いらっしゃい!・・・ノビタキ

c0233349_09370111.jpg


桜のピンクから緑の季節に、もう初夏になったのかと思うような暑い日もありました。

今朝はひんやりとして・・・涼しくしのぎやすい。

24節季で今の時期は「穀雨」だそうです。次は「立夏」で、まさに晩春なんですね。

お山の桜も一足遅れで咲き始めていることでしょう。

こんな時季、ノビタキさんは夏羽になってやってきます。

ノビタキさんが訪れると、季節の移ろいを感じます。

まだ旅の途中、子育ての地に無事ついてたくさんのヒナを育ててくださいね。

c0233349_09382921.jpg

c0233349_09374353.jpg

c0233349_09371818.jpg

黄色いノウルシはきれいですけれど、他の植物を駆逐しそうな勢いで繁殖しているようで、少し心配です。
桜草公園でも、ノウルシが桜草の勢いをそいでいるようでした。
ノウルシの場所から帰る途中の堤防にも。
c0233349_09391644.jpg

c0233349_09385920.jpg


「捨てる」ことに慣れていず何でもとっておいてしまっていたので、今になって、大変なことになっている。
まだまだ片付かない。
ずっとそればかりをやっているとストレスがたまるので、気分転換にお買い物や鳥さんに。
途中、2回引っ越しの時はあったけれど、多くの荷物はそのままだった。
半世紀近くの堆積物、そうは簡単には片付かない。
もうしばらく頑張らないと・・・。

安倍内閣の閣僚の劣化が止まらない。
思わず発した言葉はその方の本質を表出したものであることが多い。
翌日、取り消し・謝罪したとしても、一度発したものは元には戻らない。
こんなにも問題の多い閣僚を抱えた内閣が未だもって存在しているということに納得がいかない。
政治家というのは、権力志向とお金と男女のことにしか興味がないのか。
本当に情けなく胸の奥に悲しみが広がる・・・。
このような閣僚たちを抱えた内閣が、いざというとき、私たち国民の命を守ってくれるのだろうか。

一強のおごりか。
森友問題も官邸の横暴なガードと北朝鮮問題で、国民の目先を変えようとしているように思える。
夫人付きの谷さんは、イタリアに栄転ということだ。
ノンキャリに普通はこのような人事はしないとのこと。
安倍夫人が「あなた一人に負わせません」と述べた文を元経産省の職員の方がどういうわけか受け取ったというが、本当にそうだった。
谷さんをしゃべれない状態にしたのだ。
こういうことを通して、夫人が主人からですと渡したという100万の寄付の真実性が確かになっていく。
財務官僚のあまりの答えようも国有地払い下げに首相が深く関わっていたことを裏付けている。
国会に招致すべき人たちがまだまだ多くいるのに・・・。
呼ばないということが政治家の口利きを物語っている。

現内閣の国民にしっかり説明しない姿勢は、TPP、安保法制、特定秘密保護法、それぞれひどいものだと感じていたけれど、今回のテロ等準備罪(中身はテロ等に葉なっていないようなのでこれからは共謀罪としようか)においてもまた同じ。
国会答弁でも金田法相の答えは勉強不足だ。
答弁を聞いていると、エッなんだこれは回答になっていないという場面が多い。
来歴を見ると、一橋大学から財務省の主計局というから官僚の中でも優秀な人だったのだろう。
法案を理解しようと思えば、可能であるだろうに・・・真摯に勉強する姿勢忘れてしまったのだろうか。
まあ、質問者が回答者を選ぶルールも無視して官僚に説明させるなんて・・・あまりに情けない。

安倍さんは、反対者のいないやりやすい政治を目指しているらしい。
●安倍内閣になって官僚の人事は官邸が握ることになった。→官僚も出世をや身の安全を考え、内閣には反対できない。
●日銀人事も安倍さんの意向に添う黒田さん→都合のいいように日銀は独立した機関だと言ってのける。黒田さんが安倍さんの意向に添わなければすぐにもすげ替えられるのだ。
●最高裁判所判事の使命は内閣だ。→安倍さんの意向に添う判決が出されなければこれも時期を待ってかえるのだ。
●国家戦略特区法をよく読むと→超法規的で、例外を限りなく認めることができる。内閣のさじ加減でどうにでもできるそんな中身になっている。この特区法こそ、やりたい放題を可能にする法律。現に安倍さんのお友達加計氏が経営する学園は教育の一大コンツェルンとなっている。
●新安保関連法→憲法に違反してどこにでも戦争に行けるようにした。
●特定秘密保護法→国民に見せないことが公然と可能になった。
●年間35億もの官房機密費→あふれるお金を使ってマスコミ対策等・・・何せ領収書なし・使途も明かさなくていいお金だ。使い切れないお金はどうなるのだろう???
●指導要領の改定→日本の学校を森友学園化しようとしているのかな。銃剣道を教える、道徳を正規科目とする、教育勅語は教材としては可としさらにヒットラーの「我が闘争」もOKとした。
●広告主の意向をくまざるを得ないマスコミにもかなりの圧力、NHKはお金を払っている視聴者じゃなく今や政府の機関のよう。官邸の意向を忖度している。

こうしていろいろな部分から、安倍さんのやりやすい政治が完成されつつある。
安倍さんは、美しい言葉をよく使う。
上滑りだなと感じる。
裏の真実を考えてしまう。
いったい安倍さんは何を目指しているのか。
誰も反対できない政治?

ということは、北朝鮮や中国のような独裁的な国家?
本当に笑えない。
実によく似てきているのだ。

一強を崩し、反対する勢力があってこそ、国の政治は正しい方向を向く。
反対勢力があまりに微弱なために今の状況が続いていくことを恐れる。


by akaiga-bera | 2017-04-21 11:22
<< オオタカ・・・初めての2羽一緒 桜のお池のカワセミ・・・ >>