カイツブリ・・・母子

c0233349_08030605.jpg


曇りの日、農産物直売所に立ち寄ると、池でくつろぐ家族を見つけました。

3羽の子どもたち。お母さんがあっちに行けばあっち、こちらに来ればこっちと、とにかく絶対に離れません。

ずっとお母さんの動きを近くで・・・こんな風にして少しずつ覚えていくのですね。

でも今頃、お母さんがあの子はどこかしらと見つけなければならないほど動きが活発になって親を悩ませているかもしれません。

ここには蛇もたまには猛禽も来るので・・・無事に育ってほしいです。

c0233349_08031730.jpg

c0233349_08033280.jpg

c0233349_08034480.jpg

c0233349_08040099.jpg

c0233349_08025068.jpg

移植したヤブカンゾウにクロアゲハが。顔を埋めたのしか撮れません。
c0233349_10584373.jpg



昨日は、孫娘の高校の野球の応援に。
チア部がないのでダンス部が応援に加わるのが習わしとか。
今年は1年生の入部が多かったようで、応援も力強くなりました。
家族みんなで。
応援しているうちについ夢中になってうちわを傷めてしまい、娘ににらまれてしまいました。
でも一生懸命応援した証拠よと。
汗が噴き出て、ぐしょぐしょ・・・でも爽快。
いい試合でしたが負けてしまい、孫娘の方を見たら、顔をくしゃくしゃにして泣いてました。
はち切れる若さの中でおばあちゃんも少し時間を巻き戻して・・・愉しかった。

今治市は一般会計で九百億円近い借金があるそうです。
これ以上の負債を抱えれば第二の夕張になるやも知れずですのに。
加計学園に無償で36億円の評価額の土地を提供し、さらに工費の約半分の98億円を負担する・・・。
工事を請け負ったのも岡山の業者で、いったい今治市にはどのくらいの益があるというのでしょう?
その今治市が、今まで開示していた文書を非開示に。
官邸の力が働いたとしか思えない態度の変更、「見せない」ために地方にまで官邸の力を及ぼしているのですね。
でももうすでに、見えたものもありますから・・・内閣府との関係・やりとりも次第に明らかになるでしょう。

加計学園は、27・28・29年度と、日本私立学校振興共済から52億円の借金があるそうです。
これは建物の補修などハードの整備に関して貸し付けられるもので、他の用途に使ってはならないとか。
加計学園グループは、多くの学校を抱える教育コンツェルン。
しかし、毎年生徒数は減っていて運営はうまくいっていない、赤字という学校も。
借りれたお金はこれらの学校の赤字の補填に使われているのではないかとも言われています。
この借入金の利息の返済が30年から始まるために、今治の獣医学部新設による補助金や助成金が必要であったのでは?
そのために急いだのでは?

少子化の現在、大学の定員は高校卒業生の数を超えています。
しかし、行きたいという希望は偏っており、しっかりした教育をしていない大学は淘汰されつつあります。
加計学園も補助金や助成金を目当てに地方に進出してみたものの学生は集まらず・・・というわけで自転車操業が続いているのです。
京都産業大学は新たなニーズに対応するよう膨大な資料添えて文科省に書類を提出。
岡山理科大学はたった2枚。
これだけを見ても、総理の力で認可にこぎつけ学部ができたとしても、教育に対する気持ちのが入っていないのですから、今後ずっと素晴らしい人材を輩出し続けることができるかは疑問です。
こういう加計学園に対するえこひいきは良い教育を生み出すことはできず・・・また大きな赤字を生むのではないでしょうか。

もうこの国の税金に群がる企業のあり方は変えて行かなければならないし、そういう企業から多くの献金を受けてたり、裏でお金を受け取ったりという政治は、国の行政のコストアップにつながり、せっかくの税金を無駄遣いしていると言えます。
もう、やめましょう。
いい加減に。


by akaiga-bera | 2017-07-17 12:20
<< ヤイロチョウ・・・帰り際にも・... カワセミ・・・求愛給餌1 >>