印象的でした。
何せ『棄権』ではなく『反対』したのだから。
反対して核保有国と非核の国の関係をよくするために行動するそうです???
あの方の発する言葉は時々主語や目的語が欠けていたりする、多分白々しさはそこから来るのではないかと思えます。

新しい沖縄北方相江崎さん、国会答弁は官僚が書いた答弁書をそつなく読むと。
あとで失言を取り消しても、言ってしまった言葉の中にこの方の逃げの姿勢が。
そもそもなりたくないのに、親分の二階さんに恫喝されたとか噂されていますね。
本人ももう引っ込む時期って分ってらっしゃるのに。

泥船と思っていた大臣待機組。
短期内閣になると踏んだり、泥船に一緒はイヤと思っていたりしてお断りの方もいたとか。
ですから・・・構成員は
 切ったら大変だから切れない人・・・たとえば管さん、加藤さん、二階さんに萩生田さんは党の要職。
 何を暴露されるか分りませんし、実際何が起こったか彼らは知っているのですから。
 あるいはこの機会に自分を売りたいという方、野田さんや河野さん。
 そして安倍さんと同じにおいのする安倍びいきの方でなってくれるとおぼしき方々。
 2度目の方々も、いろいろ醜聞持ちでいらっしゃる、近いうちきっとまた週刊誌ダネです。

今日もいろいろ。
●またオスプレイの事故。死者も。今日も沖縄の空を飛んでます。
 この輸送用ヘリ、事故率が高いと防衛相もつかんでいるが公開せず。
 高いのに役立たず。造っているのは、ベル・ヘリコプター社とボーイング・バートル社、典型的な兵器産業。
 28年度、日本は1機105億円、これは米軍が買う値段の1.5倍。30年度までに17機を買うんだとか。
 買わされているんじゃないのかしら?こんな事故頻発機!もしかしてどこかにキックバック?

●『日本ファーストの会』が立ち上げられるとか。
 ネーミングのセンスを疑います。
 『都民ファースト』はが主役のように聞こえますからまだしも。
 日本ファーストでは日本という国家が主役のように思えます。
 でももしかしたらぴったりなのかも。
 なぜなら、小池さんは『日本会議』のメンバーだし、思想的には最右翼。
 銃剣術も奨励してしまおうとしていますし・・・。

 当選した『都民ファースト』の議員には、自由な発言は禁止。
 底の浅さがばれてしまうからかしら?
 さらに「豊洲移転・築地再開発」の方針について、財源や運営費などを検討した資料がないとか。
 数千億円の巨大事業を「密室」で判断。

 情報公開を全面に出していたのに。『見える化』『透明性』はどこへ行ってしまったのでしょう。
 都議会自民党がやってきたことと同じ。
 だれかにも似ていますね。

by akaiga-bera | 2017-08-07 15:42
<< アサギマダラ・・・旅のチョウ レンカク・・・大きな足 >>