アオアアシシギ?タカブシギ??・・・かな?

c0233349_09165302.jpg
シギさんはよくわかりません。同定の自信ありません、みな同じようにみえたりするのです。

シギチはみな優しい目をしています、見ると心がなごみますね。

シギチ大好きという方もいらっしゃるけれど、そのへんがポイントかもしれません。

お立ち寄りの途中の鳥さん達、これからあとどのくらい旅をするのでしょう。

c0233349_09162821.jpg

c0233349_914713.jpg

c0233349_923034.jpg

c0233349_93361.jpg

c0233349_932826.jpg

昔、中学生のころ・・・・よくやっていた西部劇。
大体はインディアンが悪者で、白人を残虐に殺すのをヒーローが助けるようなストーリーばかりだったような気がします。
まだ何も知らない自分は、インディアンはひどい人たちだと思っていました。
しかし、勉強をしていくと、もともと平穏に暮らしていたインディアンの土地を侵略したのはヨーロッパから渡って行った白人の方で、インディアンは悲しい運命をたどらなければならなかったのです。
『アラビアのロレンス』も然り。
日本でも北海道で自然と共に暮らしていたアイヌの人たちも侵略によって滅んで行きました。
今は純粋のアメリカインディアンもアイヌの人もほんのわずか・・・・。
ドラマや映画、意外に侵略者の側から描かれているものが多いのですね。
北朝鮮の一般の人々はあのアナウンスの女性の言ってることが本当だと思いこんでいることでしょう。
毎日のテレビ・ラジオ・新聞・ネットの報道、私たちもニュートラルな目線で見なければいけないなと感じています。

昨日、電話の配線を変える工事をしに来てくださったNTT関連の方。
玄関を入っていらしたとき、すごく彫が深く外国人の方かなと思ってしまい、きれいな話し方をされたので『日本語、お上手ですね。』と。
『私、沖縄出身です。』
ああ、失礼なことを申し上げてしまったなと。
予断はいけません。そのあと、ビギンの話題など持ち出したり、サインされた名字が読めないのでお聞きしてみたり、お茶を用意したりと、自分の失礼をなんとかカバーしないとと焦ってしまいました。
しかし、彼は失礼な私の発言にも、明るく反応してくださり、キビキビとお二方で段取り良くお仕事されていきました。
胸をなでおろしたことでした。

by akaiga-bera | 2016-09-13 12:07 | Comments(6)
Commented at 2016-09-13 15:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akaiga-bera at 2016-09-13 18:25
カギコメさん、こんばんは。
新しい管理画面を使っているのですが、時々、よく分からないことがあります。
iphoneもよく分からないで新しいことには苦戦中です。
年齢を感じています。
まあ、弱気にならず、いろいろ挑戦してみます。
Commented by 16hayabusa at 2016-10-04 05:35
おはようございます。
アカ蕎麦とノビタキ綺麗に撮れてますね、良かったですね。
Commented by akaiga-bera at 2016-10-06 07:01
hayabusaさん、おはようございます。
記事でも触れましたが、一昨年・昨年と振られていましたので。
最後のチャンスと思い出掛けました。
好運はいつ訪れるかは分からないのですね。
気持ちを持ち続ければ、いつか叶う、鳥撮り意外にも通じることかもと思いました。
いつもコメントありがとうございます。
Commented by MISCHEH at 2016-12-29 12:49
赤いガーベラさん、こんにちは。
年末のご挨拶にうかがいました。
(古い記事へのカキコミ申し訳ございません)

今年もいろいろな野鳥さんたちのさまざまなシーン魅せてくださりありがとうございました。
ガーベラさんとは同じフィールドに行っているようなのですがなかなかタイミングがあわず
ご一緒する機会があまりなかったようで少し残念でした。
最後にお会いしたのは1年前のハイチュウでしたでしょうか??
いつも颯爽と大砲を担がれ朗らかにフォールドにたたれて
凄いなぁ・・・と尊敬のまなざしでみておりました。かっこいいです!。
ブログ記事もさまざまな問題を鋭い視点で捉えていて、毎回興味深く拝見しておりました。
いろいろ勉強になります。
過酷な自然の中で懸命に生き抜こうとしてる野鳥さんたちの姿、毎回感動してしまいます。
そして時にはお茶目な一面もみせてくれ、くすっとなってしまう場面も。
いろんなシーンに出逢うたび、心が震えてきてしまいます。
きっとそれは自分も今を生きてるんだと実感するからでしょうか。
なんてちょっとわかったようなことをかいてしまいすみません(笑
楽しいこと・辛いこと・悲しいこと・嬉しいこと・・・いろいろありますが最後は笑顔で終えたいです。

今年もお世話になりありがとうございました。
来年はどちらかのフィールドでお逢いできるのを楽しみにしております。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
なお、喪中につき新年のご挨拶はひかえさせていただきます。
(文章を書くのが苦手でとりとめのないコメントすみません。
年末の準備などでお忙しいと思いますので返信はお気になさらずにお願い致します)

Commented by akaiga-bera at 2017-01-05 11:40
MISCHEHさん、こんにちは。
年末に頂いていたのに遅れてしまってすみません。
お辛いことがありましたのに、気遣いの文章ありがとうございます。
画像からも文章からも感受性豊かな方と。
おしゃべりも楽しみなことでしょう。
お引越しなので少し遠くなりますけれど、埼玉は生まれ育った場所、多くのお知り合いがいますので、今のように葉頻繁にというわけにはまいりませんけれど、あらっ、ガーベラさん、引っ越したんじゃないの?とそこここでお目にかかる機会があるのではないかと思います。
これからは時間制限もないので、ゆっくり鳥談議も可能かと存じます。
お若い方には、残された時間がたくさんあるなあと、羨望の念を抱きづづけております。
でも、鳥さんに出遇える時間はたくさん欲しいけれど、もう一回人生やり直せと言われればそれは全く論外。
贅沢は言わず丁寧に探鳥して良いチャンスに巡り遇いたいです。
またお目にかかれますこと楽しみにしております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 幼鳥たち・・・ムクドリ・カワラヒワ 休耕田にタシギ・・・ >>