サンコウチョウ・・・何度もヒナに餌を

c0233349_07234502.jpg

巣立ち後一週間以上は経っていたかもしれません。

でもまだ同じ森で過ごしていました。

よく撮れていないのですが、しばらく親鳥の行動を見ていると、子どもたちが見つかりました。

サンコウチョウさんは、他の鳥さんより孵化してから巣立ちまでが短く感じます。

とても幼く小さいのに、なんとか飛ぶんですよね、それがまた愛らしくて・・・今年はその巣立ちを見ることができませんでした、残念。
c0233349_07232636.jpg

c0233349_07223914.jpg

この梢の上の方に子どもたちが休んでいました。
c0233349_07225858.jpg

c0233349_07301761.jpg

c0233349_07310917.jpg

c0233349_07304014.jpg

c0233349_07312634.jpg



昨日は、草取りのお手伝いに。
実は・・いろいろなお仕事の中で草取りは大好きなものの一つ。
草と格闘しているとなんだかとても心が落ち着きます。
きれいになった部分を見つめるのも好き。

キュウリとナスとトマトを収穫しました。
黄色のトマトが甘くておいしい。
菜り立てのキュウリはハリハリと歯ごたえが最高です。

国会の閉会中審議を。
どういうわけかテレビ画面が揺れたり映らなくなったりと何が起こったのだろうと。
他の局に回して見ると全く問題なくて・・・。
前川さんの発言の時になるとそうなることが分りました。
最初は被害妄想かなと思ったのですけれど・・・何が起こっているのでしょう。
仕方なくスマホのネット中継で。

何度このような不毛な審議をやっても内閣府は、書類は捨てちゃうし、記憶にはございませんだし・・・あげくには官僚はすでに新ポストについていて出てこない。
形だけやっても意味ありません。
疑惑の中心の安倍さんが出てこないのだから、結局何も解明できない。
安倍さんのなんとしてもあったことを隠したいという気持ちは伝わってきます。
そういう態度を見るたび、この事件が私たちが考えているより根が深く、大きな事件であることが推察されます。
税金で多くの資金が投入され、その一部が安倍さんやその近くの方々・・・個人や建設会社に回っているのではとという事件であると思います。
問題なければ逃げる必要もなく、すべての書類を明らかにし、国民の前に・・・野党が言っていることや国民の皆様が疑っていることは誤りですよと明らかにすれば良いのだ。
常に真実は強い。逃げの姿勢こそ、真実を隠している証拠。

加計学園は「日本私立学校振興共済」から合計52億円の借り入れをしているとか。
 平成27年 24億7000万円
 平成28年 20億8000万円
 平成29年  7億円
このお金は土地建物・修繕費以外には使ってはならないということで貸し出しているもの。

市民グループが公開質問状を出しました。
何か別のところに使われているのではないかと・・・今疑惑が持たれているらしい・・・。
こちらもこれから解明されるでしょう。


今、安倍政権はさなざまな文書を破棄し続けています。
後世、時を経て、今が歴史の1ページになったとき、私たちの子孫が、時代を検証し歴史から学ぶためにも文書の保存は重要です。
それは私たち先人が残せる偉大な教訓であり遺産なのです。
そうなるべき文書を、働いた悪事を隠すために捨ててしまっている・・・。
今生きる私たち国民への背信であるばかりでなく未来を生きる私たちの子孫への裏切りでもあります。
何のための公文書管理法なのでしょう。
その趣旨を初心に返って肝に銘じたいものです。

昨日、前川前事務次官は、「私の役割は終わったと思う。知っていることはすべて話した。これからはまたボランティアを」と。
前川さんは、おそらく真実のみを話した・・・きっぱりと毅然と。
あとは国民の皆さんの力ですよ。どのような国にするのも と言いたかったのかもしれないと思いました。
紳士であられるなあと・・・・・・。

今日、共謀罪が施行に。
いつか子孫がこの年、平成29年7月11日を歴史の一コマとして勉強するときが来るのですね、私たちが大正14年の治安維持法を思い起こすように・・・。
そのときが、また恐ろしい戦争のあととならないことを心より祈ります。
そして、この法律の本来の目的、物言う人たち、時の政府と反対の意見を持つ人々の取り締まりに使われることのないよう、日本の未来が自由に意見を戦わせる国であってほしいと思います。
共謀罪が施行になっても、恐れずに・・・現憲法はこんな法律を許してはいないのだから。

by akaiga-bera | 2017-07-11 08:53
<< ヤイロチョウ・・・やっと木留まりが ヤイロチョウ・・・出遇いに感謝 >>