幼鳥たち・・・ムクドリ・カワラヒワ

c0233349_10162266.jpg
ムクドリさんは色々なお野菜を食べてしまったりして困ることもありますけど、若者は幼さが態度に表れていて本当にかわいいです。

水路に自然に生えてしまったイチジクの木に近くの電線から何度も飛んできていました。

子どものころは果物の木が家のそこここにありました。いなかでは自給自足に努めていましたから。

明日はあの実をと思って早朝お目当ての枝を見るともう小鳥さんに食べられてしまっていたのでした。

小鳥さん達にとってもごちそうなんですね。

それでもイチジクを買うという考えはなかったので、いまスーパーで見てもやはり買う気にはなれません。





c0233349_10160514.jpg




c0233349_10164063.jpg




c0233349_10185787.jpg
種のできたひまわり畑は、カワラヒワさんのかっこうの餌場のようです。今年デビューの子どもたちでにぎやかです。





c0233349_10175667.jpg




c0233349_10171291.jpg




c0233349_10182828.jpg

スズメさんも。


c0233349_10193499.jpg
ねんざの痛さも少し落ち着いたと思ったら、湿布薬を繰り返し貼ったからでしょうか。
赤くはれ上がってしまいました。こうして怪我は怪我を呼び病気は病気を生むのかもしれないと心に留めました。

もう、早咲きのマンジュシャゲが咲き始めているようです。
花のあとに葉が生え、他の草が体を小さくするころ、日差しや養分を供給して球根を膨らます、花の咲く前には葉もなくなって・・・と、この花の一年は興味深い。
他の多くの植物との競争の時季をずらすことによって子孫をつないでいるのですね。
賢い花です。

富山市議会の政治活動費不正受給の件、広がりを見せています。
自民だけでなく民進の議員も辞職、みなやってるということでしょうか。
他の議員さんたちもやっているのでしょうね。
たまたま報酬10万円アップを決めてしまったことで、市民の目が向いてしまっただけにすぎないのでしょう。
国レベルの政党助成金にしても、もとは全て税金、地方も含めて議員の定数を半分にして、政党助成金をはじめてもまた寄付も受け取るようになったのですから、出さないことにすればどんなにかお金の節約になることでしょう。
田中正造翁のようなわが身をなげうってもという政治家はもういないと思った方がいいのだろうと思います。
元の都知事石原さんが、『私は騙されていた』とか『都の役人は腐敗している』という発言、ずいぶんなことをおっしゃるものだなあと。
石原さんは都知事だったとき、都庁に行くのは平均すると週2日くらいだったという・・・ほとんどのことを猪瀬副知事に任せていたのでしょ・・・だまされたなんて・・・問題を見つけ出す目と心を持っていなかっただけだと思いますし、都民のためにという姿勢を欠いていたのだと思います。
もしもその時、役人が腐敗していると感じていたなら、それを正すのが知事のお仕事ではなかったのでしょうか。
その後の知事も同じようで・・・小池さんという自民公明と対立軸がなかったら、今回の問題は浮彫にはならなかったことでしょう。
第三者のような発言、私には関係ないみたいな発言に少し腹が立ちました。
石原さんの言葉は責任回避のための布石に思えてしまいます。

by akaiga-bera | 2016-09-14 11:25
<< 秋色でした・・・ノビタキ アオアアシシギ?タカブシギ??... >>